ママのための悩み解決サイト
【医師監修】網膜剥離の症状と原因は?  治療から予防まで

【医師監修】網膜剥離の症状と原因は? 治療から予防まで

「網膜剥離」とういと、ボクシングで目にパンチを受けるなど、特別な人だけに起こる病気だと考える人もいるかもしれません。しかし、強度の近視や加齢も原因になるので、誰にでも起こり得る可能性があります。ここでは、網膜剥離になったときに、いち早く異変に気づくために、その自覚症状についてお話していきます。


この記事の監修ドクター
後藤聡 先生
東京慈恵会医科大学医学部卒業、東京慈恵会医科大学大学付属病院にて勤務。専門は眼科疾患の中でもナミダ目の治療です。特に直径1㎜の極小内視鏡を用いた低侵襲手術の発展と開発を行っています。
日本涙道涙液学会 理事、日本眼科学会専門医・専門指導医、日本臨床眼科学会、日本眼科手術学会。医師+(いしぷらす)所属。

網膜剥離とはどんな病気なの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

網膜って何?どんな働きをするの?

「網膜」は、目の奥一面に広がる薄い膜状の組織。目の仕組みは、よくカメラの構造に例えられますが、網膜はカメラで言えば、フィルムに相当する場所です。目の中に入ってきた光は、網膜に到達して像を結び、ここで電気信号に変えられ、視神経を通って脳へと伝えられることで、私たちは、ものを見ることができます。

網膜剥離とは

網膜は、光を吸収して電気信号に変換する視細胞が集中している「神経網膜」と、神経網膜の働きを助ける「網膜色素上皮」の2層で成り立っています。通常なら、この2つの層は、ぴったりとくっついているのですが、何らかの理由で剥がれてしまった状態が「網膜剥離」です。

網膜の外側には、毛細血管が張り巡らされた「脈絡膜」があり、神経網膜の視細胞は、この脈絡膜から網膜色素上皮を通して、栄養を受け取っています。このため、神経網膜と網膜色素上皮が剥がれてしまうと、剥がれた部分にある視細胞は、栄養不足に陥って機能が低下し、視野が欠けたり、ひどくなると視力が全体的に落ちたりするのです。

網膜剥離の種類とそれぞれの主な原因

網膜剥離の種類

網膜剥離は、大きく分けると2種類に分類することができます。1つは、網膜に孔(あな)があいたり、裂け目ができたりすることで起こる「裂孔原性網膜剥離」。もう1つは、孔や裂け目と関係なく起こる「非裂孔原性網膜剥離」です。このうち、網膜剥離の大半を占めるのは、裂孔原性網膜剥離で、特に10〜20歳代の人と50歳代以降の人がなりやすい傾向があります。

裂孔原性網膜剥離とは

眼球の中は、「硝子体」というゼリー状の組織で満たされており、網膜は、この硝子体によって、眼球の内側から押さえつけられるような状態になっています。ところが、網膜に孔や裂け目ができる(「網膜裂孔」といいます)と、そこから硝子体の水分が神経網膜と網膜色素上皮の間に流れ込み、2つの層が剥がれてしまうのです。

裂孔原性網膜剥離の原因

ではなぜ、網膜に孔や裂け目が開いてしまうのでしょうか? その主な原因には、次のものがあります。

加齢

硝子体は、ゼリー状の組織だとお話しましたが、50歳頃になると、老化にともなって、サラサラした液体に変化していきます。すると、硝子体が眼球の前方に向かって縮んでいき、網膜から離れる「後部硝子体剥離」が起きるのですが、このときに網膜が硝子体に癒着していたり、網膜に脆い部分があったりすると、そこが裂けてしまうのです。

強度の近視

近視の人は、眼球の奥行きが成長とともに長くなっていくので、網膜が引き伸ばされて、小さな孔があいてしまうことがあります。

外傷、アトピー性皮膚炎

ケガや事故で目を強くぶつけることも裂孔原性網膜剥離の原因になります。また、アトピー性皮膚炎で、目の周りがかゆくて、ゴシゴシと強く目をこすったり、目を叩いたりすることも、裂孔原性網膜剥離の原因になることがあります。

非裂孔原性網膜剥離とは

非裂孔原性網膜剥離は、糖尿病網膜症やぶどう膜炎など、他の病気が原因で起こる網膜剥離で、「続発性網膜剥離」とも呼ばれています。

網膜剥離の症状

最悪の場合は失明の可能性も

「網膜が剥がれる」と聞くと、なんだかとても痛そうな感じがするかもしれませんが、網膜には痛覚がないので、網膜剥離になっても痛みを感じることはありません。しかし、放置していると、進行して視野が欠けてきたり、視力が低下したりします。また、剥離が網膜の中心部にある「黄斑」という部分にまで及ぶと、急激な視力低下が起きて、最悪の場合は失明してしまうことがあります。

早期発見のために知っておく網膜剥離の自覚症状とは

網膜剥離の前触れとして現れやすい自覚症状に、「飛蚊症」と「光視症」があります。

飛蚊症

視野の中に虫や糸くずのようなものがフワフワと飛んでいるように見える現象のことです。飛蚊症の多くは、加齢や近視などで硝子体が薄く濁って、その影が網膜に映ることで起こるので、治療の必要はありません。しかし、網膜に孔があいて出血したときにも起こることがあります。網膜剥離の前触れかどうかは、自分で判断ができないので、飛蚊症の症状が現れたらきちんと眼科を受診しましょう。

光視症

目を閉じたときや暗い部屋にいるときに、視野の中に稲妻のような光が走って見える現象で、後部硝子体剥離で網膜が引っ張られたときに、その刺激が電気信号として脳に伝わることで起こると考えられています。この場合も、必ずしも網膜剥離の前触れとは限りませんが、やはり自己判断はせず、きちんと眼科で診てもらうことが大切です。

眼科で行うこと

眼科受診では眼底検査をします。

眼底検査は瞳を開く目薬(散瞳薬といいます)を点眼して、30分くらいして薬が効いてきたら目の奥を検査してみます。薬は個人差がありますが、通常3~4時間効いています。薬の影響で特に近くがぼやけたり光が眩しく感じるので、その後の車や自転車の運転や大切な用事は後日に調整しておきましょう。また眩しく感じるのでサングラスがあれば持参するといいでしょう。

網膜剥離の治療方法とは

網膜に孔や裂け目があるだけの場合

網膜に孔や裂け目があるだけで、まだ網膜剥離に至っていない場合は、レーザー光線を当てる「光凝固」や、超低温の炭酸ガスなどを使う「冷凍凝固」などで、裂け目や孔を塞ぎ、網膜剥離への進行を防ぎます。

網膜が剥がれている場合

すでに網膜が剥離している場合は、剥がれた網膜を元の位置に戻すための手術が行われます。手術方法には、「強膜バックリング術(強膜内陥術)」と「硝子体手術」の2種類があります。

強膜バックリング術(強膜内陥術)

眼球を覆っている強膜にシリコンスポンジを縫いつけ、眼球を外側から圧迫することで、剥がれている網膜を元の位置に戻す手術です。

硝子体手術

硝子体の網膜を引っ張っている部分を切除し、代わりに空気やガス、シリコンオイルを注入することで、剥がれている網膜を眼球に押し付ける手術です。

手術後に気をつけることとは

硝子体手術では、ガスを注入することがありますが、ガスは軽く、上に移動する性質を持っています。このため、ガスを移動させて、その圧力で網膜を元の位置に戻すためには、術後しばらくの間、うつ伏せの姿勢で安静にする必要があります。また術後1ヶ月ほどは、目の使用は疲れない程度に留め、重いものを持ったり、激しい運動をしたり、車を運転したりするのも控えます。

さらに、網膜剥離は再発する可能性がある病気なので、治療後も定期的に目の検査をすることが大切です。

網膜剥離を予防するには

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

予防治療

網膜剥離を予防するためには、網膜裂孔の段階で、治療をすることが大切です。飛蚊症や光視症など、「網膜裂孔かもしれない」という症状が現れたら、すぐに眼科を受診するようにしましょう。

目をこすりすぎない

アトピー性皮膚炎など、目の周りにかゆみの症状がある人は、かゆみに対する治療をきちんと行い、できるだけ目をこすらないように注意しましょう。

糖尿病の人は定期的に眼科で検査を

非裂孔原性網膜剥離の原因の1つである「糖尿病網膜症」は、糖尿病の合併症の1つで、血糖値が高い状態が長年続いたために、網膜の毛細血管が傷つくことで起こります。糖尿病になった人が必ずしも糖尿病網膜症になるわけではありませんが、厚生労働省の研究班が平成2年に行った調査では、50〜60代の糖尿病患者の38.3%が網膜症を合併していました。糖尿病と診断されたら、食事療法や運動療法で血糖コントロールを行うのはもちろんですが、網膜症の早期発見・早期治療のために、定期的に眼科で検査を受けることが大切です。

まとめ

網膜剥離は、最悪の場合、失明する危険性のある病気ですが、早期発見・早期治療を行えば、視力の低下を防ぐことができます。飛蚊症や光視症など、網膜剥離の前兆かもしれないという症状が現れたら、自己判断せず、なるべく早めに眼科で診てもらうようにしましょう。

関連するキーワード


ドクター監修記事

関連する投稿


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

妊娠や体重の増加、成長期……と様々な理由でできてしまう「肉割れ」。女性にとっては、深刻な問題ですよね。消しやすい肉割れと、消しにくい肉割れってあるの? 肉割れにマッサージは効くの? 肉割れに効く治療法は? さまざまな肉割れについて紹介していきます。


【医師監修】口内炎ができる原因は?治療法やおすすめの薬を紹介

【医師監修】口内炎ができる原因は?治療法やおすすめの薬を紹介

「口内炎ができてしまった。早く治したい、でも、口内炎で病院に行くっていうのも大袈裟かな……?」そんなとき、役に立つのが市販薬。でも、薬局に行くと、いろんな種類が並んでて、どれを買ったらいいのか悩みますね。今回は、口内炎の薬について調べてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!