ママのための悩み解決サイト
子供用キックボードのおすすめモデルと選び方

子供用キックボードのおすすめモデルと選び方

子供に大人気のアイテム、キックボード(キックスケーター)は知っていますか? 子供のバランス感覚を養ってくれるものであり、遊びながら学ぶことが出来る万能アイテムです。今回はキックボードの選び方だけではなく、注意点やルールについても説明します。


キックボードとは、前後に車輪があるボードにハンドルがついた乗り物です。難しい操作も必要なく、シンプルなので子供たちから高い人気を集めています。ただし、年齢に応じたキックボードを与えること、使う上での注意点なども教えてあげる必要があります。

キックボード(キックスケーター)とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キックボードは、男女問わず子供に人気の遊び道具です。単なる遊び道具というわけではなく、バランス感覚を養えることから、積極的に子供に与える親も少なくありません。しかし、キックボードには対応年齢があることを知っていますか? こちらではキックボードのことだけではなくルールについても紹介します。

子供に人気のキックボード(キックスケーター)

簡単にキックボードと言っても、2輪、3輪、4輪と種類があります。もっとも安定感があるのは4輪です。そして、一番大切なものと言えるのがブレーキの有無です。ブレーキはハンドルについている場合、後輪のカバーの上を踏むことでブレーキがかかるというものなど、いくつか種類があるので、年齢などに合ったキックボード、そして使いやすいブレーキのものを選んであげましょう。

何歳から乗れる?

キックボードの中には、2歳から使用出来るものもあります。もちろん安定感のある4輪に限られます。一般的には3歳頃からキックボードを買ってあげる親が多いようですね。最初は4輪から始めて、年齢が上がるにつれて3輪、2輪と変えていくようです。難易度が高い2輪を扱えるのは、大体6歳程度と言われています。

キックボード(キックスケーター)の注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キックボードで遊ばせる時には、注意が必要です。歩道や公道で遊ぶと、歩行者や車両と事故になる可能性があります。キックボードで遊ばせる時には、公園などの広い場所に行くだけではなく、必ず親が一緒にいるようにしてあげてください。

消費者庁からの注意喚起

キックボード・キックスケーター走行中の子供の事故に注意という注意喚起が、消費者庁から出ています。子供は夢中になってしまうと、危機感が薄れてしまうこともあります。傾斜のある場所で速度が上がってしまうこと、障害物のある場所では転倒して怪我をする可能性があること、これらも親がしっかり教えてあげないと、子供が怪我をしてからでは遅いのです。キックボードなどを使う時は、万が一の時に備えて、ヘルメットを着用させましょう。

●消費者庁ホームページ「キックスケーター走行中の子どもの事故に注意! 」http://www.caa.go.jp/safety/pdf/141017kouhyou_1.pdf

公道でのルール

交通量の多い場所では、キックボードの使用は禁止されています。道路交通法違反に該当するからです。ただ、メーカーや機種ごとによって造りが変わってきます。そのため、公道で使用可能かどうかは必ず取扱説明所に記載されていますので、よく読んでから使うようにしましょう。記載がされていない場合は、直接メーカーや販売店に問い合わせることをオススメします。

子供の安全を守るために

キックボードを使っている時に転倒してしまうと、頭を怪我する可能性が高いです。頭を打ってしまうと、思わぬ後遺症が残ることもあるので、子供の安全を守るために必ずヘルメットとプロテクターを着用させましょう。この2つを着用することで、転倒した場合でも頭を守ることが出来るからです。

キックボード(キックスケーター)の選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キックボードには、車輪の数とブレーキの有無があります。車輪の数が少なくなればなるほど、安定感も薄れて難易度も高くなります。こちらでは、キックボードやキックスケーターの選び方について紹介します。

車輪の数とブレーキの有無

キックボードには、2輪、3輪、4輪と車輪の数で違いがあります。車輪の数によって、対象年齢が変わることを覚えておきましょう。2輪タイプは身体のバランスをコントロールしながら乗るので、やや難易度が高いため、6歳頃から使わせるようにしましょう。3輪と4輪は3歳頃から使えます。まっすぐ進むので転びにくく、バランスが取りやすいことも特徴的です。子供にキックボードを買ってあげる時、ブレーキがあるものを選びましょう。ブレーキがあれば、万が一の時も止まることが出来るからです。

持ち手の高さ

子供の成長は早いものです。そのため、まだ買い替える年齢じゃないのにキックボードの持ち手の高さが合わなくなったということはよくあります。そこでオススメしたいのが、持ち手の高さを調節出来るキックボードです。持ち手が調節出来るものは、出来ないものと比べるとやや高めになってしまいますが、その分、持ち手だけを理由に買い替える必要が亡くなります。幼いうちからキックボードで遊ばせる家庭は、なるべく持ち手の高さを調節出来るものを購入しましょう。

おすすめのキックボード(キックスケーター)ランキング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

4輪タイプ

■ミッキーマウス イージースケーター

ミッキーマウス イージースケーター 186916

¥ 4,290

(2018/1/31 時点)

アルミ製で丈夫でありながら軽量なので、持ち運びも楽です。前面デッキには滑り止めがついています。成長に合わせて変更出来るように、ハンドルは3段階の高さ調節が可能となっています。

■小さなプリンセスソフィア イージースケーター

ちいさなプリンセスソフィア イージースケーター 187262

¥ 5,163

(2018/1/31 時点)

同じくディズニーキャラクターのキックスケーターです。こちらは女の子向けの可愛いデザインになっていて、前輪ウィールにはLEDが内蔵されているので回転すると発電して光ります。持ち運びにも便利なワンタッチ折り畳み式なので、子供でも持ったまま移動が出来ます。

Ozbozz My First Scooter ピンク

Ozbozz My First Scooter ピンク

¥ 2,980

(2018/1/31 時点)

車輪の数を調節出来るタイプのキックボードです。最初は4輪から初めて、慣れてきたら3輪、2輪にしていくといいでしょう。対応年齢は2歳以上となっています。ただ、説明書が英文のみというのが、唯一のデメリットと言えるでしょう。

3輪タイプ

■ミニ・マイクロ・キックスリー スタンダード

ミニ・マイクロ・キックスリー・スタンダード ( Mini Micro Kick 3 Standard) (2016)【キックボード】スイスの高品質(配送無料) (パープル)

¥ 15,800

(2018/1/31 時点)

キックボードと言えば、マイクロシリーズと言われるほど知名度の高い製品です。1歳半から使えるものですが、最初は外で遊ばせるのではなく部屋の中で練習をさせてみてはいかがでしょうか。慣れてきたらサドルを外すことで、キックボードとして使えます。若干値段は高めですが、長く使えることを考えると決して損はありません。

■キッズスクーター プリンセス 

アイデス(ides) キッズスクーター ディズニー プリンセス

¥ 10,500

(2018/1/31 時点)

キックボードと言えば、男の子っぽいデザインのものが多いですが、こちらはディズニープリンセスが勢揃いの女の子向けのデザインになっています。ドリンクホルダーもついているので、外で遊ぶにも最適です。後輪には大きなリボン型のタイヤカバーがついていて、更に可愛さをアップさせています。

■jd razor jd bug tc-01

JD BUG KID SCOOTER TC-01 ブルー

¥ 6,480

(2018/1/31 時点)

プロのキックスケーターの中で、高い評価を得ているJDRAZORです。リーズナブルな価格で、キックスケーターの入門的な製品です。安全性の高い3輪なので、細かな動きにも対応しています。迷った時は、こちらの製品を買ってあげるのがいいかもしれませんね。

2輪タイプ

■AVIGO 折り畳みキッズスクーター

AVIGO キッズスクーター ブルー

¥ 3,280

(2018/1/31 時点)

トイざらすのオリジナルブランド「AVIGO」のキッズスクーターです。丈夫な作りの割には、かなりの低価格なので子供の誕生日プレゼントなどに贈る人も多いようです。

■ハローキティ イージースケーター

ハローキティ イージースケーター 186954

¥ 4,290

(2018/1/31 時点)

女の子向けの可愛いハローキティデザインのキックスケーターです。デッキ部分はアルミニウムが使われていて、体重がかかっても、ぶつかっても壊れにくくなっています。ハンドルの調節も可能なので、プレゼントにはオススメです。

■HALO 120 Chrome Editionキックスケーター

HALO(ハロ) 120 Chrome Edition キックボード クロームエディション キックスケーター [折りたたみ式/フットブレーキ付/ウィール120mm,ABEC 5] (クローム シルバー)

¥ 5,480

(2018/1/31 時点)

スタイリッシュでかっこよさを追求したキックボードです。ゴールドとシルバーの2色展開をしていて、オシャレ感満載のデザインになっています。材質はアルミニウムを中心に使っているので、重さは2リットルボトルとほぼ同じという驚きの軽量です。足でブレーキを操作するタイプなので、のびのびと遊ばせることが出来ます。

まとめ

キックボードは子供の遊び道具として、バランス感覚を養う勉強道具としても活躍してくれます。ただ、使い方を間違えると子供の怪我に繋がってしまうので、きちんと危ないことを教えてあげなくてはいけません。それさえ守ることが出来れば、キックボードは子供の成長にとってとても役立つアイテムとなってくれることでしょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認ください