ママのための悩み解決サイト
妊娠中、インフルエンザの予防接種はすべき? 胎児への効果とは【ママ女医と娘の○○な日常 vol.16】

妊娠中、インフルエンザの予防接種はすべき? 胎児への効果とは【ママ女医と娘の○○な日常 vol.16】

今年は例年より早くインフルエンザが流行することが予想されています。周囲でも、インフルエンザの患者さんがちらほら出ています。今回は、特に注意して欲しい妊婦さん向けに、インフルエンザワクチンの話を紹介していきます。


記事の著者  
のんびり子育て中のママ女医   HAL先生
内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。
http://halproject01.blogspot.jp/
https://twitter.com/halproject00

妊婦さんが「感染症」に弱い理由

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦さんのお腹の中には赤ちゃんがいて、お母さんとへその緒で繋がっています。実は、いかに血を分けた赤ちゃんと言えども、お母さんの身体にとって赤ちゃんは「異物」。本来なら、免疫の働きで異物を排除しようとしてしまいます。しかし、ここが人体の素晴らしいところ。妊娠中は、赤ちゃんを異物と判定しないように、身体は免疫の力を調節し(免疫寛容と言います)、上手に共存状態を保っているのです。

ところが、妊婦さんは、この免疫寛容の結果、感染症に対して弱くなっているのです。そのため、非妊娠時なら大したことが無い風邪でも、悪化してしまう時もあります。

インフルエンザもそんな感染症の一つです。インフルエンザはただでさえひどい感染症ですが、妊婦さんでは更に重症化しやすいハイリスク群であることが知られています。具体的な数字でお伝えすると、インフルエンザ流行中に心肺機能が悪化して入院するリスクは、産後の女性と比較して、妊娠14〜20週で1.4倍、27〜31週で2.6倍、37〜42週ではなんと4.7倍という報告もあります。

そのため、インフルエンザのシーズンは、妊婦さんは非妊娠時と比べて特に予防に力を入れる必要があります。手洗いやうがい、人混みを避けるなどという基本的な予防法に加え、インフルエンザワクチンも“一つの選択肢”として考えて欲しいと私は思います。

妊娠中にインフルエンザワクチンは接種できるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

現在日本で行われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンで、妊娠中いつでも接種可能です。海外のこれまでの研究で、妊婦さんにも赤ちゃん(胎児)にも異常は認められていませんし、日本の国立成育医療研究センターの研究でも、妊娠中のインフルエンザワクチン接種によって、流早産や奇形のリスクは上がらないという報告が出ています。

インフルエンザワクチンには、防腐剤としてエチル水銀(チメロサール)というものが含まれているものと含まれていないものがあります。量は非常に微量であり、現在は胎児への影響はないとされています(過去に自閉症と関連があるのではないかと騒がれたことがありますが、現在は否定されていますのでご安心ください)。念のためという意味合いで、妊婦さんにはチメロサールが含まれていないワクチンを優先して接種しています。

インフルエンザワクチン接種後、効果が現れるのに2〜3週間かかります。そのため、周囲の流行状況を見る必要もありますが、流行が早いことが予測される今シーズンは早めの接種をオススメしています。

インフルエンザワクチンの効果は、生まれてくる赤ちゃんにも受け継がれる!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、お母さんが持っている免疫は、胎盤を通して赤ちゃんに受け継がれます。そして、生後半年くらいまで、お母さんからもらった抗体(移行免疫)の力で、赤ちゃんはさまざまな感染症から守られることになります。

インフルエンザも同様です。例えば、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種したお母さんから生まれた赤ちゃんは、生後6ヶ月までのインフルエンザを発症するリスク70%減少し、入院するリスクが81%減少する、という報告があります。

(詳細は私のブログ内記事「妊娠中のインフルエンザワクチン接種は生後6か月までの赤ちゃんにも効果があります」で説明しています。
http://halproject.blogspot.jp/2016/11/blog-post_10.html

生まれてくる赤ちゃんのためにも

生後6ヶ月まで、赤ちゃんはインフルエンザワクチンを接種することができません。また、いくらお母さんの免疫が赤ちゃんに移行すると言っても、ない免疫は当然受け継ぐことができません。

インフルエンザワクチンをうつことは、妊娠しているあなたやお腹の中の胎児だけでなく、生まれて来た後の赤ちゃんも守る可能性があります。インフルエンザ流行中の時期に妊娠している方、出産予定のある方は、ぜひインフルエンザワクチンを接種しましょう。わからないことや心配なことがあれば、ぜひ主治医の産婦人科の先生へご相談ください。

妊娠中、私のインフルエンザワクチン接種体験談

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私も妊娠中、インフルエンザワクチンを接種しました。流行期間中に病院で働いており、インフルエンザの患者さんと接する機会もあったため、私の中で接種しないという選択肢はありませんでした。

自分の職場で接種した際、特に防腐剤のことについては心配していなかったため何も言わなかったのですが、問診の先生が「妊娠中なので」と防腐剤の入っていない製剤をチョイスしてくれました。(お気遣いありがとうございました、○○先生)特に副反応もでませんでした。

私は風邪に弱いので、流行中は外出時は常にマスクをし、手洗いもいつも異常に丁寧に行いました。お陰で、なんとかインフルエンザのシーズンを乗り切り、無事に娘を出産することができました。

実際、出産後どうだった?

私が出産をしたのは三月の末でしたので、インフルエンザの流行のピークは過ぎた後でした。しかしもちろん春過ぎてからもインフルエンザは出ます。インフルエンザワクチンの効果もあったのか、幸い娘も生後半年くらいまで大きな感染症を起こさずに過ごすことができました。

妊婦の方へ

妊娠中の方、どうかインフルエンザにかかることなく、またもしかかってしまっても重症化することなく、無事のお産となりますことを心からお祈りしています。そして、どうか今年のインフルエンザの流行がひどいものになりませんように……。

参考サイトなど

「妊娠と薬情報センター:インフルエンザ情報(医療関係者向け) | 国立成育医療研究センター」
https://www.ncchd.go.jp/kusuri/news_med/h1n1.html

「Neuzil KM, Reed GW, Mitchel EF, Simonsen L, Griffin MR. Impact of influenza on acute cardiopulmonary hospitalizations in pregnant women. Am J Epidemiol 1998;148:1094–102.」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9850132

「山口 晃史ほか『妊娠中のインフルエンザワクチン接種の安全性』感染症学雑誌、Vol. 84 (2010) No. 4 p. 449-453」
http://ci.nii.ac.jp/naid/10026893869

「産婦人科 診療ガイドライン ―産科編 2014」
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_sanka_2014.pdf

(HAL)

※記事内の画像はすべてイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

娘4歳の誕生日プレゼント〜子どもが本当に欲しいモノ~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.39】

子どもの誕生日プレゼント、どうやって決めていますか? 親があげたいもの? 子どもが欲しがるもの? 我が家の4歳の誕生日プレゼント決めはこんな感じでした。


ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

ロタウイルスによる嘔吐下痢症が増加中【ママ女医と娘の○○な日常 vol.38】

毎年春先になると増えて来るのが乳幼児に怖いロタウイルスによる嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)です。どういった特徴があるのか? ワクチンの話と共に簡単に解説します。


【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

【離乳食の基本】10倍粥の簡単レシピ!炊飯器・レンジで時短技を習得しよう

最初の離乳食には10倍粥を作るようにと言われますよね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も離乳食初心者である場合は作り方に戸惑うこともあるかもしれません。今回は10倍粥の簡単レシピから、炊飯器やブレンダーなどを利用した時短技など、ママが活用できそうな離乳食のアイデアについて調べてみました。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


妊娠中も必須のおりものシート!妊婦さんに人気の種類は?

妊娠中も必須のおりものシート!妊婦さんに人気の種類は?

心も体もデリケートになりがちな妊娠中は、おりものの変化に悩む妊婦さんも多いでしょう。以前からおりものシートを愛用している方も、これからの使用を検討している方も、自分の肌に合ったおりものシートを利用してみることで妊娠中のストレスを軽減できるかもしれません。今回は妊婦さんにおすすめのおりものシートについて紹介していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

【医師監修】マイコプラズマ肺炎に関する5つの質問

「もしかしたら我が子がマイコプラズマ肺炎かもしれない」「マイコプラズマ肺炎になったらどうすればいいの?」…そんな親御さんが知りたい疑問にお答えしました。


【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中の1つとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあります。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。


【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10カ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。