ママのための悩み解決サイト
忙しくて大変?! 主婦が正社員になるメリット・デメリット

忙しくて大変?! 主婦が正社員になるメリット・デメリット

結婚して一度は専業主婦になったけれどそろそろまた働きたい。家計のことを考えて復職する主婦も増えています。働こうと考えるときに気になるのは子育てや家事との両立。正社員、パートどちらで働くべきか。ここでは主婦が正社員として働く場合のメリットやデメリットなどをご紹介します。


パートか正社員かどっちがいい?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事を探すときにはどういった雇用形態で働きたいかをまずは考えなくてはなりません。正社員の仕事を探すかパート勤務で探すか、悩むところですよね。そもそも正社員とパート社員ではどのように違うのでしょうか?

正社員とパート社員の違い

正社員とパート社員の大きな違いには労働時間の違いがあります。まず、正社員というのは正規雇用者を意味します。労働期間の定めがない社員のことです。一方、パート社員は短時間で働く社員のことを意味します。1週間の労働時間が正社員より短いというわけです。

他にも大きく違うのは、正社員には「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」などの加入ありますが、パート社員ではこれらの保険加入が出来ません。

どちらを選ぶべき?

パート社員として副業で働く場合は、時給勤務のケースが多いです。ですから、「一週間のうち勤務するのは3日間だけ」や「子どもの幼稚園のお迎えの時間に間に合うような仕事を選ぶ」ということが可能です。ただしパート契約であると賞与や退職金の支給がなかったり、正社員よりも金額が低いということもあります。また、仕事でどれだけ成果を上げても時給にほとんど反映されないなどというデメリットも。

正社員の場合では、ある程度待遇の保障がされていますし、勤務期間に定めがないので長期にわたり働き続けることができます。その一方で、仕事面での責任が重く高い成果を求められたり、勤務時間が長いといったことなどがあります。正社員として働く場合は拘束時間が長くなるので、仕事と家庭との両立のハードルが高くなります。

夫婦共働きと専業主婦家庭の割合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年代によって差はあるかもしれませんが、全体的に今の子育て世帯の共働き率は高いと感じることはありませんか?実際、夫婦共働き世帯と専業主婦世帯の割合はどのようになっているのでしょうか?

内閣府は毎年、共働き世帯数の推移を調査しています。調査は昭和55年からはじまっており、調査当初は圧倒的に専業主婦世帯が多かったことがわかります。しかし、徐々に夫婦共働き世帯の数も増えていき、平成2年からはそれぞれの世帯の割合はほぼ半々です。そして平成9年以降は専業主婦世帯よりも夫婦共働き世帯の割合の方が高くなります。
その差はどんどんと開いていき、平成26年の調査では夫婦共働き世帯が1077万世帯に対し、専業主婦世帯が720万世帯となっています。これで夫婦共働き世帯が59.9%、専業主婦世帯が30.1%という割合になるのです。

現在は専業主婦で子育てをしているという女性でも復職に意欲的な女性はたくさんいるようです。これから子育てをしながらも外で働けるような社会の環境が整っていけば、共働き世帯の率はさらに増えていくのかもしれません。

主婦が正社員になるメリット6つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①世帯年収が上がる

専業主婦世帯の平均世帯年収は617.8万円であるのに対し、妻が正社員の共働き世帯の平均世帯年収は797.7万円。180万円の開きがあります。単純に夫婦ともに正社員として働くことで世帯年収は大きくアップします。

②育休や産休を取りながら働き続けられる

勤務時間が長い正社員として働きながら子育てをする、というのは大変だというイメージがあります。しかし、子供が生まれる前に産休や育休が取得できるというのは正社員の大きなメリットと言えます。仕事を休んでいる期間にも収入があるというのはありがたい制度ですよね。

③雇用が安定しているので長く働ける

勤めている会社の業績や組織変更などによって契約終了などの影響を受けやすいパートなどに比べて、正社員の場合は雇用が安定しています。基本的には定年を迎えるまで働き続けることができるので、長期にわたり仕事ができます。

④退職金がもらえる

正社員として長く勤めれば、勤めた分だけ退職金が多く入ります。退職金としてまとまった金額をもらえるというのは正社員の大きなメリットのひとつですね。

⑤老後の年金が多くもらえる

正社員として働けば厚生年金によって働いている間は月のお給料から少し多めに引かれますが、その分、老後に入ってくるお金が多くなります。専業主婦の場合は国民年金のみということになりますので、正社員として働けば老後の収入が専業主婦に比べて多くなるのです。

⑥頑張りが評価として反映されやすい

仕事で売り上げを伸ばすなど優秀な成績を残すと会社の利益となります。その結果が評価されれば、役職についたりお給料が上がったり…ということにつながります。正当な評価をしてもらえればモチベーションも上がりますし、さらなる活躍へのステップになります。

主婦が正社員になるデメリット4つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①年収によっては損をする

主婦が再就職して正社員として働く場合は一般的に、夫の扶養からは外れることになります。自分が勤める会社の健康保険や厚生年金に加入することになるのです。税制面や所得税上の優遇措置を受けることができなくなるので、収入アップを狙って正社員になっても、いざ働いてみたら損をしていたなんていうこともあります。正社員になると年収はどのくらいになるのか、ということも考えておきたいですね。

②精神面・肉体面での負担が大きくなる

正社員になると、パートや契約社員に比べて比較的責任の重い仕事を任されることも増えてきます。
当然それはやりがいにもつながるのですが、家庭との両立がむずかしくなる場合も。急な残業を任されてしまう、休日でも出勤しなくてはならないという場面も出てくるかもしれません。特に専業主婦から正社員になると、これまで家のことにじっくりかけられていた時間がなくなるので家事がたまってしまうこともあるでしょう。
仕事と家事の両立の難しさから精神的にも肉体的にも負担が増えるケースがあります。夫にも家のことを手伝ってもらうなど、共働き世帯の場合は家族のフォローが必要不可欠となります。

③支出が増えてしまう場合もある

子どもが小さいうちに働きに出る場合は子供の預け先も必要になります。保育所に子どもを預ける場合、認可外保育所は月の保育料が認可保育所に比べて高額な場合が多いです。必要経費ですが、稼いだ分も多くが保育料に消えてしまうというケースもあります。

また、職場の付き合いなどで外食の機会が増えたり、忙しさゆえスーパーのお惣菜に頼ることも増えて食費がかかってしますかもしれません。

在宅勤務などをのぞき、多くの場合は毎日職場に出勤します。身だしなみのために、洋服や化粧品などの出費も増えるでしょう。

④子育てとの両立がむずかしい

子供がいる世帯では、子育てと仕事の両立も課題です。特に子供が幼いうちは急な発熱などで体調を崩すことも多いです。そういった時に、正社員では早退や欠勤することがなかなかむずかしい面があります。親類が近くにいる場合は可能な限りサポートをお願いしたり、あらかじめ病気でも預かってくれる保育先や病児保育に申し込んでおくなどの手配は欠かせません。

また幼稚園行事や、学校行事の関係で休まざるを得ない場合も出てくるでしょう。シフトの調整がしやすいパートやアルバイトに比べて、家庭優先がむずかしくなるのは正社員のデメリットといえます。

世帯年収はどのくらい変わる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

専業主婦世帯と夫婦共働き世帯はどちらが得?

旦那だけが外で働いて世帯年収が1,000万円で妻は専業主婦。夫婦共働きでそれぞれが500万円ずつ稼いで世帯年収が1,000万円。年収の数字だけを見ればどちらも同じ1,000万円。ですが、手取り額に違いが出てくるということをご存知ですか?

一人で1,000万円を稼ぐ場合、税金や社会保険の負担などで270万円ほど引かれるので手取りでは730万円ということになります。月に22万円も税金で差し引かれるのです。
一方、夫婦それぞれで500万円稼ぐ場合では、世帯年収が780万円になります。一人で1,000万円を稼ぐ場合に比べて月の手取りが4万円増える計算なのです。

日本では働いて稼ぐ金額が多いほど税率も上がるので同じ世帯年収になるのであれば共働きの方が得といえるでしょう。

妻が働くことでどのくらい収入が変わる?

厚生労働省の調査(平成27年賃金構造基本統計調査)によれば女性の平均賃金はこのようになります。

・30~34歳:23.8万円/月
・35~39歳:24.9万円/月
・40~44歳:26.3万円/月
・45~49歳:26.7万円/月
・50~54歳:26.7万円/月
・55~59歳:25.5万円/月
・60~64歳:22.1万円/月

女性が結婚して出産や育児が少し落ち着いてから働きに出ると仮定します。その場合、30~35歳から定年を迎える60~65歳までの約30年間では約7,500万円以上も稼げる計算になります。平均賃金の半分の月収であったとしても3,000万円以上稼げるわけですからこの数字は大きいですよね。

専業主婦も時給換算すると年収300万円、もしくはそれ以上などといわれてはいます。しかし残念ながら専業主婦である限りは実際にお金が入ってくるわけではありませんよね。主婦が勤めに出ることでこれだけの収入アップにつながるということなんです。

主婦が正社員になるには? 再就職のポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

過去に働いた経験のある職種から探す

求人を出している企業側はやはり、全くの未経験よりも、即戦力になる経験者を優遇したいものです。結婚や出産するまでに働いていた職種に関連する仕事から探しましょう。ブランクが長くなると「外に勤めに出る」という不安は大きくなるものですが、経験のある職種であれば働いていた時の感覚を取り戻しやすいものです。

職種によっては専門の知識を要するものや資格取得が有利になるものもあるので、仕事を探しながら資格の勉強なども同時に進めると良いでしょう。

妥協点も用意する

家事や育児をしながら仕事もするとなると、いろいろな条件が出てくるもの。
・働ける時間は○時から○時まで
・残業はできない
・子供の体調不良などの場合は子供最優先
・お給料は○○円以上
・通勤時間は片道○分までなど

すべての希望が叶う職場を探そうとするとその道のりは相当厳しいもとなるでしょう。こうした希望する条件の中でも絶対に譲れない条件というものはあると思いますが、それ以外に妥協できる部分も用意して仕事を探すことで道がひらけてきます。自分の都合ばかり主張することは採用を遠ざけてしまうので、妥協点を再度考えてみましょう。

ヒューマンスキルを磨く

主婦にとって日々の家事を効率よくこなすための段取り力は欠かせませんよね。そして夫や子供たちが必要としていることを察してうまく立ち回るための観察力、日々のご近所づきあいやママ友とのつきあいなどでコミュニケーション力も必要です。

社会人として日常的に必要とされるスキルのことをヒューマンスキルと言いますが、主婦だからこそ磨かれているヒューマンスキルもあります。経験から積み重ねられるヒューマンスキルは若い人材にはない強みと言えます。

最近はビジネススキルよりもヒューマンスキルを重視する企業も増えています。こうしたヒューマンスキルの高い人こそ企業にとっての「一緒に働きたい人」になるのです。

まずはパートからはじめる

まずは採用されやすいパート社員として副業で働くことで正社員への道を目指すのもひとつの方法です。こつこつと頑張り、評価やキャリアを積み上げながら…と時間のかかる方法ではあるのですぐに正社員として働きたい!という方にはおすすめできません。

ですが、子供が小さいうちは子供の体調不良などで休まざるを得ない場合も多々あります。そんな時にパート勤務の方がある程度休みを取りやすいというメリットもあるので、子供の成長とともに正社員を目指していくというのは効率も良い働き方と言えます。

40代でも遅くない! 先輩ママに学ぶ「社会復帰」への道4選

http://news.mynavi.jp/news/2016/02/14/298/

44歳の主婦です。中学生と小学生の2人の子どもがいますが、下の子が春から小学4年生になります。

専業主婦が正社員として社会復帰を考えるときに心配なのがブランクですよね。それでもブランクを乗り越えて40代になってから妊娠したり社会復帰を果たしたという女性もたくさんいます。実際に社会復帰された方の体験談はやる気を後押ししてくれますね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

主婦が正社員として働く場合のメリット、デメリットについて詳しく分かりましたでしょうか。特に子供がいる家庭の場合は、子供の預け先や緊急時の対応についてはしっかりと用意しておかなくてはなりません。また、炊事・洗濯・掃除など、主婦として担っていた家事についても家庭で話し合う必要があります。主婦が正社員になるには様々なハードルを乗り越えなくてはなりませんが、正社員になることで収入アップはもちろん、あなたの世界観も広がるかもしれません。

PR 【先着1,000名限定】葉酸の知識をつけてマイナビウーマン子育て「妊婦が出産までに知っておくべき34のSTEP」を無料でGETしよう!
妊娠前後に摂取したい「葉酸」は、ママにも赤ちゃんのためにも必要な栄養素。妊娠時は、葉酸のほかにもビタミンやミネラル・野菜などが必要になります。しっかりと葉酸の知識をつけて「妊婦が出産までに知っておくべき34のSTEP」をGETしましょう!
無料で「妊婦が出産までに知っておくべき34のSTEP」をGETするにはこちら

育休明けの時短勤務って正直どうなの? メリットと注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1301

出産後も働く女性は年々増えており、「時短勤務」などで働きやすさも改善されています。しかし、時短勤務にはメリットだけでなく、デメリットもたくさんあることは理解しておかなければなりません。時短勤務の仕組みや注意点をご紹介します。

関連するキーワード


夫婦関係 共働き

関連する投稿


旦那にイライラ!?  夫婦円満をキープするための方法

旦那にイライラ!? 夫婦円満をキープするための方法

家事や育児、仕事とそれぞれ役割をこなしていても、夫婦間で気持ちがすれ違っていたらお互いに窮屈な時間を過ごすことになりますよね。それでは、夫婦関係を保つためには普段の生活の中でどのようなことを心がければいいのでしょうか? 夫婦円満のための秘訣についてまとめました。


育児に積極的? ママにやさしい? 夫に対する不満度チェック

育児に積極的? ママにやさしい? 夫に対する不満度チェック

家事に育児にがんばっているママから見て、一緒に子育てをしているパパの満足度はどのくらいなのでしょう。プレママ・ママたちに夫への不満を聞きました。


ありえないっ!!  ママたちが夫に浮気された時の対処法まとめ

ありえないっ!! ママたちが夫に浮気された時の対処法まとめ

妊娠中、パートナーの浮気が発覚してしまうのは、夫婦最大の危機ですよね。女性にとって大切な時期である妊娠・出産の時期、夫が浮気したらどのような対応をするか、ママ・プレママを対象に尋ねてみました。


気になる! みんなの夫婦ケンカの頻度はどれぐらい?

気になる! みんなの夫婦ケンカの頻度はどれぐらい?

いつも夫婦仲良しでいたいですが、時にはケンカして、ぶつかることもありますよね。特に子どものしつけや教育に関しては、考え方の違いからもめてしまうことも多いかもしれません。今回は子育て中のママたちに夫婦ケンカの頻度について聞いてみました。


ぶっちゃけ、夫にイライラ!? 夫婦の家事分担どうしてる?

ぶっちゃけ、夫にイライラ!? 夫婦の家事分担どうしてる?

子どもが生まれてからは、ママは育児だけで大変。そんな時に、家事に協力してくれる旦那さんがいると心強いですよね。今回は、旦那さんが家事をしてくれるかどうか聞いてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!


家族や人間関係の悩みランキング


>>家族や人間関係の悩みランキング