ママのための悩み解決サイト
【医師監修 】いつまで大丈夫? 妊婦がアパレル等の職場で立ち仕事をする影響

【医師監修 】いつまで大丈夫? 妊婦がアパレル等の職場で立ち仕事をする影響

妊娠中は、体の変化がさまざま出てきます。最近では、出産直前まで働く女性も増えてきています。女性が社会進出している一方で、妊婦さんはいつまで働くことができるのでしょうか。


この記事の監修ドクター
こすぎレディースクリニック 椎名邦彦先生
当院の基本姿勢は『癒して治す』です。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供します。
http://kosugi-ladies.jp/

今回は妊婦さんが、立ち仕事をするときの注意点などをまとめてみました。

妊娠初期について

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

安定期にはいるまでの時期は、危険なことだらけ。妊娠初期は0~15週目ごろ(4か月)のことをいいます。また0~4週目(1か月程度)までは超妊娠初期といいます。

この時期になると、妊娠初期症状が始まります。身体のだるさや胸の張り、眠気、出血、食の変化、おりものの量や色の変化など個人差があるもののさまざまな症状があらわれます。超妊娠初期の頃は症状などから判断することは難しいといえます。この時期にアルコールや喫煙は当然ですが、強い薬も危険です。

いずれにしても、早く認識して対応することが大切だといえますね。いつ妊娠しても安心した生活が過ごせるように、日ごろから妊娠時の知識を蓄えておくといいでしょう。大切な新しい命のためにできることはしておきたいですよね。

妊娠初期の過ごし方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠前の習慣をそのまましてしまう妊婦さんが多いですが、たばこやアルコールは胎児の発達に悪影響を及ぼします。お茶やコーヒーなどのカフェインも1日1、2杯程度にとどめ、飲みすぎには十分注意しましょう。我慢できない時はノンアルコールのものや、ノンカフェインのコーヒーがおすすめですよ。

適度な運動も大切です。動くのがつらい時期ですが、腰痛や体重増加の原因にもなってきてしまいますので、体を動かしましょう。ウォーキングなど、無理のないように自分のペースで動くことが一番適しているといえます。新鮮な空気を吸いながら歩くことで、リラックス効果も生まれ、つわりも軽減されるかもしれません。

ホルモンバランスの変化により、心も身体も急激に変化していく時期です。精神的にイライラすることも多くなりますから、リラックスして過ごすことを心がけてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期の立ち仕事は危ないのか? リスクは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期はリスクがつきものです。「流産」や「切迫流産」の危険性をひめています。これは、妊婦さんのストレスや身体の冷えが原因のひとつと考えられています。立ち仕事が長時間続くと重労働になりがちです。もちろん仕事ですから人間関係からのストレスもつきものです。妊婦さんが感じるものは想像した以上につらいものかもしれません。
    
長時間立つことが妊婦さんに与える影響としては、まず血行が悪くなるということ、それが冷え症につながっていきます。妊婦さんが立ち仕事をするということは、リスクなしとはいえないようですね。
    
では注意することとはどんなことがあるのでしょうか?妊娠したらまずは職場の上司に報告しましょう。安定期に入るまでは言わない方がいいといいますが、職場に妊娠していることを知っている人が一人でもいれば状況は全く変わります。まずは上司に伝えて、今後の動きなどをいろいろと相談することがいいでしょう。
    
立ち仕事をしないというのは難しいことかもしれませんが、長時間の場合は充分な注意をしてください。休憩をこまめにとること、一日中立ちっぱなしは避ける、体調の変化(めまいや立ちくらみ)があったら休むなど、症状にあった対策を選んでください。

妊娠初期〜中期〜後期の仕事との関係

妊娠初期だけでなく、それ以降の仕事との関係も確認していきましょう。

まずは妊娠1~4か月の妊娠初期です。つわりが始まり、人のよっては食事がとれず、貧血となることもあります。流産の可能性が一番高いこの時期ですので、体調の変化があるのであればすぐに仕事を休みましょう。

妊娠5~7か月の時期は妊娠中期といいます。安定期に入りますが、妊婦さん自身も症状が少なくなってくることから無理をしてしまうケースが多いようです。お腹の赤ちゃんにとってはぐんぐん成長する時期ですので無理は絶対禁物です。

妊娠8~10か月は妊娠後期といいます。この時期に差し掛かると予定日までの時間もあまりないのでバリバリ働くことはよくありません。体調がすぐれないという状況であれば早めに休暇をとりましょう。

どの時期でも共通して少しでも不安を感じたら、赤ちゃんの為にも産休を考えることが大切です。

妊娠に関する制度とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いろんな制度があることは知っていても、自分が取得するとなると全く知らなかったことも多いですよね。法律で定められた産休・育休についてしっかり認識しましょう。
    
産休とは、産休予定日前の6週間前と、産休の翌日からの8週間の期間、休業できる法律です。これは労働基準法第65条に記載されています。この制度は本人が申請を出した時のみ取得できます。
出産手当金とは、社会保険に加入していれば産後の56日間給与の2/3が支給されます。
    
育児休暇とは、産後休業の翌日からお子さんが1歳になるまでの期間、休業できます。また、保護者(父、母)が同時や交代で育休をとる場合はお子さんが1歳6ヶ月になるまで延長できます。
育児休業給付金というものもあります。雇用保険から2か月ごとに、給料の50%が支給されます。支給されない場合もありますのでご注意ください。

基本的には会社内で出来ますが、すべて自動的に制度が適応されるわけではありません。妊婦さん自身が手続きをとる必要があります。早めに申請を出すことをおすすめします。会社で手続きが難しい場合もありますので、必ず確認しておきましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠し、お腹に赤ちゃんがいる時期は約10か月です。その期間をより快適に楽しく、できるだけ仕事に支障をきたさないように過ごしたいものですよね。「私は大丈夫」と我慢するのではなく「お腹の赤ちゃんのために」休む、家事を休憩することも賢い判断です。頑張りすぎず、少し力をぬいて過ごしてくださいね。

関連する投稿


分娩台の始まり&メリットって? 出産方法の移り変わりとは

分娩台の始まり&メリットって? 出産方法の移り変わりとは

現代では分娩の際、普通に使用されている「分娩台」。清潔な空間で、医師や助産師といったプロの立会いのもと、整った設備の中で出産できるのは何よりの安心ですよね。今回は分娩台に注目してみていきましょう。


マタニティヨガはメリットだらけ!?  体への効果と注意点

マタニティヨガはメリットだらけ!? 体への効果と注意点

健康や美の維持、リラックスのために人気のヨガ。最近は、妊婦さん専用の「マタニティヨガ」も人気です。ヨガの嬉しい効果からメリットまでをご紹介していきます。


マタニティウェアっていつから着る? 人気ブランドと選び方のコツ

マタニティウェアっていつから着る? 人気ブランドと選び方のコツ

最近のマタニティウェアは、通常のファッションと変わらないくらいオシャレ。マまた、ちょっとしたパーティーに着ていけるドレスやスーツなど、TPOにも合わせられます。今回は、無印やユニクロなどの定番人気商品からドレスやスーツまで、妊婦のお役立ち服をご紹介していきます。


妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

コーヒーは男女問わず愛飲されている飲み物のひとつですが、その一方で気になるカフェイン。特に妊娠中はコーヒーを飲むと良くないのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠中のカフェイン摂取による影響と、妊婦さんに適したコーヒーの飲み方についてご紹介します。


【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

妊娠したら、なんだかのどが渇く…という人は少なくありません。実際、体が水分を欲する理由があるのです。のどが渇いたと感じたときには、既に体の必要な水分が不足しているとも言われます。その前に、キチンと必要な水分を体に補ってあげることが大切。妊婦さんの体の乾きと水分補給の注意点、そしてお勧めしたい飲み物についてご紹介します。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


<男女別>3歳児に贈りたい、おすすめ絵本まとめ14選

<男女別>3歳児に贈りたい、おすすめ絵本まとめ14選

子どもがいくつになっても誕生日プレゼントを何にするか迷うものです。特に成長期である3歳児には、絵本は良い影響がたくさんあるためおすすめです。絵本の選び方や男女別のおすすめ絵本をご紹介します。


【レシピ動画】夏バテ予防に! ビタミンCたっぷり果物ゼリー

【レシピ動画】夏バテ予防に! ビタミンCたっぷり果物ゼリー

暑さが本格的になり、すっかり夏バテしていませんか? ちょっぴりお疲れ気味のときや体調が優れない時には、ビタミンCを積極的に摂りましょう!


<1歳から5歳まで>幼児教育で何を学ばせる? 成長と学ぶ環境の考え方

<1歳から5歳まで>幼児教育で何を学ばせる? 成長と学ぶ環境の考え方

将来さまざまな可能性を広げるために、子どもの教育ってとても大切ですよね。特に小さな頃は「何を習わせよう?」と考える方も多いことでしょう。子供の成長過程を知って、いい形で習い事をさせたいものです。どのような幼児教育をしていくといいのでしょうか。


子どものお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

子どものお祝い「餅踏み」のやり方は? 準備と進め方

伝統のお祝い行事である餅踏み。九州で行われることの多い餅踏みですが、地域によっても違いがあるようです。ここでは、餅踏みのやり方などを紹介しています。


【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

【医師取材】日射病・熱射病・熱中症の違いは? それぞれの予防法

暑い時期になると、TVのニュースで熱中症対策の呼びかけをよく耳にしますよね。特に赤ちゃんは体温調整が未発達なので、乳幼児がいる家庭では熱中症にならないように、環境に注意を払う必要があります。今回は熱中症の予防方法と、万が一熱中症になってしまった時の対処方法をご紹介します。