ママのための悩み解決サイト
子どものおもちゃを上手に収納するコツとおすすめアイテムは?

子どものおもちゃを上手に収納するコツとおすすめアイテムは?

小さな子どもがいるとおもちゃの数が増えてきて、収納に困ることがあります。おもちゃは子どもにも片付ける習慣を付けさせたいと思うものでしょう。子どもにとって使い勝手がよく、片付けしやすい収納方法を紹介します。おもちゃの収納選びで迷っている方は参考にしてみてください。


赤ちゃんが片付けないのは仕方ない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもにおもちゃの片づけをさせたいと思っても、何歳から片付けができるかは疑問でしょう。最初から片づけを完璧にさせるのではなく、遊びながら徐々に慣らす方法を見つけてください。

遊ぶのが仕事

赤ちゃんは遊ぶのが仕事で、遊びを通していろいろなことを学んでいきます。おもちゃに触れて、舐めて、投げたり積んだりといろいろな遊びで経験を積み重ねているのです。赤ちゃんにとって遊びは重要なことですから、片付けばかりに気を取られないようにしましょう。

徐々に習慣を身につけさせる

赤ちゃんはいきなり片づけを覚えることはできません。パパやママの真似をしながら、少しずつ習慣になっていきます。片づけができたら褒めてあげて、少しずつ取り組んでいきましょう。ちょっとずつやることで自然と身についていき、苦しい思いも少なく習慣化されていくはずです。

片付けるのも楽しくなる様に

子供にとって片付けは楽しいことではありません。片付けも遊びのひとつとしてなら、喜んで片付けてくれます。どっちが早く片付けられるかゲーム形式にして、ポンポン入れるだけの収納なら子どもも取り組みやすいでしょう。

おもちゃの収納アイディア

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おもちゃの収納で迷ったら、種類別に使い分けてみてはどうでしょうか。3歳くらいになると分類ができるようになり、所定の場所に片付けられます。

おもちゃを種類別に収納

置き場所に困るぬいぐるみは、ハンモックに寝かせてあげるように収納すると便利です。シルバニアファミリーのように細かい物が多いおもちゃは、見せる収納で解決できます。フィギュアが好きな男の子には、大型のコレクションケースを購入し並べる収納が便利です。お風呂場のおもちゃは洗濯ネットをフックで吊り下げると、水がたまらずカビが生えません。このように、おもちゃの種類によって適切な収納場所を作ってあげると、一緒に楽しく片付けられるようになるでしょう。

ミニカーの収納アイディア

100均で売られている仕切り付きの木箱を並べて、ミニカーを見せる収納にしてみてはいかがでしょうか。使ったら駐車させることを教えてあげれば、きっと子どもも喜んで片付けしてくれるはずです。100均で売られている重ねられる書類トレーも、ミニカーの駐車場にピッタリです。男の子のお子さんがいるご家庭はぜひ試してみてください。

移動可能なキャスター付き収納

市販のキャスター付きプラチェストなら、移動も楽でお片付けやすくなります。半透明でおもちゃが見えるため、引き出しの裏に紙や布を貼ると目隠しとなり、リビングにも置けて便利です。

どれがおすすめ?おもちゃを収納するアイテム

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの用のおもちゃ入れで迷ったら、次のようなアイテムを活用してみましょう。どれもプチプラなものばかりで、万が一壊れても買い替えしやすい商品ばかりです。

IKEAのTROFAST

インスタグラムでアップしている人も多く、おしゃれなのが魅力の収納家具です。木製のユニットに、引き出し式のプラスチックケースを組み合わせて使えます。ケースはカラーが豊富で、子どもの好みに合わせて選べるのが特徴です。シンプルなホワイトを選べば、リビングに子ども用家具が置けます。

ニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックスは大きさが多数売られており、2段タイプならちょうど子どもの目線で使いやすくなっています。インナーボックスも売られているため、投げ入れるだけの収納で子どもにも使いやすいでしょう。子どもが使わなくなったらベンチやキッチンカウンターにリメイクすることもできます。

Seriaのplenty box

紙製で組み合わせて使えるのが魅力の収納ボックスです。インテリアにもなじむ柄ですから、おしゃれなママも納得のデザインでしょう。100円だと思うと惜しみなく買えて、必要に応じで買い足しもしやすい商品です。

100均で見つける

ぬいぐるみがたくさんあるなら、100均のワイヤーネットとフックを購入し、壁面収納にしてみましょう。バラバラになりやすいジグソーパズルは、ジッパーが付いたファイルに入れると便利です。100均のプラスチック製ファイルケースは、ミニカーやプラレールがちょうど入ります。キャンドゥで売られているペーパーバッグは、おもちゃをポンポン入れられて便利です。

女の子で細かなパーツがたくさん増えるなら、仕切りが付いたクリアケースに小分けしてあげましょう。ビーズやレゴパーツも、クリアケースに入れると分類しやすくなります。100均の木製ディッシュスタンドは、壁に並べて使うと、男の子が大好きなフィギュアの腕が引っ掛かりちょうどいい収納になります。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの用のおもちゃを収納するアイディアは、家庭に合わせて選んでみてください。プチプラが嬉しいインテリア家具から100均まで活用しながら、子どもが使いやすい収納家具を選んであげましょう。遊び心のある収納なら子どもも喜んでくれるはずです。

関連する投稿


0~2歳●子どもへのクリスマスプレゼント選び【ママ女医と娘の○○な日常 vol.23】

0~2歳●子どもへのクリスマスプレゼント選び【ママ女医と娘の○○な日常 vol.23】

そろそろクリスマス、小さい子のクリスマスプレゼント、何にするか悩みませんか?。子どもがある程度大きくなってくると、あれが欲しいこれが欲しいと要求してくれるので、ある意味楽なプレゼント選びですが、子どもが小さいうちは結構迷いませんか?今回は我が家で過去にあげたクリスマスプレゼントをご紹介します。


洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

スーパーやドラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

子供がいる家庭では、布団のダニが気になるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、布団クリーニングです。一度も布団をクリーニングに出したことがないと、どんな風に洗ってくれるのかはわからないでしょう。布団を洗う際の費用や注意点を紹介します。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

スーパーやドラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。


部屋をオシャレにしてくれるアイアンシェルフとは?

部屋をオシャレにしてくれるアイアンシェルフとは?

おしゃれなインテリアにこだわりたい方は、今じわじわ人気が出てきている、アイアンシェルフを活用してみましょう。最近人気なのがアメリカの田舎を思わせる、古びた印象のアイアン家具です。新たに棚を設置してみたい方に、アイアンシェルフとは何なのか紹介します。


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができないと思っている人には、ある特徴を持っています。片付けられないと感じるなら、その原因を理解してみましょう。物を整理するにはコツが必要で、そのポイントさえわかってしまえば簡単なのです。整理整頓ができる人になるコツを紹介します。