ママのための悩み解決サイト
産後の便秘、簡単にケアしたい! すぐにできる3選【産後の不調 #2】

産後の便秘、簡単にケアしたい! すぐにできる3選【産後の不調 #2】

産後は、体のさまざまなところに不調が出てしまいがち。なかでも便秘は多くのママが悩まされているようです。今回も、漢方美容家で美のスペシャリストである余慶さんに便秘対策について聞いてみました。


この記事を執筆した専門家
美容コンサルタント&韓方(はんばん)薬膳料理専門家  余慶尚美さん
セラピストとしてリンパドレナージュサロン「Flow」を主宰後、美容コンサルタントとして活躍中。韓国にて、日本人初の「大韓薬膳料理専門家」として認定され、 2017年8月には、薬膳おやつ「補巡排(ほじゅんはい)なつめチップス」をプロデュース、新しい東洋のスーパーフードとして大きな注目を集めている。
https://ameblo.jp/yokeinaoko/

産後、ママの悩みあるある CASE.2

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


もともと妊娠中から便秘がちだったのですが、産後はさらにひどくなりました。いつもお腹がすっきりせず、ずっと悩んでいます。授乳中なので、なるべく薬にも頼りたくないし、何かいいケアはありますか?

便秘が続くと、悪循環!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

便秘、辛いですよね…。便秘になると消化機能が下がり、食べた物をしっかりと栄養に変えることができません。授乳中のママは赤ちゃんのためにも、かなりお疲れモードの自分のためにも便秘を解消して消化機能を回復させ、元気の素を作ることが大切です。また便秘の状態が続くと、妊娠中に増えた体重や体型戻しにも時間がかかってしまうと考えられています。

今回は、そのような悪循環を作らないためのケア法をご紹介します。

腹式呼吸

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは大きく腹式呼吸をし、大腸の動きを刺激していきます。横隔膜を上下に動かすことで、腸の動きを刺激し、便のスムーズな排泄にとても効果的です。できるならば、下腹部を意識しながら「肛門をすぼめ、開く」をくりかえしましょう。

お腹のリンパドレナージュ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リンパドレナージュとは「リンパ排出法」という意味。排泄機能の大きな役割を果たしているリンパの流れを良くして、デトックスしていこうというマッサージ法です。

リンパはカラダの「末端」から徐々に集められ、下半身なら『そけい(パンティライン)』部分、上半身ならワキの下など、それぞれの大きなリンパ節を通り、最終的には「両鎖骨下の静脈」と合流します。

基本的な『全身のリンパドレナージュ(リンパ排出法)』のやり方は、最終の出口、両鎖骨下リンパ節にまずはアプローチし、そこから近い場所から『ドレナージュ(排出)』を行います。つまり、出口に近いところから流すことで全体の巡りをスムーズにしてあげます。

マッサージ方法

食べたものは24~72時間かけ食道、胃、小腸、大腸、肛門とカラダの外に排出されます。これを高速道路に置き換えてみましょう。高速道路の「最終出口」がつまると「途中」をいくら流しても結局のところはつまっちゃうというように、肛門に近いところ「出口」ケアこそが、スムーズな排泄には大切。

つまり、肛門の手前である左下腹部 (S字結腸)から刺激していきましょう。よく腸の動きに合わせて“時計周りに”マッサージというのは聞いたことがあるかと思いますが、この基本は変わらず、ただ、刺激する準番が出口(肛門)に近いところから反時計周りにするということだけです。刺激を与える順番は反時計周りでも、必ず力を入れる方向は腸の動きに順行に圧をかけていきます。

図のように、8分割くらいに分けて、刺激を与えてみましょう。

親指以外の指で強く圧を腸の動きに合わせてかけ、一ヵ所を3回くらい繰り返します。こちらを①~⑧まで1回行ったら、今度は、⑧から①へと通常に大きく円を描くように、お腹に圧をかけながら一気に擦ってみてください。

大腸を正しく刺激したいならば、おへそ周りをマッサージするのではなく、わき腹に近いところから大きい円をイメージしてやってみてくださいね。

お尻を温める

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お尻といっても、尾てい骨あたりにある仙骨辺りを温めるのも便秘解消には効果的です。尾てい骨あたりは、ちょうどお尻の割れ目のはじまりから腰のあたり一帯を指すと思っていただいて構いません。仙骨あたりには、内臓神経が集中しており、昔から「冷えには仙骨にお灸」言われるように血流改善には大事なところです。血流改善によってお腹が温まり、便の排泄がスムーズになります。

仙骨からは骨盤内蔵神経という副交感神経がお腹中にめぐらされており、内臓機能を促進し、全身の血流改善に密接に関わっています。東洋医学的にも、仙骨の上には、代謝、婦人科系を司るところと言われているので、仙骨周りの筋肉をほぐしたり、お風呂にじっくり入って温めたり、また、カイロなどで温めるのも便秘解消にはいいでしょう。


今回ご紹介した3つのケア法はどれも簡単なものです。ぜひ、お気軽に試してみてくださいね。


(余慶尚美)

関連する投稿


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんだって便秘をします。便やガスでお腹が張れば、気持ちが悪いのは赤ちゃんも大人も同じ。今回は、赤ちゃんの便秘対策として、「お腹のマッサージ」「綿棒浣腸」のやり方をご紹介します。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!


インフルエンザを予防する基本の「き」【ママ女医と娘の○○な日常 vol.25】

インフルエンザを予防する基本の「き」【ママ女医と娘の○○な日常 vol.25】

インフルエンザが流行してきました。自分を守って、家族や子どもも守る。インフルエンザ予防の基本の「き」を復習しましょう。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内でも子どもが思い切り遊べる室内用ジャングルジム。運動することで体力づくりにもなり、人気があります。そんな室内用ジャングルジムは何歳くらいから遊べるのか、購入に関しての注意点をまとめました。おすすめの室内用ジャングルジムも紹介します。


ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

離乳食作りは子どもが食べやすいように、柔らかく煮込んだり刻んだりして作るので意外と手間と時間がかかります。そのひと手間の軽減に役に立つのがハンドブレンダー。ハンドブレンダーを離乳食作りに使うコツや、選び方のポイントなどを紹介します。