ママのための悩み解決サイト
赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

赤ちゃんの肌は薄くて弱いもの

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

我が家の娘、生まれて来た時はもちもちぷるぷるつやつやお肌でした。「さすがは赤ちゃん肌だなあ」と思っていたのですが、1カ月もせずに頬が段々カサカサになり、段々真っ赤に……。

あれ? もしかすると、保湿しないとダメなのではないですか……?

よくCMで「ぷるぷるの赤ちゃん肌を目指そう!」みたいなやつを見かけますが、実は赤ちゃんのぷるぷる肌を維持するのは実は簡単ではありません。赤ちゃんの肌は大人と比べてまだまだ未熟です。皮膚も大人より薄く、皮脂も生まれてしばらくはお母さんからもらったホルモンの影響で多いのですが、数カ月もせずに少なくなってしまい、どんどん乾燥しがちになります。そうしてバリア機能が落ちた肌は外の刺激にやられて荒れてきます。

特にこの冬の時期は乾燥が目立ちますが、他の季節でも油断は禁物なのが赤ちゃんのお肌なのです。
ちょっとした肌荒れと思っていても、そのままにしておくとだんだん皮膚に炎症が起きてきて、痒く赤みが出て来て、ブツブツができたり、ジュクジュクしてきたりします。こうなるといわゆる「湿疹」の状態になり、治療が必要になります。

是非、湿疹が出来る前に、毎日少し手間がかかりますが、保湿で皮膚を守ってもらいたいなーと思います。

保湿で皮膚トラブルやアトピーを防ぐ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

興味深い論文もあります。アトピー性皮膚炎のハイリスク群(親がアレルギー持ちなど、アトピー性皮膚炎を起こしやすいと考えられている赤ちゃん)の中で、保湿剤を全身に塗った群と、スキンケアをしなかった群で比較してみたら、保湿剤を塗った群の方がなにもケアしない群と比較して32%アトピー性皮膚炎の発症率が減少した、というものです。

要するに(これはあくまでもハイリスク群の話ではありますが)、まだ皮膚トラブルが起きる前から保湿のスキンケアをすることで、アトピー性皮膚炎の一部を予防できる可能性がある、という事になります。

(少し詳しい解説は、筆者ブログ「保湿剤でアトピー性皮膚炎の発症が減少した、というニュース」をご覧ください。)
http://halproject01.blogspot.jp/2014/10/blog-post_3.html

また、湿疹ができてしまうと、その皮膚のバリア機能が弱ったところから様々な抗原(アレルゲン)が入りやすい状態になり、食物アレルギーなどに繋がってしまう事があります。湿疹ができないように保湿する事で、食物アレルギーも予防できる可能性があります。

もちろん全てのアトピーや食物アレルギーが防げるわけではありませんが、保湿をして皮膚を守ってあげる重要性がなんとなくわかっていただけたでしょうか。

保湿にはまずはワセリンを

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もしかすると、出産した病院などで赤ちゃん用にワセリン(プロペト®)をもらった方もいるかもしれません。このお医者さんに処方されるプロペト®でも構いませんし、市販の「白色ワセリン」というものでも構いません。まず一番はじめに使うなら、私はこのワセリンをお勧めしています。

ワセリンはいろいろな軟膏の基剤に使われており、刺激が少なく、少しくらい口に入れても大丈夫(唇の荒れなどにも使います)という、いろいろ舐め回す赤ちゃんにぴったりの保湿剤です。皮膚に直接水分を与える、というタイプものではなく、ワセリンで皮膚の表面をカバーする事で、皮膚から余計な水分が蒸発するのを防いで乾燥を防ぐ、という非常に理にかなった保湿剤と言えます。

また、ワセリンは皮膚の表面をカバーしますので、例えばおしりなんかに塗ればうんちやおしっこの刺激から皮膚を守る事もできますので、オムツかぶれの予防などにも使えます。

更に言うと、ワセリンは安い!たっぷり入ったものでも数百円で買えます。ドラッグストアや赤ちゃん用品売り場、ネットショッピングでも買えるので、病院まで行かずに手に入るのも利点です。この季節は特にインフルエンザや嘔吐下痢の患者さんでごった返しています。下手に受診すると風邪をもらってしまう事もありますので、我が家も特に湿疹がない時は受診せずにドラッグストアで購入しています。待ち時間もありませんしね。

もちろん、ワセリンだけでは間に合わない事もありますし、他の保湿剤を試してもらって構いません。ただし、赤みなどが出て来て湿疹になってきた時は、保湿剤の相談も兼ねて一度小児科や皮膚科を受診してみてください。

保湿のタイミングはお風呂上がり

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お風呂あがりは水分でしっとりしていますが、そのままにしておくとどんどん乾燥して、お風呂に入る前よりも更に乾燥してしまいます。保湿のタイミングはいろいろ指導されますが、忘れず毎日保湿するという意味でも、お風呂上がりに服を着せてしまう前にささっと保湿する事をおすすめします。

保湿剤の塗る量の目安はいくつかありますが、「ティッシュペーパーを一枚貼付けて、落っこちないくらい」というのがわかりやすいかと思います。少なすぎると折角の保湿の意味がなくなってしまうので、全身にぺたぺた塗ってあげてください。

その他にも、「なんだかほっぺがカサカサしているな」と気づいた時に、さっと塗ってあげましょう。

赤ちゃんの肌は一人一人違います

もちろん赤ちゃんにも個人差があり、「うちはなんにもしなかったけど、皮膚トラブルなんてなかったよ」という方もいると思います。しかし、我が家はなにもしなかったらガサガサから見事な湿疹になり、アトピー性皮膚炎で治療に半年かかりました……。

例えば家族にアレルギー疾患のある人がいる場合、赤ちゃんはその素因を引き継いで、アトピーを含むアレルギーを起こしやすい体質である可能性があります。そう言う方にはぜひ、出産後から赤ちゃんの保湿をする事を強くお勧めします(我が家はまさにこれでした)。

ほんの少しの手間で赤ちゃんの皮膚トラブルや病気が予防できる可能性があります。やはり私は、全ての赤ちゃんに保湿のスキンケアをしてあげてほしいなあと思います。負担にならない範囲で構いません。あなたもよかったら、赤ちゃんの保湿、始めてみませんか?

●参考文献
Horimukai K et al.Application of Moisturizer to Neonates Prevents Development of Atopic Dermatitis.Journal of Allergy & Clinical Immunology (11.248) Vol. 134, Issue 4, October 2014.
http://www.jacionline.org/article/S0091-6749(14)01160-9/fulltext

(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

最初の離乳食には10倍粥を作るようにと言われますよね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も離乳食初心者である場合は作り方に戸惑うこともあるかもしれません。今回は10倍粥の簡単レシピから、炊飯器やブレンダーなどを利用した時短技など、ママが活用できそうな離乳食のアイデアについて調べてみました。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんのうちから始めたい食育、離乳食をきっかけに気になっているママもいるのではないでしょうか。生活に密着している食育は、難しい専門知識がなくても簡単に子どもに伝えることができます。乳幼児期や幼児期に取り入れたい、食育方法や注意点などをご紹介します。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

「もしかしたら我が子がマイコプラズマ肺炎かもしれない」「マイコプラズマ肺炎になったらどうすればいいの?」…そんな親御さんが知りたい疑問にお答えしました。


【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中の1つとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあります。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。


【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10カ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。