ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

妊娠すると、日々の食事にも気を遣わなければならなくなりますよね。たとえば生ものは、感染症や食中毒を引き起こす恐れがあるので、妊娠中は控えるように推奨されています。でも一番大切なのは、正しい知識をつけ、できるだけストレスなく食事を楽しむことです。今回は、あさりや貝類を食べるメリットや注意点をご紹介します。


この記事の監修ドクター
こすぎレディースクリニック 椎名邦彦先生
当院の基本姿勢は『癒して治す』です。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供します。
http://kosugi-ladies.jp/

はじめに

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとって、一番大切なことは「ストレスをため込まないこと」。赤ちゃんは、お母さんが感じるストレスを敏感に感じ取るといわれています。妊娠中も、食事を楽しむために、正しい知識を身につけることが大事です。まずは絶対に食べてはいけない食材、適量を守れば食べてもいい食材、積極的に取りたい食材など、きちんと理解しましょう。

今回は、あさりや貝類の正しい知識をメインに紹介しています。あさりは調理法を間違わなければ、妊婦さんにも赤ちゃんにとっても、イイ食材なので、参考にしてみてください。

妊娠中にあさりや貝類を食べた時の影響は?!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中、魚介類やお刺身を食べると良くないのはなぜ?

妊娠中にあさりを含む魚介類やお刺身などを避けた方がいいと言われるのは、これらの生ものを食べてしまうと感染症や食中毒を引き起こしてしまう可能性があるからです。ですから、万が一のことを考えて、生の状態で食べるのは極力控えるようにするのが賢明です。

水銀が多く含まれる大型回遊魚は、さらに注意が必要?!

感染症や食中毒以外にも、魚に「メチル水銀」が含まれることから食べるのを制限した方がいいものがあります。大人の場合は体内から排出することができますが、妊娠中は胎盤を通じて胎児にメチル水銀が運ばれ、神経・発達障害などにつながるリスクが出てきます。

特に、マグロ類や金目鯛、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなどの大型回遊魚は、食中毒の可能性の他にもメチル水銀が含まれている可能性の高い魚類であることから、週1回で1人前程度にし、過剰摂取は控えるように推奨されています。

一方で食べる量をそれほど気にしなくていいのは青魚・白身魚といわれており、アジ・サバ・イワシ・サンマ・ブリ・カツオ・タラなど。貝類や甲殻類はできるだけ生ではなく、火を通して調理したものの方がベター。特別なディナーの時など少量であれば口にしてもよいでしょうが、今まで以上に食材の鮮度などには気を遣うように心がけて下さいね。

妊娠中、牡蠣を食べるのはNG

さらにもう一つ。貝類の中でも、生牡蠣は大変危険ですので、食べるのを我慢した方がよいと思います。妊娠中でなくても、牡蠣に当たってしまうと、とてつもなく辛いです。ましてや妊婦さんにとって、生牡蠣を食べるのは、リスクが大きすぎます。牡蠣などの二枚貝類は、高濃度のノロウイルスや大腸菌を含んでいる可能性があり、食中毒を引き起こしてしまう恐れがあるからです。免疫力も低下している妊娠中は、特に注意が必要になります。

牡蠣がたまらなく好きな方や、お刺身が好きな方にとっては、妊娠中の食事制限はつらいものだと思いますが、過敏になりすぎる必要はないにしても、万が一のことを考えて、グッと堪えましょう。

加熱すれば、あさりや貝類を食べても大丈夫??

基本的には、火を通していれば問題はありません。ただし、生もののあさりは危険なので、しっかりと火を通すように心がけましょう。

あさりの中に潜んでいるリステリア菌が体内に入り込んでしまうと、発熱や下痢を引き起こしてしまいます。さらに妊娠中に感染すると、胎児にも影響が及び、大切な赤ちゃんの成長の発達を阻害してしまうのです。このようなことのないように、細心の注意を払いましょう。リステリア菌は、あさり以外にもマグロ、イカ、牡蠣などにも潜んでいるので、ほんの少量なら生でも大丈夫ですが、極力控えるようにしましょう。

貝類の調理方法

このリステリア菌は、加熱することによって簡単に死滅させることができます。蒸しても、焼いても炒めても、スープに入れても、なんでもOK。あさりの味噌汁やボンゴレパスタ、クラムチャウダーなど。じっくり火を通してから食べるということに気をつけてください。

あさりや貝類を食べることによるメリットは?! 

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠すると、貧血になりやすくなってしまいます

妊娠中は、生理的に貧血になりやすい状態になると言われています。血液の赤血球に含まれているヘモグロビンという物質が減少してくる状態を、貧血といいます。貧血が進むと、体が低酸素状態になり、動悸・息切れ、立ちくらみ、疲れやすいなどの、いろいろな症状が出やすくなってしまいます。

妊娠中は、循環血液量が増えて血液が水っぽく薄まるため、貧血になりやすくなるわけですが、妊娠前から貧血だった人や持病がある方は、妊娠によって高い確率で貧血が進む傾向があるので、とくに要注意です。具体的には、妊婦診断で行う血液検査で、血液中のヘモグロビン濃度が11.0g/dl未満になると、貧血と診断されます。数値がかなり低くて影響が心配される時は、食事指導を受けたり、鉄剤が処方されます。

あさりなどの貝類は、「鉄欠乏性貧血」の救世主です!

貧血の原因として最も多いのは鉄分が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」です。あさりなどの貝類は、この鉄分を多く含んでいるので、不足しがちな鉄分を補うことができます。貝類には、鉄分以外にも丈夫な赤血球を合成するのに必要なたんぱく質が含まれています。そのため、あさりや貝類は、貧血予防にぴったりの食材と言えるのです。 

鉄剤で鉄分を補給する方法もありますが、鉄剤は人によっては、胃が荒れて炎症を起こしたり、便秘や下痢などの症状を伴うことがあると言われていますので、できれば食材から摂取したいですよね。

あさりに特に多く含まれる栄養素1「ビタミンB12」

ビタミンB12は、鉄分の生成を促し、貧血を予防する働きのある大切な栄養素です。繰り返しにはなりますが、赤ちゃんは、お母さんの血液を通して栄養素を送ってもらっているので、妊婦さんにはかなりの鉄分が必要となります。鉄分不足になると、胎児の成長が低下してしまうので、しっかりビタミンB12を補いたいですね。

ちなみに、あさり100g中にはビタミンB12が52.4ug含まれており、あさり5g食べると、1日に必要なビタミンB12の目安2.4ugを摂取できることになります。とても便利な食材といえますね。

あさりに特に多く含まれる栄養素2「タウリン」

タウリンには、胎児の筋肉や脳、眼の網膜をはじめ、心臓や肝臓などの臓器を形成する役割があるので、こちらもビタミンB12に負けず劣らず、赤ちゃんの成長にはとっても必要不可欠な栄養素であるといえます。ちなみに、あさり100g中には、タウリンが400mg含まれており、1日に必要なタウリン3000mgのうち、約8分の1程度は摂取することができます。

あさりの美味しさ(旨み)の秘密

あさりの旬は、春と秋。春の旬は、3月~5月の産卵期前といわれています。あさりの旨みの秘密、これは貝特有の旨み成分である「コハク酸」が豊富に含まれていること。他の貝類と比べると、あさりにはコハク酸が特に多い330mg含まれているのだそうです。また、甘み成分であるグリコーゲンが豊富なことも、旨みの秘密といえます。このことにより、独特の旨みがあるとてもいいダシが出るのです。

妊婦さんがあさりや貝類を食べる時の注意点は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

とにかく、よく火を通してから食べましょう!

繰り返しにはなりますが、妊娠中は必ず十分に火を通してから食べるようにしましょう。生食用のあさりも売られていますが、控えるようにした方が無難です。あさりだけでなく、シジミなどの他の貝類についても、妊婦さんにとって必要な栄養素が豊富に含まれているため、積極的に食べていきましょう。ただし、一度に食べすぎると下痢になる場合があるので、注意が必要です。1日100g以内程度にしておきましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか? 今回は、あさりや貝類に注目した記事になっていますが、妊娠中はつわりなど、体調の変化も激しく、大変な時期もあるかと思います。

安定期は、つわりも収まり、今まで通りの生活が送れるようになる方や、食欲が増してくる方が多いかと思います。妊娠初期は食べ物をあまり口にすることができなかった妊婦さん達も、お腹の赤ちゃんのため、そして自分自身のために、今まで以上に栄養素の高い食べ物を積極的に取り入れていきたいですよね。ぜひとも、参考にしてみて下さい。

PR 【PICKUP!】プレママ・ママに必要な「葉酸」を安心・安全に
妊娠前後に摂取したい「葉酸」は、ママにも赤ちゃんのためにも必要な栄養素。妊娠時は、葉酸のほかにもビタミンやミネラル・野菜などが必要になります。 体内できちんと吸収されている? 不足しがちなそのほかの栄養素も補うことができている?気になる方は…
「”葉酸”はどれも同じ」って思っていない?

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

妊娠したら、なんだかのどが渇く…という人は少なくありません。実際、体が水分を欲する理由があるのです。のどが渇いたと感じたときには、既に体の必要な水分が不足しているとも言われます。その前に、キチンと必要な水分を体に補ってあげることが大切。妊婦さんの体の乾きと水分補給の注意点、そしてお勧めしたい飲み物についてご紹介します。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


<男女別>3歳児に贈りたい、おすすめ絵本まとめ14選

<男女別>3歳児に贈りたい、おすすめ絵本まとめ14選

子どもがいくつになっても誕生日プレゼントを何にするか迷うものです。特に成長期である3歳児には、絵本は良い影響がたくさんあるためおすすめです。絵本の選び方や男女別のおすすめ絵本をご紹介します。


【レシピ動画】夏バテ予防に! ビタミンCたっぷり果物ゼリー

【レシピ動画】夏バテ予防に! ビタミンCたっぷり果物ゼリー

暑さが本格的になり、すっかり夏バテしていませんか? ちょっぴりお疲れ気味のときや体調が優れない時には、ビタミンCを積極的に摂りましょう!


<1歳から5歳まで>幼児教育で何を学ばせる? 成長と学ぶ環境の考え方

<1歳から5歳まで>幼児教育で何を学ばせる? 成長と学ぶ環境の考え方

将来さまざまな可能性を広げるために、子どもの教育ってとても大切ですよね。特に小さな頃は「何を習わせよう?」と考える方も多いことでしょう。子供の成長過程を知って、いい形で習い事をさせたいものです。どのような幼児教育をしていくといいのでしょうか。


子どものお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

子どものお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

伝統のお祝い行事である餅踏み。九州で行われることの多い餅踏みですが、地域によっても違いがあるようです。ここでは、餅踏みのやり方などを紹介しています。


【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

暑い時期になると、TVのニュースで熱中症対策の呼びかけをよく耳にしますよね。特に赤ちゃんは体温調整が未発達なので、乳幼児がいる家庭では熱中症にならないように、環境に注意を払う必要があります。今回は熱中症の予防方法と、万が一熱中症になってしまった時の対処方法をご紹介します。