ママのための悩み解決サイト
母乳育児のよくある悩み、解決法は? スムーズに授乳するコツ

母乳育児のよくある悩み、解決法は? スムーズに授乳するコツ

母乳育児は、赤ちゃんにとってもママにとってもさまざまなメリットがあります。しかし、赤ちゃんが母乳を飲んでくれない、おっぱいの出が悪いなど悩むママも実は多いもの。母乳を上手に出し、赤ちゃんにしっかり飲んでもらうにはどうしたらいいのでしょうか。


母乳で育児を行うメリット・デメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳育児のメリット

出産したら、母乳で育てたいという憧れを持っているママも多いことでしょう。また、産院や病院などでも母乳育児を推進しているところも多いと思います。では、実際に、母乳で育てるメリットは何でしょうか。

まず、母乳の栄養素にはタンパク質、脂質、炭水化物、そしてビタミン、ミネラル、酵素などがバランス良く含まれており、赤ちゃんにとって最適な栄養を与えることができるということです。そして、母乳には免疫物質や抗菌物質が多く含まれているので、免疫力を高めると言われています。

またママにとってもメリットがあります。おっぱいをあげることで、赤ちゃんと十分なスキンシップがとれるので安心感を与えたり、ママも赤ちゃんに対する愛情が高まって母性が育ちます。そして、母乳を与えることで、オキシトシンというホルモンが分泌され、子宮を収縮させます。これによって、母体が元の状態に戻る手助けになります。

さらに、母乳だけで育てれば粉ミルクも哺乳瓶も必要ないため、コスト的なメリットもあります。ミルクの準備をする、哺乳瓶や乳首を洗い消毒するといった手間もなくなります。

母乳育児のデメリット

母乳育児はたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。ミルクの場合、赤ちゃんがどのくらいミルクを飲んだのかはっきりとわかりますが、母乳では飲んだ量がわかりません。そのため、ママとしては赤ちゃんがちゃんと飲めているのか不安になることもあります。また、一般的に母乳の方が授乳間隔が短いため、授乳回数が増えると言われています。

より良い母乳を十分に出すため、自身の食事にも気をつけなければいけません。もちろん、飲酒、喫煙もNGです。さらに、乳腺炎など、乳房や乳頭トラブルが起きることもあります。他人に預けにくくなり、ママの時間がとりにくいということも挙げられます。

母乳をうまく出るようにする方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

特に注意したいのは、水分補給です。赤ちゃんは1日に1リットルほど母乳を飲むと言われていますので、ママは母体に必要な水分量も考えて1日に2リットルの水分を摂ると良いでしょう。ミネラルウォーターや麦茶など、ノンカロリーのものでも良いのですが、より母乳をうまく出すために青汁やハーブティーなど栄養があるものや温かい飲み物もおすすめです。

また出産時には多くの出血があり、さらに母乳を作るために母体の血液をたくさん使うため、鉄分は重要です。鉄分を効果的に摂取するためには、肉、レバー、牡蠣、あさり、ほうれん草、小松菜などを食べると良いでしょう。

また血流を良くするために体を温める食べ物を中心に食べると良いとも伝えられており、ネギや白菜といった冬野菜や大根、人参、ごぼうなどの根菜類も積極的に食べましょう。反対に、きゅうりやナス、トマトなどの夏野菜は体を冷やしてしまうので、食べ過ぎには注意するようにしてください。

生活習慣を整える

母乳をたっぷりと出すためには、生活習慣を整えることも大切です。ストレスを溜めたり、睡眠不足、疲れを溜めたりするのは母乳には大敵。授乳リズムが整うまではママも睡眠不足になりやすいものですが、赤ちゃんが寝ている時は一緒に休息をとったり、時にはパパや祖父母に赤ちゃんを預けて睡眠をとったりと、工夫して疲れを溜めないようにしましょう。

また、母乳は血液から作られるので、ママの血流が悪くなれば母乳の出は悪くなります。ストレッチをしたり、湯船に使って体をほぐしたり、おっぱいを蒸しタオルで温めたりと、血行を良くすることも母乳を出やすくするコツです。

さらには、赤ちゃんがおっぱいを吸うことによってホルモンが分泌され母乳が作られるので、ミルクと混合授乳をしている場合にも毎回、時間を決めておっぱいを吸わせましょう。おっぱいをマッサージし、乳腺のつまりがないようにほぐしておくことも大事です。

いつまで母乳育児を続ければいいの

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養です。しかし、いつまであげればいいのでしょうか。母乳をあげる期間について紹介します。

母乳育児の期間

母乳をやめる時には、卒乳といって赤ちゃんが必要としなくなるまであげて自然と飲まなくなるのを待つ方法と、ママ自身がやめる時期をいつまでと決定する断乳があります。断乳をする時期の目安は、一人歩きができ、3食離乳食を食べるようになってから。断乳を進めるには、一般的には、少しずつ母乳を減らして離乳食を増やしていく方法と、「この日におっぱいをやめようね」などと子どもに言い聞かせて母乳を飲む期間を決める方法があります。

断乳のタイミングは人それぞれ

断乳は、1歳〜1歳3カ月頃に行う人が多いようですが、いつまでという決まりはなく、必ずしもその時期にやめなくてはいけないわけではありません。ママと赤ちゃんがおっぱいを続けたいと思っているのであれば、無理にやめる必要はありません。実際に、幼稚園に入る3歳までスキンシップとしてあげていたというママもいます。母乳をあげる期間、断乳する時期はそれぞれなので、ママと赤ちゃんに合った時期に行いましょう。

母乳育児中の悩みとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さまざまなメリットがある母乳育児ですが、ママにとっては苦労もあります。母乳育児中のママはどんなことに悩んでいるのでしょうか。

体重の増減

一般的に、母乳育児をすると、ママは体重が減って痩せると言われています。母乳はママの血液で作られているため、完全母乳育児のママは授乳だけで毎日500〜700kcalを消費しています。これは、プールで1時間平泳ぎした時と同じ消費カロリーなのです。ですから、母乳をあげているだけで痩せるママも多いのです。

しかし、中には母乳育児なのに体重が全く減らないと悩むママもいるようです。そんな悩みを抱えているママは、食事量を見直してみると良いでしょう。母乳をあげていると、たくさん食べなければいけないと考えて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ、痩せないどころか太ってしまいます。食生活を見直してみれば、体重管理もしやすくなりますよ。また、そんなに食べていないという場合には、母乳があまり出ていないことも考えられます。赤ちゃんの体重をチェックし、月齢ごとの増加体重量に達しているか、医師に相談してみましょう。

体重が減らないのは、骨盤のゆがみや筋肉量の低下が原因となっていることも。骨盤ベルトや産後ガードルを着用したり、整体院に行って歪んだ骨盤を治してもらうのもおすすめです。産褥体操やウォーキングなど軽い運動を行って体の回復を促すのも良いでしょう。

ホルモンバランスの崩れ

母乳育児に限らず、産後は、ホルモンバランスが崩れがちで、それによりさまざまな症状が出ます。
そもそも、妊娠中にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンの分泌量が増えます。出産が終わるとこのホルモンは急激に減少し、その代わりにプロラクチンという、母乳を作る働きをするホルモンが増えます。妊娠、出産を経て、違うホルモンが増減を繰り返すため、バランスが乱れやすく、体の不調も現れやすいのです。

ホルモンバランスが崩れると、抜け毛やむくみ、肌荒れなどの症状が出ます。また、生理不順も起こりやすくなります。特に、母乳育児の人は、赤ちゃんが乳頭を刺激することでプロラクチンの分泌が増加します。このプロラクチンは、母乳を作るほかに排卵を抑える作用も持っているため、生理不順が起こりやすくなります。多くのママは、産後8カ月くらいで生理が再開すると言われていますので、あまり神経質になることはありません。

うまく母乳が出ない事によるプレッシャー

母乳育児に憧れが強かったり、周りから母乳育児を強く勧められていると、そのプレッシャーから母乳が出にくくなることがあります。母乳はストレスが原因で出にくくなることもあるのです。どうしても母乳でないといけないと思いつづけると、それがまたストレスやプレッシャーになって母乳がさらに出ないという悪循環を引き起こします。母乳が出にくくなったら、肩の力を抜いて、一度、ゆっくりと休養をとりましょう。なにがなんでも母乳でなくていいんです。時には、ミルクを使い、負担のないように育児を楽しみましょう。

まとめ

母乳育児は、赤ちゃんとのスキンシップという意味でも、栄養面でもメリットがいっぱいです。しかし、すべてのママが完全母乳で育てられるほど、十分な母乳が出るわけではありません。育児は、こうしなければならないということはありません。赤ちゃんと楽しい日々を過ごすことが一番で、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

関連するキーワード


育児 産後 母乳

関連する投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんだって便秘をします。便やガスでお腹が張れば、気持ちが悪いのは赤ちゃんも大人も同じ。今回は、赤ちゃんの便秘対策として、「お腹のマッサージ」「綿棒浣腸」のやり方をご紹介します。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内でも子どもが思い切り遊べる室内用ジャングルジム。運動することで体力づくりにもなり、人気があります。そんな室内用ジャングルジムは何歳くらいから遊べるのか、購入に関しての注意点をまとめました。おすすめの室内用ジャングルジムも紹介します。


ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

離乳食作りは子どもが食べやすいように、柔らかく煮込んだり刻んだりして作るので意外と手間と時間がかかります。そのひと手間の軽減に役に立つのがハンドブレンダー。ハンドブレンダーを離乳食作りに使うコツや、選び方のポイントなどを紹介します。