ママのための悩み解決サイト
フォローアップミルクは必要?飲ませ方や人気ランキングを紹介!

フォローアップミルクは必要?飲ませ方や人気ランキングを紹介!

「牛乳を飲まない子にフォローアップミルクは必要?」「いつまで飲ませる?」と悩み中のママも多いでしょう。今回、飲ませ方や離乳食レシピに応用する方法をお伝えするとともに。母乳や牛乳との違い、人気ランキングトップのステップやぐんぐんの比較情報、下痢やアレルギー体質にも対応した種類もご紹介します。


牛乳や母乳との違いなどフォローアップミルクの基礎情報

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ベビーグッズのお店などでフォローアップミルクのサンプルを貰ったことがあるママも多いでしょう。名前だけは知っているものの、具体的な用途や詳しい成分までご存知のママは少ないようです。

そもそもフォローアップミルクとは

フォローアップミルクとは、離乳食などの食事では不足しがちな栄養を与えるための粉ミルクです。離乳食を食べるようになっても、食べむらが激しい時期なので、栄養を満遍なく補うのは簡単ではありません。

配合成分はメーカーによって異なりますが、カルシウムやビタミン、鉄分、脳の働きをサポートするDHAなどがよくブレンドされています。アレルギーが出にくい材料を厳選していますし、美味しく飲めるよう味付けにも工夫されている特徴も見逃せません。

アレルギーや牛乳を飲まない赤ちゃんにもおすすめ

牛乳とフォローアップミルクにはどんな違いがあるのでしょうか。
牛乳は、離乳食で補い切れない栄養を与えるのにちょうど良い飲み物で、メリットがたくさんあります。無調整牛乳は無添加で安心感も高く、スーパーですぐ買えるのも魅力です。お湯で割る手間暇もかかりません。

タンパク質やカリウム、マグネシウムなど栄養も豊富で値段も安く、大人も一緒に飲むことができるのもメリットの1つです。ただ、含有成分のリンや鉄分の影響で、飲み過ぎると他のミネラルの吸収率が悪くなる性質に気をつけなければなりません。

また、アレルギーが出やすいのがネックで、味が苦手な子どもにはフォローアップミルクが良いでしょう。どちらが優れていると言うことではないので、必要に応じてうまく使い分けましょう。フォローアップミルクは味やアレルギーの問題で牛乳を飲まない、飲めない赤ちゃんにとっても頼りになるサポート飲料です。

母乳派にもフォローアップミルクは必要?必要ない?

母乳をしっかり飲んでいて離乳食もきちんと食べているようなら、必ずしもフォローアップミルクを与える必要はありません。もちろん母乳や離乳食だけでは補いにくい栄養素を選んでブレンドしているので、食生活をフォローするために飲ませることは何の問題もありません。

徐々に卒乳、断乳に向けて授乳回数を減らしている時期に、フォローアップミルクをうまく活用しているママも大勢いらっしゃいます。1歳未満でまだ牛乳を飲ませたくない時も、フォローアップミルクが役立つかも知れません。

いつからいつまで?フォローアップミルクの飲ませ方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フォローアップミルクの飲ませ方、飲ませる時期についてお話します。

1歳前から飲ませられるフォローアップミルクの魅力

牛乳はアレルギーの問題もあるので、1歳を過ぎてから与えるママが大半です。その点、フォローアップミルクは生後9カ月を過ぎた頃から使い始めることができます。大体離乳食が3回食べられるようになったら、フォローアップミルクをあげてもOKと判断できます。

あくまでも離乳食をサポートする飲み物でメインディッシュにはなりませんが、あまり量を食べてくれない赤ちゃんの貴重な栄養源になることも。ほとんどの場合、牛乳を飲めるようになる1歳以降、フォローアップミルクを卒業しますが、長いと3歳ぐらいまで愛飲するケースもあるようです。

量やタイミングなど飲ませ方の基本

フォローアップミルクの飲ませ方はメーカーによって異なりますが、1歳未満の赤ちゃんなら、1回150mlほどのフォローアップミルクを食後やおやつのタイミングで与えてみて下さい。哺乳瓶でもコップやマグでも構いません。

1日400~600mlが適量の目安で、子どもが欲しがっても与え過ぎはNGです。栄養分が多いので、過剰摂取すると栄養過多になり、肥満の原因にもなりかねません。肝心な離乳食を食べなくなってしまう可能性もあります。メーカーが表示している目安も参考にしながら、赤ちゃんの成長に応じて適量をあげましょう。

フォローアップミルクを使った離乳食レシピも多数

フォローアップミルクは、そのまま飲ませるだけではなく、離乳食レシピに活用することもできます。プレーンな味のフォローアップミルクなら、お粥に入れるだけでミルク粥にアレンジすることができますし、プリンやパン、スープに入れるのもおすすめです。混ぜるだけで味も美味しくなり、栄養素も高くなるので、常備しておくと役に立つ場面が増えるかも知れません。

主要メーカーを比較!ランキング上位のフォローアップミルク

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんなフォローアップミルクが売れているのでしょうか。ランキングトップのメーカー、比較ポイント、魅力について迫ります。

ステップやぐんぐんなど売れ筋フォローアップミルク

特に人気があるフォローアップミルクをご紹介します。

■和光堂フォローアップミルク ぐんぐん(300 g)

リーズナブルな価格でバランス良く栄養素が入っているので、お試し感覚で買い求めやすいミルク。老舗メーカーで安心感も抜群です。あっさりした無難な味なので、母乳や粉ミルクからスムーズに切り替えやすいと評判です。

和光堂フォローアップミルク ぐんぐん300g

¥ 753

(2017/11/10 時点)

■明治ステップ(16 袋)

毎回軽量しなくて良い明治オリジナルのキューブ技術を採用。視覚の発達に良い影響を与えるDHA、神経系に効果的な葉酸など、牛乳や普段の離乳食では補いにくい栄養素がたっぷり入っています。普通のパウダー状のミルクもあるので、使いやすい種類を選びましょう。

明治ステップ820g

¥ 1,720

(2017/11/10 時点)

■アイクレオのフォローアップミルク(820 g)

他のメーカーと比べると若干甘めのテイストが特徴的です。栄養面では、免疫力アップに効果を発揮するヌクレオチドがたっぷり配合されているところがポイント。風邪をひきやすい赤ちゃんに。

アイクレオのフォローアップミルク 820g

¥ 2,137

(2017/11/10 時点)

■ビーンスタークつよいこ小缶(300 g)

甘味を抑えた味で、赤ちゃんのおやつの糖分を気にしているママにも人気。基本的な栄養素を含み、価格も良心的です。衛生的に容器を保つため、缶の側面に抗菌加工している工夫も見逃せません。

ビーンスタークつよいこ(小缶) 300g

¥ 799

(2017/11/10 時点)

乳糖で下痢をする赤ちゃんでも安心して飲める種類

普通の粉ミルクでもフォローアップミルクでも下痢をする場合、乳糖不耐症かも知れません。乳糖不耐症の赤ちゃんは、小腸のラクターゼの働きに問題を抱えている影響で、牛乳や粉ミルクに入っている乳糖を吸収することができません。その結果下痢などの症状が出ます。

乳糖除去ミルクを飲ませて下痢を起こさないようなら、乳糖不耐症の可能性大です。乳糖が入っていないフォローアップミルクは今のところありませんので、次に紹介する乳糖を除去した粉ミルクを使ってみましょう。

〈乳糖不使用の6種の粉ミルク〉

明治ミルフィーHP 850g

¥ 3,247

(2017/11/10 時点)

森永 ノンラクト 300g

¥ 1,244

(2017/11/10 時点)

森永 ニューMA-1 大缶 800g

¥ 3,620

(2017/11/10 時点)

森永 MA-mi 800g

¥ 2,950

(2017/11/10 時点)

ボンラクトアイ 360g

¥ 1,017

(2017/11/10 時点)

ビーンスターク ペプディエット 350g

¥ 1,803

(2017/11/10 時点)

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フォローアップミルクについて飲ませ方やいつまで飲ませれば良いのか、基本的な情報をお伝えしました。特に母乳派のママの間では「必要?必要ない?」と議論になることが多いフォローアップミルクですが、牛乳アレルギーのある子ども、味が苦手で飲まない子ども、離乳食を少量しか食べられない時の栄養補給に役立ちます。牛乳や母乳、一般的な離乳食では補いにくい栄養素がブレンドされている点が最大の違いです。

もし飲まなくて余ってしまっても、離乳食レシピに応用する方法があるので、一度試してみてはいかがでしょうか。トライアルにぴったりな少量サイズもあります。ステップやぐんぐんなど人気ランキング上位のメーカーについて比較情報、牛乳で下痢をする子ども向けの種類もピックアップしたので、参考になれば幸いです。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。