ママのための悩み解決サイト
いつから着る? 新生児の肌着ロンパースの選び方とおしゃれ商品6選

いつから着る? 新生児の肌着ロンパースの選び方とおしゃれ商品6選

赤ちゃんが着るお洋服、どうやって選びますか? 素材、デザイン、着心地など、選ぶ要素はたくさんありますよね。そこで、今回は新生児が着るロンパースについてご紹介します。サイズ選びからおすすめブランドまで……ご自身のお子さん用にも、プレゼントを考えている方にも参考になると思いますよ。


ロンパースとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ロンパースとは、赤ちゃんが着る肌着のようなもので、上下分かれておらずつながっていて、お股スナップがついています。ボディースーツとも呼ばれています。上下がつながっているので、赤ちゃんが動いてもおなかが出る心配はありませんし、抱っこなどをしたときにはだける心配もないので、多くのママたちに支持されています。

カバーオールのとの違い

ロンパースの次によく耳にするカバーオール。上下が1枚でつながっているので、呼び方を変えただけ?なんて思ってしまいますよね。メーカーやブランドによっても、表記が違っていることもあり、消費者側では判断が難しいかもしれません。

ロンパースとカバーオールの違いは生地や裾に特徴があります。
ロンパースは1枚でも着ることはできるのですが、基本的には「肌着」です。肌に直接触れるので柔らかい綿素材のものが多い特徴があります。カバーオールは肌着の上に着る「洋服」という位置づけになり、ロンパースに比べ厚手の生地のため保温性が高くなります。
ロンパースは、足がおおわれないタイプが多く、カバーオールは足首まですっぽりおおわれているものが主流となります。

新生児はいつからロンパースを着るのがおすすめ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いつから?

生まれて間もない新生児は短肌着や長肌着、コンビ肌着などを着て過ごします。生後4週間くらいまでは足を大きく動かすことも少ないので、肌着がはだける心配がいりません。

生後4週間目くらいからは足をバタバタさせたり、掛けた布団を蹴って体を布団から出し始めます。そうなると、おのずと肌着がはだけて赤ちゃんのおなかや足を冷やしてしまうかもしれません。

そこで着崩れしにくいロンパースの出番です。赤ちゃんの首がすわらない生後3か月くらいまでは前開きのタイプを、首がすわり始める生後3か月くらいからは頭から被るタイプを着せるママが多いです。抱っこやおんぶをしても、おなかが出なくて冷え対策にもなります。サイズ展開が60~の商品が多いため、大きすぎずに着られるようになり、足をよく動かすようになったらの着用が良いでしょう。

いつまで?

ロンパースは大体2歳くらいまで重宝できます。いつまで着せるかはママの考えにより個人差が大きいですが、おなかを出さないメリットがあるため、抱っこが多いうちは着せていることが多いでしょう。
活発に動き回るようになると、おむつの交換や、着替えさせるのがママにとって一苦労になります。着替えが大変になった、トイレトレーニングを始めたい、と感じたタイミングでセパレートタイプのベビー服にシフトするママは多いようです。

新生児用の肌着ロンパースの選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

サイズ

ロンパースは大体60㎝~(50~60㎝)のサイズ展開です。新生児のロンパースは60㎝がいいと思います。すぐに小さくなるから大き目が良いと思うかもしれませんが、肌着はできる限り大き目を選ばず、ジャストサイズを選ぶようにしましょう。大き目のサイズを選んでしまうと、肌着の上に何かを着るときに、中で肌着がかさばり、赤ちゃんの肌に負担になることもあります。

素材

新生児はびっくりするくらい肌が薄いんです。敏感肌で湿疹等もできやすいので、肌に直接触れる物には注意が必要です。おすすめはコットン100%のもの。ロンパースは元々コットン素材が多いですが、肌に優しく、化学繊維を使っていないものを選ぶようにしましょう。

生産国

新生児の肌に直接触れるものなので、生産国を気にする方も多いのではないでしょうか。
赤ちゃん用品店に行くと分かると思うのですが、やはり目立つのは「日本製」を全面に売り出しています。縫製や肌に当たる部分の縫い目の処理などが日本製は丁寧に作り上げられています。生産国をチェックすることも一つのポイントです。

デザイン

ロンパースには前開きタイプとかぶりタイプの2パターンがあります。まだ首の座っていない時期は前開きタイプ、首が座り、寝返り等で服を着せるのが困難になってきたらかぶりタイプにするのがおすすめです。
首が座っていない時期からかぶりタイプを使用してしまうと、着せにくく、赤ちゃんも疲れてしまいます。ですので赤ちゃんの成長に合わせて選びましょう。

ロンパースのおすすめブランド5つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①赤ちゃん本舗

ママの味方、「赤ちゃん本舗」。ベビー用品で揃わないものはないというくらい品ぞろえがいいのが特徴です。ロンパースなどの肌着もラインナップがたくさんあるので、助かります。素材にもこだわっていて、作りもしっかりしているので、何度洗ってもくたびれません。
なかなか外出ができないママは、ネット通販での購入も。おむつなやおしり拭きなどを一緒に買いそろえることもできるので、とても便利です。

②GAP(ギャップ)

デザインにこだわりたい、アメリカンカジュアルが好き、という方におすすめ。
海外の雑誌から切り抜いたようなかわいいデザインが豊富なので、見ているだけでも楽しいですよ。オンラインストアもあるので、自宅からでも購入できちゃいます。もちろんママのものや、パパのものだって一緒に買えちゃうので、なかなかお買い物へ行けなくても、家族みんなの洋服をそろえることができます。

③combi mini(コンビミニ)

「本当にいいものだけを」がコンセプトなだけあって、質のいいものが揃っています。赤ちゃんに触れる物だからこそ、高品質なものを使い、赤ちゃんが快適に過ごせるよう研究しつくされています。
実際赤ちゃんに着せてみたママからの満足度も高く、ギフトにも喜ばれるブランドです。カラーもやわらかいパステル調のものが多いのも特徴です。

④miki HOUSE(ミキハウス)

ママが赤ちゃんの時代から馴染みのあるブランド、ミキハウス。ミキハウスには、赤ちゃんの肌着「天使のはぐ」があります。抗菌・抗ウイルス加工で赤ちゃんをウイルスから守るような加工が施されていたり、天然コットン100%の日本製を特徴としています。安心安全をコンセプトに種類豊富なラインナップが展開されています。

⑤Organically(オーガニカリー)

生まれたばかりの赤ちゃんのデリケートな肌を考え、オーガニックコットンにこだわっています。染料もヨーロッパ基準の安全性の高いものを使用していて、とても優しい風合いのカラーが特徴的です。肌に触れる縫い目なども、赤ちゃんへの刺激が少なくなるよう、考え抜いて作られているとても優しい気持ちのこもった肌着です。雑誌などでも取り上げられ、贈り物にも喜ばれるブランドです。

季節別おしゃれロンパース6選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①【春】Organically新生児 ソフトガーゼ 前開きボディスーツ肌着

商品コード: OG-H001-PR3  日本製
4,000円(税抜)
生地=オーガニックコットン100%
縫い糸=オーガニックコットン100%

オーガニックコットン専門店 Organically(オーガニカリー)の商品です。
春は陽気な季節になります。女の子ならリバティー柄はいかがですか?全身にリバティー柄を使っていてもかわいいし、画像のようにリボンの部分でちょこっと使いもかわいいですよ。昼間はこのロンパースにレッグウォーマーのコーディネートでもOK。春は花柄やパステルっぽい優しいカラーがおすすめです。
ですが、朝晩はまだ冷え込みますので、羽織や、ズボンなどをはかせるよにうに、調節をしてあげてください。新生児のロンパースはリボンで開閉のできる前開きタイプのロンパースがいいですよ。

②【夏】UNIQLO BABY メッシュインナーボディ(2枚組)

商品番号:180537001
990円(税抜)
仕様:横開きスナップボタン留め・ボタン×4,股下全開スナップボタン留め・ボタン×3,洗濯タグ位置:上前内側
素材:綿100%

夏は赤ちゃんも、よく汗をかきますので、メッシュタイプのものを肌着として着てもいいかも。できれば、汗をかいたら取り替えてあげてください。メッシュタイプは通気性もよいのであまり心配はいらないのですが、赤ちゃんの肌は敏感です。

赤ちゃんは首元によく汗をかきます。夏は首のところにガーゼを一枚かませてあげて、頻繁に取り替えてあげましょう。

③【夏】Aden & Anais 半袖kimonoボディースーツ

モスリンコットン95%、スパンデックス5%
アイテム番号:2366
¥2,916

夏はガーゼ素材のロンパースもおすすめ。ガーゼは洗ううたびに柔らかくなっていきますし、汗の吸収もよく、通気性もよいので熱がこもらずすぐに乾きます。少しストレッチが入っているタイプなら、赤ちゃんも窮屈さを感じることなく、快適に過ごすことができます。
半袖タイプならコレ1枚で過ごしてもOK 。夏は汗をかいたらすぐに着せ替えてあげるのが良いので、夏のロンパースは洗い替えようにいくつか持っておいてもいいですよ。

④【秋】Carter's Basic Collection 長袖ボディスーツ ウィンター

商品コード: 126G45912~126G45924
素材:コットン100%
販売価格: 4,900 円(税抜)

男の子なら、ちょっとダークカラーのロンパースでもかっこいい。後はやっぱり一目で見て男の子と分かる男の子らしい柄がおすすめです。暑さと涼しさが入り混じっているようであれば、これにレッグウォーマーを使用してもOK。この時期くらいしか男の子もレッグウォーマーをはいてくれないので、ここぞとばかりに履かせましょ。

新生児のロンパースはタグの位置にも注目。襟元にタグなどがあるとちくちくしたりするので、このように襟首にタグがついていないのも嬉しいですね。肩幅も調整できるタイプです。

⑤【秋】toysrus 長袖ロンパース肌着 ドット 80cm レッド

899円 (税抜)
素材:コットン100%

秋はボーダーデザインのものがかわいいかも。
秋になるとなぜかボーダーに目がいきませんか?男の子も女の子もかわいいボーダー。ママやパパとのリンクコーデにもおすすめです。

秋も春と同様、朝晩の気温差が激しいですので、レッグウォーマーや羽織等で調節してあげてくださいね。おくるみなどで調節してあげるのもいいですよ。

⑥【冬】アカチャンホンポ 長袖プレオール デラックスパイル 

表商品コード:4957394890877
素材=[本体]綿85%・ポリエステル15%[縁どり]綿100%[リブ]綿95%・ポリウレタン5%
本体価格 : 2,900円(税抜)

あたたかい厚手生地に毛足の長いパイル編みを施したやさしい風合いのデラックスパイルを使用しています。冬は温かい素材のロンパースを肌着として着せてあげましょう。冬でも汗をかくので、温かいだけでなく、吸水性の機能もついているものだと安心です。

赤ちゃんは自分で体温調節ができません。お家の中にいるときでも、室温などに気を配り、快適な状態で過ごさせてあげてくださいね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新生児にはできるだけ、低刺激で、快適に過ごせるものを着させてあげたいですよね。新生児のロンパースを選ぶ際は、ご紹介した選び方のポイント等を参考にしてみてください。
「ロンパースからのぞくムチムチの足がたまらない」「おなかのポッコリ感がかわいい」と思える期間もごくわずかです。赤ちゃんはあっという間に成長していってしまうので、その時のかわいさをたくさん目に焼き付けてくださいね。

【医師監修】新生児のおむつ・ベビー服で大切な選び方とは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/18

初めての出産の方は、赤ちゃんの大きさなどピンと来ないかもしれませんが、赤ちゃんは平均して体長約50cm、体重は3㎏前後で生まれます。それが1年後には7~10㎏、体長約70~80cmまで成長します。すごい成長っぷりですね。生まれて最初の一年は、ベビー服のサイズはぐんぐん変わるものと考えてくださいね。

新生児の肌着はどう選ぶ? 種類と必要な枚数、選び方・着せ方のポイント

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1348

生まれたての赤ちゃんにとって、最初に必要なもののひとつに肌着があります。小さな肌着を手にすると、ママになる実感がわいてくるかもしれませんね。肌着にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があるので、選び方のポイントを押さえておきましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


話題のおしりふきウォーマーとは?種類や使い方、おすすめを紹介

話題のおしりふきウォーマーとは?種類や使い方、おすすめを紹介

今話題になっている「おしりふきウォーマー」をご存知ですか?おしりふきを温めることにより赤ちゃんがおむつ替えを嫌がらないグッズとして注目を集めています。今回はそのおしりふきウォーマーの種類やそのメリット、使い方、おすすめのおしりふきウォーマーをご紹介します。


赤ちゃんのぐずり対策どうしてる?効果的なおすすめグッズを紹介

赤ちゃんのぐずり対策どうしてる?効果的なおすすめグッズを紹介

ミルクも飲ませたし、おむつも取りかえたし、抱っこもしているのにグズグズと泣き止まない……。そんな赤ちゃんのぐずりに悩むママも多いのではないでしょうか。特に人目が多い外出先での赤ちゃんのぐずりに焦った経験を持つ人もいるはずです。今回はそんな赤ちゃんのぐずり対策についてまとめました。


赤ちゃんにスリーパーは必要?メリットや夏と冬のおすすめタイプを紹介

赤ちゃんにスリーパーは必要?メリットや夏と冬のおすすめタイプを紹介

赤ちゃんにスリーパーは必要なのか迷っているママに、メリットをご紹介します。2歳頃は寝返りも激しいので一枚あると便利です。最近は大人用も人気がありますが、キッズは何歳まで使えるのでしょう。作り方が簡単な手作りキット、夏や冬のおすすめブランドをピックアップしました。


赤ちゃんにベビーパウダーは必要?正しい使い方とおすすめ6選

赤ちゃんにベビーパウダーは必要?正しい使い方とおすすめ6選

赤ちゃんにベビーパウダーを使う必要性、メリットやデメリットを改めて考えてみたいと思います。ピジョンやジョンソン&ジョンソン、資生堂や和光堂の人気パウダーの種類、使い方、成分や値段の最新情報もお伝えするので参考になれば幸いです。「顔や首、おしりに使っても大丈夫?」など気になる疑問に答えます。


赤ちゃんの枕はいつから必要? 選び方のポイントは?

赤ちゃんの枕はいつから必要? 選び方のポイントは?

なぜ赤ちゃんに枕は必要ないと言われるのでしょう。もし使う場合は赤ちゃん専用の枕を選んであげて下さい。「王冠枕とドーナツ枕はどう違うの?」、「タオル枕の作り方は?」、「タオルは枕カバーの代わりになる?」など、新生児から生後6ヶ月、1歳頃までの赤ちゃん枕を準備する時に参考になる情報を集めました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

「もしかしたら我が子がマイコプラズマ肺炎かもしれない」「マイコプラズマ肺炎になったらどうすればいいの?」…そんな親御さんが知りたい疑問にお答えしました。


【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中の1つとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあります。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。


【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10カ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。