ママのための悩み解決サイト
インフルエンザを予防する基本の「き」【ママ女医と娘の○○な日常 vol.25】

インフルエンザを予防する基本の「き」【ママ女医と娘の○○な日常 vol.25】

インフルエンザが流行してきました。自分を守って、家族や子どもも守る。インフルエンザ予防の基本の「き」を復習しましょう。


記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

家族がインフルエンザにかからない方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

インフルエンザが流行期に入っています。インフルエンザ予防にはワクチン接種をまずお話するのですが、生後6カ月未満の赤ちゃんにはインフルエンザワクチンをうつ事ができません。子どものインフルエンザワクチンの話は以前コラムでもお話させていただきましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

子どものインフルエンザワクチン、予防効果は?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.17】

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2121

大人も怖いインフルエンザですが、乳幼児は重症化のリスクが高いので特に注意が必要です。毎年流行するインフルエンザですが、今年は早い時期から流行が予想されています。さらに今年はワクチンが昨年より製造量が少ないことがわかっており、不足することが懸念されています。今回はワクチンの話を中心に書きたいと思います。

ワクチン接種・接種しないに関わらず、赤ちゃんのインフルエンザの予防法の一番重要な事は「家族が家庭内にインフルエンザを持ち込まないこと」になります。特に集団生活を送っていない赤ちゃんであれば、これは特に効果的な予防法になります。

ですので、今回は「家族がインフルエンザにかからないように頑張る」方法についてお話致します。要するに、自分がインフルエンザにかからないためのお話ですね。赤ちゃんがいないご家庭でも役立ちますよ。

「そんなの何回も聞かされたし、知ってるよ!」という耳タコ話かもしれませんが、どうかおつきあいください。

インフルエンザの予防法はこれだ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは、家族がインフルエンザにならないためにできるきちんとした予防法にはどんなものがあるでしょうか。

• インフルエンザワクチンを接種する
• 手洗いをこまめにする
• マスクをつける
• 人ごみを避ける
• 目や鼻、口に手を触れない様にする(付着したウイルスが、目や鼻、口など触った場所から侵入して感染を起こす事があります)

残念ながら「○○するだけでインフルエンザを予防できる」というような完璧な方法は存在しません。インフルエンザはいろんなところから感染する可能性があります。自分ができるところから、取り組んでみてください。

インフルエンザワクチンを接種する

インフルエンザの予防の第一歩は「インフルエンザワクチン」になります、今年は生産量が昨年度よりも少ない事もあり、接種したいのにまだ接種できていない方もいるかもしれません。年末年始で人の移動が多いため、各地でインフルエンザが広まる事が予想されます。徐々にワクチンも供給されていますので、一度医療機関にお問い合わせください。

インフルエンザワクチンの効果が出るのは、接種後2週間ほど経ってからになります。正月過ぎてからの流行に備え、早めの接種をおすすめします。

手洗いをこまめにする

手洗いも有効です。インフルエンザウイルスにはアルコール消毒も有効ですので、手洗い後の仕上げや、手洗いができない時にはご活用ください(ただし、アルコールはノロウイルスなどの病原体には効果が不十分ですので、基本は手洗いだと思っていてください)。

マスクをつける

マスクは飛沫感染を防ぐ可能性があります。人ごみにでかける時には使い捨てのマスクを、できるだけ隙間がないようにきっちりと着用してみましょう。鼻を出さないように気をつけて。

人ごみをさける

人が多いところに行けば、誰かがインフルエンザにかかっています。と思っていてください。特に咳やくしゃみをしている人からは距離をおきましょう。咳で1〜2mほど、ウイルスを含むしぶきが飛びます。

目や鼻、口に手を触れない様にする

手には知らない間にウイルスが付着しています。付着したウイルスが、触った場所から侵入して感染を起こす事がありますので、触らないように気をつけましょう。そして手洗いを忘れずに!

インフルエンザにかかった場合は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、万が一インフルエンザに感染した場合は、家庭内で家族や周囲の人にインフルエンザをうつさないように注意する必要があります。これも大切な予防法です。特に子どものお世話をする親御さんが感染した場合、以下にご注意ください。

・咳エチケットを守る(咳やくしゃみをする時には、ティッシュなどで口や鼻を覆う)
※また、その後はきちんと手を洗いましょう。どうしても手が洗えない場合は、アルコール消毒する手もあります。

・マスクをつける

・できるだけ子どもと接触しないようにする

・子どものお世話をする前には手洗いをしっかりとする

特に、マスクは感染を広げるのを防ぐのに効果的です。お世話をする時にはマスクをし、咳やくしゃみをする時にはマスクの隙間から漏れないように、しっかりとティッシュなどで塞いでからするようにしましょう。手洗いも忘れずに!

症状が治まってからもインフルエンザは感染力があります。症状がある間〜治まってからも24時間程度注意が必要です。油断せずに子どもと接するようにしてあげてください。また、医療機関を受診して投薬その他の指示を受けた場合は、その指示に優先して従ってくださいね。

●厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

「自分を大切にしてあげる事」も大事な予防法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年末年始、クリスマスにお正月、いろいろなイベントも重なり、どうしても忙しくなってきます。上記の予防法に加えて、「しっかり食べる」「しっかり眠る」「しっかり休む」これを心がけてほしいなと思います。

インフルエンザを含む風邪、これを治す基本も「食べて休む」、予防の基本も同じです。疲れをためすぎない、ちゃんと食べて、しっかり休む。自分を大切にしてあげる事、これも大切な予防法ですよ。大変な時期と思います。無理をしすぎず、家族で楽しい年末年始が送れますように。


(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

最初の離乳食には10倍粥を作るようにと言われますよね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も離乳食初心者である場合は作り方に戸惑うこともあるかもしれません。今回は10倍粥の簡単レシピから、炊飯器やブレンダーなどを利用した時短技など、ママが活用できそうな離乳食のアイデアについて調べてみました。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんにも重要な食育!乳児期・幼児期の食事のポイントは?

赤ちゃんのうちから始めたい食育、離乳食をきっかけに気になっているママもいるのではないでしょうか。生活に密着している食育は、難しい専門知識がなくても簡単に子どもに伝えることができます。乳幼児期や幼児期に取り入れたい、食育方法や注意点などをご紹介します。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。


【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

赤ちゃんのおむつはどんなときに替えるのでしょうか。赤ちゃんの肌は敏感なのでむれてかぶれてしまわないか気になるひともいるでしょう。ここでは、おむつ替えのタイミング、回数、やり方、コツについて詳しく解説していきます。


【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

赤ちゃんは、夜中も構わず起きたり泣いたりするもの。そんな赤ちゃんのお世話をするママも睡眠不足になったり疲れてしまったり…。どうして寝てくれないの?いつになったらまとまって寝てくれるの?と、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。今回は、赤ちゃんの睡眠の特徴や睡眠時間を整えるコツについてご紹介します。


【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)は、総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。どれも珍しい病気ではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では、夏場によくかかる感染症として心配になりますよね。そんな夏風邪の一つ、ヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう!