ママのための悩み解決サイト
【医師監修】これって病気!? おりものの匂いがきつい原因と対処方法

【医師監修】これって病気!? おりものの匂いがきつい原因と対処方法

おりものの匂いに困っても、人にはなかなか聞きづらいものです。でも、周りに匂いが漏れていないか気になるし、なんとか早く治したいですよね。そこで、おりものに悩む女性へ、匂いの原因から見た解決方法をお教えします。


この記事の監修ドクター
松本レディースクリニック 松本 和紀先生
当院では体外受精など生殖補助医療を専門に行います。赤ちゃんが欲しい、妊娠したいがなかなか妊娠しないとお悩みの方ご来院ください。
http://www.matsumoto-ladies.com/

女性ならみんなが経験している「おりもの」ですが、デリケートな内容だけに、困ったことがあってもちょっと聞きづらいですよね。でも、実は量や色、匂いと、おりものについて悩みを抱えている女性はけっこう多いんです。その中でも匂いの場合、周りに気付かれていないだろうかと、特に不安が強いもの。正常なおりものでも匂いを感じることはありますが、ケア不足や病気が原因になっていることもあります。そこで今回は、おりものの匂いの原因と、自分でできる対処方法、おりものから分かる病気のサインなどをご紹介します。おりものと上手に付き合って、イヤな匂いにサヨナラしてしまいましょう。

「おりもの」って、どうしてできるの!? 

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初経から閉経まで、だいたい人生の半分ぐらいの期間を付き合うことになるおりものですが、経験中の女性でも、おりものについてきちんと知っている人はあまりいません。というのも、男女の身体や生理の仕組みのように学校の授業で習うこともなければ、デリケートな内容で普段会話にのぼるような話でもないからです。

おりものが何者であるのかを知らずに、お気に入りの下着を汚したり、ムレの原因になったりしてイヤなものだというイメージを持つ方も多いでしょう。ただ、おりものにも大切な働きがあって、もし匂いの原因が何かの異常から起きているのなら、迅速に対応しなければなりません。そこで、まずはおりものの匂いの正体を知るために、おりものがどうしてできるのかを知っておきましょう。

おりものの基礎知識

おりものは医学的には「帯下(たいげ)」と呼ばれ、女性の性器からおりてくる分泌物のことをいいます。おりものには、子宮や膣内で古くなって剥がれた細胞や、子宮頸部から出ている粘液、汗などが混じっています。たいていは無色、または若干白っぽい程度で、その性状はやや粘り気があります。

ホルモンバランスなどによって少し匂いを感じることもありますが、ほとんど無臭だといえます。おりものは女性ホルモンと密接な関係があり、初経を迎えるころから分泌され始めます。そして、妊娠や出産を迎える20、30代にピークを迎え、閉経を迎えるころには少なくなっていきます。

おりものの大切な役割

おりものには大切な役割がいくつかありますが、その1つが自浄作用になります。つまりは、おりものがあるおかげで膣の中が弱酸性に保たれており、膣内で細菌が増殖するのを防いだり、子宮内に侵入したりするのを防いでいます。また、膣内の潤いを保つことで、外部刺激に弱い膣内の粘膜を守るといった働きもしていますし、性交の際には潤滑油の役割も果たしてくれます。

さらに、受精や自然妊娠にも欠かせない働きをしています。精子は酸性に弱く、膣内が弱酸性のままでは子宮へとのぼっていくことができません。ただし、排卵期になると、おりもの内の粘液のおかげで膣内がアルカリ性へと傾き、受精への手助けをしてくれるのです。

気になる「おりもの」の匂い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりものの匂いですが、匂いには個人差があります。ただ、基本的には無臭か若干匂う程度で、通常気になるほどの匂いを感じることはありません。また、同じ人でも、年齢やホルモンバランスによって変わってきます。運動した後に汗と混じって匂いが発生したり、反対に、いつも気になる匂いが入浴後には気にならなかったりということもあるでしょう。

このように、おりものの匂いは、体質や生活習慣によってだいぶ変わってはきますが、異常がある場合には、明らかに強い匂いになったりもします。そこで、自分の調子が良い時の匂いを知っておいて、変化に早く気付けるようにしておきましょう。また、一般的にはどのような匂いが正常とされているのかも知っておくと、異常に素早く気付くことができます。

生理周期によっても変わるおりものの匂い

普段はほぼ無臭か若干匂う程度のおりものですが、排卵前後や生理前後には匂いが強めになることもあります。排卵前後では、受精を助けるためにおりもの自体の分泌量が増えるため、蒸れやすくなったり、汗をたくさんかいたりして、酸っぱいような匂いを感じることもあります。生理前後では、月経血が混ざって出てくることもあるため、普段と違う匂いを感じることもあります。

排卵期も生理も定期的にやってくるのですから、生理周期のどの時期にどのような匂いがするのか、自分の感じ方を知っておけば、正常の範囲内なのかどうかが判別できるようになります。また、季節によっても違いがあって、夏場になると匂いがこもりやすくなって強めに感じたりもするので、その点も注意しておきましょう。

「おりもの」がきつく匂う原因は……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりものの匂いが気になると、仕事にも遊びにも集中できなくて辛いですよね。でも、きちんと原因がわかって正しい対処をすれば、匂いも気にならなくなるので大丈夫です。ただ、間違った対応をしていると、いつまで経ってもよくならないばかりか、悪化してしまう可能性だってあります。

そこで、まずは、自分のおりものがきつく匂う原因を探しましょう。ここでは、よくある匂いの原因をご紹介するので、自分に当てはまるものがないか、ぜひ参考にしてみて下さい。ただし、病気が隠れていることもあるので、自分での原因さがしにこだわらず、早めに婦人科やレディースクリニックなどを受診することも大切です。

細菌が繁殖しやすく匂いやすい場所

おりものが分泌される膣内は、常に湿潤しています。また、膣口の周囲は排泄器官との位置も近く、細菌が繁殖しやすい環境だといえます。そういった環境の中でも、膣内にいる常在菌の一種「デーデルライン桿菌」が細菌の繁殖を抑えていてくれるおかげで、正常な状態を保っていられるのです。

ただ、おりものが付いた状態で下着を長時間放置したりしていると、尿や汗と混じって雑菌が増えやすくなります。デリケートゾーンには、アポクリン汗腺といって栄養分を含んだ汗を排泄する汗腺もたくさんあるので、その栄養をもとに雑菌がどんどん増殖していきます。おりものがきつく匂う場合、おりもの自体の匂いというよりは、不衛生になったところに雑菌が繁殖した結果として、匂いが強くでるというケースが多々見られます。

ストレスや疲れによって

仕事や人間関係などからくるストレスや疲れも、おりものがきつく匂う原因となります。もう少し詳しくいうと、ストレスや疲れによって皮膚や粘膜にいる常在菌の活動が弱まり、バリア機能が低下します。すると、普段よりも雑菌が繁殖しやすくなって、結果的に炎症を起こしたり、イヤな匂いを発生させたりします。その他、風邪を引いたり、睡眠不足であったりと、ちょっとした体調の変化が影響を与えるので、注意が必要です。

病気の可能性も

おりものの匂いのなかでも、鼻をつくような強い悪臭や魚が腐ったような匂いを感じるときには、病気が関係している可能性もあります。代表的な例として、STD(性感染症)の1種であるトリコモナス膣炎や淋菌感染症などでは、おりものに悪臭を感じます。

病気が関係している時には、おりものの匂い以外にも、量が明らかに増えたり、緑っぽい色が付いたり、性状が変わったりとさまざまな変化が現れます。匂いについてももちろんですが、量や色などについても個人差があり、調子がよいときのおりものが異常を発見する手掛かりになりますので、普段からチェックするように心掛けたいものです。

「おりもの」の匂いへの対処方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分のおりものがきつく匂う原因がわかったら、次は正しい対処法の実行です。

基本的には、清潔に保っておくことが大切なのですが、洗いすぎて逆効果になることだってありえます。自己流で洗っている方も多いとは思いますが、自分の方法が正しいのか見直してみるよい機会ではないでしょうか。また、清潔に関する考え方も個人差があるので、オリモノシートを使って配慮しているつもりでも、実はきちんと交換ができていないというケースもあります。デリケートゾーンの正常な状態を保って、きつい匂いを断ち切るということを目的に、正しい方法を実行するようにしましょう。

また、病気が関わってくると、いくら自分で対応しても改善が見込めないため、受診の必要性も視野にいれておきましょう。

基本は清潔を保つこと

おりものの気になる匂いは、不衛生な状態から発生しているものも多く、清潔を保つということが基本的かつ最も大切なケアになります。ただ、洗い過ぎは常在菌まで減らして、逆効果になりかねませんので、1日に何度も石鹸で洗ったりするのはやめましょう。基本的に膣には自浄作用がありますので、膣の中まで洗うのではなく入口の周囲を優しく泡で洗うようにします。

トイレの後にウォシュレットを使うのも効果的ですが、水分はしっかりと取り除きましょう。オリモノシートを使っている方は、デリケートゾーンの清潔を保つためには有効ですが、長時間放置すればムレの原因になりますので、汗をかく夏場やおりものが多い排卵期などは丁寧に取り換えるようにします。

自分の体調を整えよう

ストレスや疲れなども粘膜のバリア機能を低下させ、匂いの原因となりますので、自分の体調を整えることも大切です。まずは、3食バランスのよい食事をとるとか、睡眠時間をしっかりと確保するとか、基本的なことができているかどうかを振り返ってみましょう。また、体調が悪かったり、風邪をひいてしまったりした時に、しっかり休息をとるということも大切です。

まれにですが、風邪で内服した薬の影響で、皮膚や粘膜を保護してくれている常在菌の活動が弱まって雑菌が増殖するといったケースもあり、その場合は内服をやめれば自然と匂いも改善されていくでしょう。

早めの受診も大切なこと

おりものの匂いが明らかに臭く、強くなっていて病気を疑う場合や、量や色にも変化がある場合、デリケートゾーンの痒みや痛みなどを伴う場合などには、早めに専門機関を受診しましょう。また、匂いがそれほど強くなくても、長引いていると感じたり、何か気にかかることがあったりするときには、積極的な受診をおすすめします。

匂いが気になっても、誰か他の人に匂ってもらうというわけにもいきませんし、専門家から大丈夫だと一言もらえれば、ずいぶん安心できるものです。匂いというのは、どうしても自分の感じ方に左右されるので、専門家に正しく診断してもらい、必要な治療を受けるというのが改善への近道になります。

まとめ:予防を続けてつらい匂いにサヨナラを

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりもののきつい匂いの原因と対処方法は、いかがでしたか。きつい匂いというのは、自分自身もイヤだけれど、それ以上に周りに気づかれていないかが気になりますよね。いつもより少し気になる程度の匂いであれば、自分の生活習慣などを見直すことで、改善されることも多いものです。ちょっとしたことで改善されたりもするので、あまり悩まずにケアを続けてみて下さい。また、匂いが改善されたらデリケートゾーンの正しいケアを続けて、匂いの予防に努めましょう。早めの対応と予防を頑張って、つらい悩みにサヨナラして下さいね。

関連する投稿


【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

子宮頸がんは、婦人科系のがんの中では、乳がんの次に罹患率が多いがんで、最近では、20~30代の若い女性に急増しています。ここでは、子宮頸がんになる原因や、子宮頸がんの検診、治療法などについてお話していきます。


【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

妊婦健診で超音波検査を受けると、「胎児胸水」が見つかることがあります。これは、お腹の赤ちゃんの胸に水がたまっている状態のことで、適切な処置が遅れると、赤ちゃんの命に関わることもあります。ここでは、胎児胸水がどういうものなのかや、胎児胸水の予後、治療法などをお話していきます。


【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

眠っている赤ちゃんの呼吸が何秒か止まっているのを見ると、お母さんとしては、心配でたまらなくなってしまうものですが、赤ちゃんの「無呼吸」の原因は、どういったことが考えられるのでしょうか?また、病気が関係している場合は、どのような治療法があるのでしょう?ここでは、赤ちゃんの無呼吸についてお話していきます。


【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

妊娠中は、体調が大きく変化することで、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、なかでも、特に気をつけたいものの1つに「妊娠糖尿病」があります。ここでは、妊娠糖尿病がどのようなものか、妊娠糖尿病の原因、治療法などについてご紹介していきます。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

生後4ヶ月は、首のすわりが完成したり昼夜の区別がつき始める頃。お風呂やお着替えが楽になり、昼夜逆転がなくなることで、ママは育児がちょっと楽になるかもしれませんね。ただ、この時期からの新しい悩みや危険も出てきます。特徴と育児のポイントを知って、しっかり対策しましょう。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

赤ちゃんがうるさいくらいの「いびき」をかいていて苦しそう、息が荒い……。これは病気の可能性があります。今回は赤ちゃんのいびきの原因をはじめ、治療、ご家庭での防止策までを解説しました。


【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

妊婦がインフルエンザに感染した場合、赤ちゃんにはどのような影響が及ぶのでしょうか。薬の服用、ワクチン接種のそれぞれについてチェックしましょう。


育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

仕事をしている女性にとって気になることのひとつが、出産した後に取得できる育児休暇(育児休業)のこと。産まれたばかりの赤ちゃんを育てるために育休という制度があることは知っているものの、具体的な内容までは知らないという人は多いでしょう。育休の仕組みについて、詳しくご紹介します。


働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

もし出産後も仕事を続けたいと考えているなら、育児休業の制度を知っておきましょう。出産後、スムーズに職場復帰を果たすためにも、育児休業を上手に利用したいものです。今回は、育児休業を取得する際の手続きについて、必要な書類の一つ「育児休業等取得者申出書」を軸にまとめてみました。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

妊娠の兆候を感じるのは、体温が高いことがきっかけになる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化が現れるのが「体温」です。