ママのための悩み解決サイト
衣装ケースにはどんな種類がある?おすすめの衣装ケース10選

衣装ケースにはどんな種類がある?おすすめの衣装ケース10選

押し入れやクローゼットの収納に便利なのが、自由に組み換えできる衣装ケースでしょう。でも初めて衣装ケースを買う方にとって、たくさんの種類が売られているため、どれを選んでいいかは迷ってしまうものです。そんな方が知っておきたい衣装ケースの選び方を紹介します。


洋服の整理には衣装ケースが必須

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

衣装ケースにも種類がたくさんあるため、使いたい場所によって選んでみましょう。洋服に合わせて使い勝手のいい衣装ケースの選び方を解説していきます。

衣装ケースの種類は?

衣装ケースは1つずつが個別になっていて積み重ねて使えるタイプと、チェストになっている数段組み合わされたタイプがあります。チェストタイプは天板が付いていて、インテリアに馴染むデザインも買うことが可能です。

そしてサイズは押入れタイプとクローゼットタイプに分かれています。押入れタイプは奥行きが長く、クローゼットタイプは奥行きが短いのが特徴です。押入れ下に入れるタイプでは、コロコロが下に付いていて上から蓋をかぶせるタイプもあります。素材はプラスチック製が一般的ですが、段ボール製や不織布タイプなど使うシーンに合わせて選びましょう。

実用的な衣装ケース10選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どの場所にどの衣装ケースを選んでいいか迷ったら、次のように選択してみましょう。実用的な衣装ケースをシーンごとに紹介します。

適した衣装ケースを選ぼう

1・子ども用衣類を入れる高さ

衣装ケースには18、23、30、35cmと高さが多数売られています。深いと物がたくさん入って便利だと思い購入すると、実はとても使いづらいことがあるのです。子どもの衣類はコンパクトなサイズのため、一番小さい18cmで十分対応できます。大人用の普段着でも23cmで対応できるため覚えておきましょう。

2・30cmの深さの衣装ケース

30cmの衣装ケースは大判のシーツ、タオルケットなど寝具に適しています。高さがある程度必要となるバッグの収納にも使えるタイプです。これらの用途が無ければ必要ありません。

3・チェストタイプに注意

安価なチェストだと引き出しがフルオープンになりません。最後が引っ掛かるようデザインされたものだと、奥に入れた衣類が見づらいのです。結局デッドストックとなる可能性もあるため、普段使いするならフルオープンできるものを選びましょう。

4・衣装ケースを重ねる

押入れのように衣装ケースを重ねて使う予定の方は、フィッツシリーズのように丈夫なものを選んでください。フィッツシリーズが他社のものと比べて高価なのは、数十年使ってもゆがみにくいしっかり素材を使っているからです。

5・コスパで選ぶ

フィッツに比べると強度は劣りますが、ニトリはそこそこの耐久性でコスパがいいのが魅力です。子供部屋で短期間しか使わない場合や、とにかく量を重視するときに便利でしょう。

6・子どもがいる家庭なら買い足ししやすいもの

家族が増えると衣装ケースも買い足ししなければなりません。何年も同じシリーズが売られているものなら、途中で買い足しができます。フィッツ、無印、ニトリなら大きくデザインが変わらず便利です。

7・リビング用ならニトリ

天板が木製となっているニトリのプラチェストなら、リビングや子ども部屋にも置けます。天板がしっかりとしたつくりのため、上を棚代わりにもできます。

8・長く使える個別のもの

チェストタイプを購入すると、引っ越したときにサイズが合わず使えなくなる可能性があります。個別になっている衣装ケースなら、部屋のサイズに合わせて組み換えができて便利です。長く使うなら1個ずつ分かれているものを選びましょう。

9・布団を乗せる

押入れに衣装ケースを入れて、その上に布団を乗せる予定なら、強度のチェックをしましょう。フィッツのユニットタイプなら、補強版が入っているためたわみません。

10・デザイン性なら無印良品

シンプルでインテリアにもなじむデザインが受けているのが、無印良品の衣装ケースです。強度は少し弱めなので、積み重ねない収納に使ってみましょう。

PP衣装ケース引出式深2個組

¥3418(税込)

(2017/12/5 時点)

自作でケースをお洒落に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

衣装ケースがシンプル過ぎて寂しい、自分の部屋に合わないという場合は、diyで自分流にアレンジしてみましょう。市販のアイテムを使って可愛く作り替えることができます。

中が透けてしまう

衣装ケースの多くは半透明タイプで、中身が見えてしまうのがデメリットです。そのためリビングに合わず、子どもがいるとカラフルなおもちゃが丸見えということもあるでしょう。

マリメッコで目隠し

女性に人気があるマリメッコの布を使って、衣装ケースの表面をアレンジしてみましょう。マリメッコは可愛い柄が多く、女の子がいる家庭にもおすすめの柄です。

100均にも売っている目隠し

もっと手軽にリメイクしたい方は、100均のマスキングテープを横に数段貼るだけでおしゃれな目隠しになります。リメイクシートも売られていますから、購入してみましょう。1枚100円だと思えば惜しみなく使うことができます。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

衣装ケースはサイズが意外と重要です。大は小を兼ねるというわけにはいきませんから、適したサイズを選んでみましょう。長く使うつもりなら、安さだけで選ばず、耐久性と価格が釣り合っているかも比較してみてください。

関連するキーワード


ライフスタイル 100均

関連する投稿


0~2歳●子どもへのクリスマスプレゼント選び【ママ女医と娘の○○な日常 vol.23】

0~2歳●子どもへのクリスマスプレゼント選び【ママ女医と娘の○○な日常 vol.23】

そろそろクリスマス、小さい子のクリスマスプレゼント、何にするか悩みませんか?。子どもがある程度大きくなってくると、あれが欲しいこれが欲しいと要求してくれるので、ある意味楽なプレゼント選びですが、子どもが小さいうちは結構迷いませんか?今回は我が家で過去にあげたクリスマスプレゼントをご紹介します。


洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

スーパーやドラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

子供がいる家庭では、布団のダニが気になるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、布団クリーニングです。一度も布団をクリーニングに出したことがないと、どんな風に洗ってくれるのかはわからないでしょう。布団を洗う際の費用や注意点を紹介します。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

スーパーやドラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。


部屋をオシャレにしてくれるアイアンシェルフとは?

部屋をオシャレにしてくれるアイアンシェルフとは?

おしゃれなインテリアにこだわりたい方は、今じわじわ人気が出てきている、アイアンシェルフを活用してみましょう。最近人気なのがアメリカの田舎を思わせる、古びた印象のアイアン家具です。新たに棚を設置してみたい方に、アイアンシェルフとは何なのか紹介します。


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができないと思っている人には、ある特徴を持っています。片付けられないと感じるなら、その原因を理解してみましょう。物を整理するにはコツが必要で、そのポイントさえわかってしまえば簡単なのです。整理整頓ができる人になるコツを紹介します。