ママのための悩み解決サイト
リトミックで英語を学ぼう!気になる効果や内容は?

リトミックで英語を学ぼう!気になる効果や内容は?

リトミックって知っていますか?リトミックは音楽教育の一つで、情操を育み、音感やリズム感を身につけると同時に、子どもの潜在的な基礎能力を養うと言われています。実は今、このリトミックに英語教育をプラスしたものが注目を浴びています。一体どんなレッスンなのでしょうか?


英語リトミックについて

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここ最近、英語教育で注目されているのが、「英語リトミック」です。この言葉に対して馴染みがない人もいるかもしれませんね。

「英語リトミック」とは、音楽やリズムに合わせて体を動かしながら、同時に英語も学習するものです。それでは、具体的にどのような教室があるのか、詳しく紹介していきましょう。

英語リトミックとは

英語リトミックとは、「英語」と「リトミック」を組み合わせた学習方法です。リトミックとは、音やリズムを聞きながら、身体を使って表現して楽しく学ぶ音楽教育の一つです。音楽の基礎力を学べるだけでなく、心の教育にとって良い効果があると言われています。音楽教育の中で取り入れられているリトミックと英語を組み合わせたものが、「英語リトミック」です。

では、通常の英語教育と比べ、「英語リトミック」はどんなところが優れているのでしょうか。
まず、英語リトミックでは、英語をリズムで覚えることが出来ます。特に、英語には独特にリズム感がありますが、それを身体で学べると言われています。

また、音楽と英語を同時に学べるメリットもあります。幼児教育の中で大切なのは、楽しく学ぶこと。英語リトミックでは、音楽を通じて楽しく学べるのが何よりもメリットかもしれませんね。

英語リトミックと英会話教室の違い

それでは、英語リトミックと英会話教室の違いは、一体どこにあるのでしょうか。まずは、「音楽も学べる」という点です。

英語リトミックでは、英語以外に音楽を学ぶ場があります。音をリズムで覚えることはもちろんのこと、楽器を実際に使用した授業も多く行います。楽器を直接触れ、楽器の音色を聴くことで、楽しく音楽を学ぶことができます。

英会話教室では、歌をうたいますが、大きく違うのが生の楽器を使うかどうかです。やはり、音楽を学ぶ上で、生の音に勝さるものはありません。本格的な音楽教育も一緒にできるのが英会話教室との最も大きな違いと言えるでしょう。

0歳からでも始められる

英語リトミックに適した年齢はあるのでしょうか。実は、0歳からでも英語リトミックは学習出来ます。生後間もない赤ちゃんは、音を聞き分ける力に長けています。この頃から英語を聞かせてあげておくと、日本人では判別しにくい英語の音も聞き分けられるようになります。

0才からはじめても良いですが、ネックもあります。それは、「興味を持ってくれないかもしれない」ということ。様々なものに興味を持ち始めるのは2歳児くらい。その頃から学ばせるのも良いかもしれませんね。幼児期は脳が活発なので、楽しく学ぶ環境を整えておけば、スポンジのように様々なことを吸収して学んでいきますよ。

自宅でも、教室でも学べる

英語リトミックは、どこで学ぶことができるでしょうか。ここ最近、英語リトミックの教材が本、DVDといった形で販売されているので、自宅でも学ぶことが出来ます。しかし、問題があります。
生の音を直接聞ける環境が自宅で作ることが難しいことです。

また、教室では、同じくらいの年の子どもと一緒に楽しく学習することが出来るので、学習意欲を高い状態で保つことができます。そのため、併用して学習するのが一番です。教室に定期的に通わせて、自主学習として自宅でやらせるのが良いでしょう。

英語リトミックの内容

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは、英語リトミックは具体的にどのようなことを学んでいるのでしょうか。実際行われている授業を参考にしながら、解説をしていきましょう。

年齢や教室によって内容は違う

英語リトミックは、教室の指導方針や年齢によって異なります。楽しく学ぶことを中心に教える教室から、本格的な英語教育を教えてくてるところまで様々です。しかし、ピアノに合わせて身体を動かしたり、ビートをとってリズムを覚えるといった基礎的分野はどこも同じなので、教室ごとの強みを把握しながら選ぶのが良いでしょう。

英語の歌を学ぶ

英語音楽のおなじみの曲を通じて英語を学ぶのは、英語リトミックではベーシックな学習内容です。
誰でも知っているようなポピュラーな曲を中心に学習していきます。英語の歌を歌っていくうちに、ABCや簡単な単語を学んでいくことが出来ます。また、身体を動かして歌うので、リズム感も身につきます。

●音楽と英語の教室「みゅーじんぐらんど」ホームページ
http://www.musengland.com/children/32/

テーマやイベントに合わせて英語表現を学ぶ

英語圏のイベントであるハロウィンや、クリスマス、イースターのイベントに絡めた授業も取り入れられています。季節ごとにイベントがたくさんあるので、異文化の常識を学びながら英語を学ぶことが出来ます。

アルファベットを覚える

ABCソングを歌いながら、アルファベットを覚えます。楽しく歌うだけでなく、アルファベットを楽しく覚える環境で学習できます。

英語絵本を使って表現を学ぶ

親しみやすい曲や、日本語で知っている題材を元にした絵本で英語を学びます。日常的で使う反復的なものを英語で楽しく学べます。

自宅で使える!英語リトミック教材

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自宅で学べる英語リトミック教材とは、どのようなものがあるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。 

CD

「子どもがときめく名曲&人気曲でリトミック」

おなじみの曲~子どもに大人気の曲まで33曲収録された英語リトミック教材です。森のクマさん、となりのトトロ、線路は続くよどこまでもなどが収録されています。楽しく歌える曲ばかりなので、繰り返し聞かせることで英語力がついていくでしょう。

子どもがときめく名曲&人気曲でリトミック そのまま使えるCD付き!

¥ 2,376

(2018/2/6 時点)

DVD

「リズムえいご1、2」

リトミック英語のDVD教材です。シリーズ作品で1、2が発売されています。25分という短い内容ですが、子どもが飽きない構成になっています。1ではPとB、2ではTとDを正しく判別できる仕組みにつくられています。

リズムえいご1

¥ 2,916

(2018/2/6 時点)

リズムえいご2

¥ 2,916

(2018/2/6 時点)

まとめ

ここ最近注目されている英語リトミックは、学習できる環境が整ってきています。これから楽しく子どもに英語を学ばせたいと考えている人は、英語リトミックを取り入れてみてはいかがでしょうか?英語だけでなく、音楽も学習できる一石二鳥の便利な学習方法です。体験入学を行なっている教室も多いので、問い合わせてみましょう。

子どもが好奇心に溢れた目をしていたら、通わせてみると良いかもしれません。