ママのための悩み解決サイト
子供に習わせたい!人気の習い事「歌の教室」とは?

子供に習わせたい!人気の習い事「歌の教室」とは?

子供に何か習い事をさせたいと思ったとき、スイミングや体操といった運動系のもののほかに「音楽」を思い浮かべるママも多いはず。ピアノなどの楽器も人気がありますが、最近は楽器や道具を必要としない「歌」の人気が急上昇しているそう。今回は子供の歌の教室についてまとめました。


人気な子供の歌の教室とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

代表的な音楽の習い事といえば、「ピアノ」「エレクトーン」「リトミック」など。音符も読めるようになり、リズム感も付くそれらの習い事と比べ、歌を歌わせることに、どのようなメリットがあるのでしょうか。

子供の頃に歌を習わせる効果

楽器などを使って学ぶ音楽教室とは異なり、歌は自宅でも歌えるし、幼稚園や保育園・学校などで歌う機会も多くあります。「好きだけど習うほどではない」というママも多いかもしれません。

歌が楽器と異なるのは「言葉」があること。歌詞を覚えて歌っていく中で、たくさんの言葉を覚えることができます。「歌っているうちに、知らないうちに英単語や難しい言葉を覚えてしまった」という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。子供も同様で、レッスン中でこれまで歌ったことのない歌をたくさん歌ううちに、日本独自の四季折々の表現、昔のことば、外国語などを覚えることができます。意味がわかるようになれば、そのうちその言葉が会話の中に出るようになるでしょう。言葉の意味に合わせ「楽しい」「悲しい」といった気持ちで歌うことも必要となります。音感やリズムという点のほか、語彙力や表現力のにつながるという効果もあります。

子供が歌を習うメリットは?

そのほかにも、子供が歌を習うことによって得られるメリットはさまざまです。まず、大きな声で歌うためには、姿勢を正しくし、おなかから声を出すことも必要です。歌を歌うことによって、普段、猫背になりがちな子供の姿勢を正しく保ち、腹筋が鍛えられるという効果もあります。

大声を出すというのは、意外にもカロリーを消費するもの。子供向けの歌レッスンは30分〜1時間ほどのところが多いようですが、それだけの時間、立って大声を出すだけでも、かなりの体力を要します。継続して教室に通うことで、体力も養われるでしょう。発声がしっかりするので相手に自分の伝えたいことがはっきりと伝わり、コミュニケーションが円滑になったり積極的になれたというケースもあるようです。

また、グループで一緒に歌う場合は、協調性や相手への思いやりなども養われます。発表会などでステージに立つことも多いので、今後、幼稚園や小学校で何か大勢の人の前で発表しなければいけないときなどでも、堂々とふるまえるという声もあります。

歌の教室では、専門の先生が子供の状態やスキルに応じて、適切なボイストレーニングを行ってくれます。音程やリズム、表現のほか、のどに負担をかけない歌い方、地声と裏声の使い分けなども指導してくれるので、歌好きの子供はますます歌を歌うのが楽しみになりそうですね!

徹底比較!おすすめの歌の教室は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いざ、歌を習わせようと思っても、たくさんの教室の中から自分の子供にぴったりのところを探すのは至難の業。ここでは代表的な歌の教室を、費用・特徴などとともにご紹介します。教室選びの参考にしてみてください。

歌の教室、徹底比較で選び方指南

・「ヤマハ音楽教室」

1〜3歳最小の「ぷっぷるくらぶ」と、3歳(年少)から入会できる「おんがくなかよしコース・幼児科」があります。歌を歌うだけではなく、歌と一緒に体を動かしたり、ピアノに触れたりと、さまざまな角度から子供に音楽の刺激を与えてあげることができます。

●ヤマハ音楽教室 ホームページ
https://www.yamaha-ongaku.com/music-school/

・「リズムセブンアカデミー キッズ・歌教室コース」

東京都のJR目黒駅近くにあるこちらの教室は、小学生、幼児を対象とした歌の教室。歌うことが好きという子供から、将来はプロの歌手にと夢をふくらませる子供まで、レベルに応じた指導を行っています。「歌手になりたい」という夢を持つ子供には、舞台やライブなどで通用する声を作る発声法や歌唱法も指導してくれるとのこと。

●ボーカルスクールリズムセブン ホームページ
http://rhythm7.jp/course/kids/

・「エイベックス・アーティストアカデミー キッズコース」

ヴォーカリストをめざす小学生の子供が対象。ベーシック(初級)、ノービス(中級)、アドバンス(上級)の3つにレベル分けされたレッスンカリキュラムで、初心者からきめ細やかな指導を行います。

●エイベックス・アーティストアカデミー ホームページより
http://aaa.avex.jp/course/kids/

・「小林音楽教室 子どものための声楽・キッズボイストレーニングレッスン」

子どものための声楽・キッズボイストレーニングレッスンは、3歳〜小学生を対象としたボイストレーニング講座です。発声のプロである声楽やボイストレーニング講師が、基本的な声の出し方から、高度な声の出し方、歌い方まで指導します。

●小林音楽教室ホームページ
https://www.kobayashi-music.com/

・「ガウディボーカルスクール」

3歳〜6歳を対象とした「キッズ歌ひろば」コースは、歌謡曲やポップスを歌い、音感やリズム感を養うコース。「キッズコース」は小学生以上が対象で、呼吸法や音感、リズムトレーニングなどのレッスンを通して、声の出し方や表現力を養います。

●ガウディボーカルスクール ホームページ
http://www.ebisugaudi.com/

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

歌がうまくなるだけでなく、表現力や協調性も身に付き、体力も付くといいことづくめの「子供の歌の教室」。これから先、学校などで発表する場も多くなりますが、そんなときも「歌の教室」で身に着けた正しい発声方法などが役に立ちそうですね。歌うことが大好きな子供はもちろん、ちょっぴり恥ずかしがりやさんの子供も、歌のレッスンを通して度胸がつくかもしれませんよ!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 習い事

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

「もしかしたら我が子がマイコプラズマ肺炎かもしれない」「マイコプラズマ肺炎になったらどうすればいいの?」…そんな親御さんが知りたい疑問にお答えしました。


【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中の1つとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあります。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。


【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10カ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。