ママのための悩み解決サイト
【医師監修】母乳はどのように作られているの? 4つの栄養素と粉ミルクとの違い

【医師監修】母乳はどのように作られているの? 4つの栄養素と粉ミルクとの違い

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てるもの……そんな風に思っている方が多いかもしれません。でも、実は、母乳ってすべてのお母さんが当たり前のように出るものではないのです。今回は、母乳の仕組みについて説明します。


この記事の監修ドクター
パークサイド広尾レディスクリニック  内山明好 院長
浜松医科大学医学部卒業。医学博士。同大学整形外科学入局、ハーバード大学骨疾患研究所留学。その後エーザイ株式会社、グラスソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、薬剤安全性等の部門長、 担当役員を歴任後、株式会社アーテイジ代表取締役社長として遺伝子検査やサプリメントを用いた健康増進事業に取り組む。
現在、医療法人社団宗友会パークサイド広尾レディスクリニック理事長・院長。
http://www.ladies-clinic.or.jp/

母乳はどうやって作られるの!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠・出産を経験した女性は、当たり前のように母乳が出ると思っていませんか? 実は、当たり前ではないのです。なぜ母乳が出るのか、どういう成分が含まれているのか、なぜ白いのかなど、母乳については母親となった女性も知らないことだらけ。今回は、母乳の仕組みについて説明します。

母乳とは

母乳とは、その名の通り、母親のおっぱいから出される「分泌液」「乳」のことを指します。妊娠が成立した女性は、ホルモンの変動によって、週数を重ねるごとに乳腺組織が発達していきます。そして、出産を終えると、女性の体内では「プロラクチン」というホルモンが分泌され、これによってたくさんの血液が乳腺に流れ込み、母乳が作られます。このとき、「オキシトシン」というホルモンも分泌されて、乳腺で作られた母乳を乳頭に押し出す働きをします。この二つのホルモンの働きによって、母乳が分泌されるのです。

母乳は、血液から作られています。血液というと、赤色のイメージですが、母乳の成分はタンパク質、栄養素、白血球のみで、赤血球やその成分であるヘモグロビンは除かれるため、母乳は赤くなりません。

出産後の母乳の仕組み

母乳は、出産後、胎盤が体外に娩出されることによって出始めます。胎盤からは、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが出ており、このホルモンは妊娠中、母乳を分泌する腺房という組織を発達させます。しかし、胎盤が娩出されたことで、体内ではエストロゲンとプロゲステロンが急激に減少し、これによって乳腺に働きかけるプロラクチンやオキシトシンが分泌されます。プロラクチンとオキシトシンは母乳を作るホルモンですから、母乳が作られ始めるわけです。

血液の成分を含んだ母乳は、免疫力や栄養価が高いと言われていますが、なかでも黄味色をした初乳はもっとも高いと言われています。また、赤ちゃんが乳首を吸うことで、母乳を作るプロラクチンの分泌が促進されるため、分娩後、すぐに授乳を始めることが初乳の栄養を赤ちゃんに摂らせるためにも、プロラクチンが十分に分泌されるためにも必要です。

母乳と粉ミルクの違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

授乳は、母子の大切なコミュニケーションの時間となります。現在、一般的に母乳育児が推奨されていますが、栄養の面では粉ミルクも十分にその役割を果たしていると思われます。そこで、ここでは母乳と粉ミルクの違いについて考えてみます。

母乳が持つ4つの栄養素とは

1. タンパク質
母乳には、体の組織をつくり、体を成長させるタンパク質が十分に含まれています。母乳中のタンパク質は、牛乳とは違い、赤ちゃんが消化しやすく、また栄養価が高いのが特徴です。

2. 脂肪
赤ちゃんが活動するためのエネルギー源となる脂肪も母乳に含まれます。この脂肪には、脳の成長に必要な長鎖脂肪酸(DHAやアラキドン酸など)も含まれており、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。

3. 乳糖
脳や中枢神経の成長に必要な乳糖(ラクトース)は、牛乳の1.5倍もの量が含まれています。

4. ビタミン・ミネラル
赤ちゃんの体の働きにふさわしいバランスで、ビタミンやミネラル類が含まれています。また、このほかにも、ホルモンや酵素、免疫物質など、成長に欠かせない大切な物質も含まれています。

母乳で育てるメリットとデメリット

母乳には、赤ちゃんの成長に不可欠な栄養素が含まれていますが、母乳育児にはそのほかにもたくさんのメリットがあります。まず、母乳は病気に対する抵抗力を強めてくれますので、感染症やアレルギーを起こしにくくなります。また、母乳で育った赤ちゃんは乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生率も低いとする研究データもあります。このように母乳は赤ちゃんにとって消化が良く、最高のバランス食品であると同時に、病気から身を守る大切な働きもしてくれるのです。また母親にとっても、母子の絆が深まるというメリットを始め、乳がんになりにくくなる、産後うつになりにくくなる、ダイエットの効果があるといった報告もあります。

母乳育児はいいことばかりだと思いがちですが、デメリットがないわけではありません。HIV(エイズ)、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス因子)がある人は、母乳を介して原因ウイルスが赤ちゃんの体に移行してしまうため、母乳育児はできません。また、ホルモン剤や抗うつ剤、抗がん剤などの強い薬を飲んでいる場合や赤ちゃんの体重減少が顕著な場合や、新生児黄疸が強い場合にも医学的に粉ミルクにする必要があります。そして、授乳中はお酒を飲めない、食事に気を使わなければいけない、赤ちゃんを預けるのが難しくなる、乳房のトラブルが起きるなど、母親にとってデメリットと感じる場面もあります。

さらに、母乳育児に対しての憧れや病院の方針などによって、母乳が出ないことを深刻にとらえて悩んでしまう母親もたくさんいます。

母乳と粉ミルク、3つの比較 

では、母乳と粉ミルクの違いとは何でしょうか。さまざまな角度からその違いを比較してみます。

・ 栄養分のメリット・デメリット
現在、育児用粉ミルクは品質が非常に向上しているため、一概に母乳の方が優れていると断言できません。また、母親の食事内容に左右されないため、粉ミルクは一定の栄養素を確実に摂れるというメリットもあります。しかし、粉ミルクには母乳のような免疫物質は含まれていません。

・ 赤ちゃんのメリット・デメリット
ミルク育児の場合、赤ちゃんが飲んだ量がはっきりとわかるため、授乳する側は安心して与えることができます。また、母乳よりも粉ミルクの方が腹持ちがよいとも言われています。逆に、腹持ちがいいということは飲ませすぎると太りやすいと言えるかもしれません。

・ 母親のメリット・デメリット
母乳を与えることで、産後うつになりにくいと言われています。また、赤ちゃんが乳頭を刺激することで子宮の収縮を促すため、子宮が元の状態に早く戻るというのも母乳のメリットです。逆に、ミルク育児では、父親や祖父母が育児に参加しやすく、育児の負担が母親に集中するのを避けることができます。ミルク育児には、育児の喜びを分かち合えるというメリットがありますが、コストがかかり、また授乳の度に粉ミルクを作り、哺乳瓶や瓶の乳首を洗浄するという手間がかかるというデメリットもあります。

母乳が出にくくなる原因

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳育児には、数々のメリットがありますが、必ずしもすべての母親が十分な母乳が出るわけではありません。実は、楽に母乳が出る人は4割、混合栄養(母乳とミルク)の人が3割、母乳が出にくく、ミルク育児をしている人が3割いると言われています。意外にも、誰でも母乳が出るわけではないのです。では、母乳が出にくくなる原因とは何でしょうか。

生活習慣の影響

母乳が出にくくなる原因には、様々な理由がありますが、その一つに貧血が挙げられます。もともと、女性は貧血になりやすいと言われていますが、妊娠・出産で血液はさらに不足します。母乳は血液から作られているので、貧血になれば当然、その量は減少してしまいます。

また、ストレスも大きな原因の一つです。通常、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、その刺激からプロラクチンとオキシトシンというホルモンが分泌され、母乳が作られます。しかし、母親がストレスを感じている状態ではオキシトシンの分泌が抑えられてしまい、母乳が十分に作られないのです。

睡眠不足や水分不足も母乳が出にくくなる原因です。赤ちゃんが生まれたばかりでは、なかなか十分な睡眠がとれず、規則正しい生活をするのは難しいのですが、休めるときに休むなど意識して休息をとるようにしましょう。

食事の質が影響

ママの食事と母乳の質や量の関係性は、実のところまだはっきりと解明されていません。ですが、母乳が出にくいと感じたときは、脂肪分や糖分の摂り過ぎなど母乳の質が下がっているとも言われ、母乳外来ではこのような状態を避けるように指導されています。また、母乳をたっぷりと作るためには、栄養バランスの取れた食事を十分な量を摂る必要があります。ご飯などの炭水化物やタンパク質をしっかりと摂り、ほうれん草やねぎ、白菜、根菜類などの野菜も積極的に食べると良いでしょう。

病気が原因の可能性も

どんな方法を試しても母乳が出ない場合には自分でも気づかない病気が原因となっている可能性もあります。ごくまれですが、母乳を作るための乳腺が生まれつきない「乳腺欠損」もその原因の一つです。妊娠・出産して、母乳が出ないことで見つかる場合もあります。

また、乳がんも母乳が止まる原因の一つです。ステージが進んだ乳がんでは、母乳の色をしていない分泌物が乳頭から出る場合もあります。いずれも、母乳が出ない原因として病気が疑われる場合には、乳腺外来など専門の病院を受診することをおすすめします。

まとめ

母乳育児にはたくさんのメリットがあります。しかし、必ずしも母乳でなければいけないというわけではありません。ミルク育児にはミルク育児の良いところがあります。母乳、ミルクそれぞれのメリットやデメリットを考え、そして母親の体や状況に合ったものを選べばいいのです。「絶対にこれ!」と決めず、肩の力を抜いて「授乳」という赤ちゃんとのスキンシップを楽しめるのが一番です。

【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/981

ミルクは足りてる?それとも多い?初めて子育てをするママにとってミルクを与えることにも不安を感じる人も多いのではないでしょうか?ここでは新生児のミルクの量について詳しくご紹介します。

関連する投稿


涙無しには語れない、初めての運動会【ママ女医と娘の○○な日常 vol.15】

涙無しには語れない、初めての運動会【ママ女医と娘の○○な日常 vol.15】

先日、娘3歳、人生初の運動会がありました。そして、親の私も人生初の娘の運動会観戦。今回は、そんな新米親の運動会苦労談と、ひたすら親バカのお話をさせていただきます。


産後から続く肩こり、何とかしたい! 育児合間にできるケア【産後の不調 #4】

産後から続く肩こり、何とかしたい! 育児合間にできるケア【産後の不調 #4】

産後は、体のさまざまなところに不調が出てしまいがち。なかでも赤ちゃんを毎日抱っこするようになるため、腕の疲れや肩こりに悩まされているママは多数。今回も、漢方美容家で美のスペシャリストである「余慶」さんに産後の肩こり対策について聞いてみました。


無痛分娩や帝王切開は「楽なお産」? 出産の考え方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.14】

無痛分娩や帝王切開は「楽なお産」? 出産の考え方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.14】

最近、無痛分娩についての安全性についての注意喚起があるとともに、「痛みの無いお産はお産ではない」といった意見を見かけます。今回は、無痛分娩や帝王切開を含めたお産について、少し語らせていただきます。


加湿器おすすめ7選! 赤ちゃんにも安心・安全なものは?

加湿器おすすめ7選! 赤ちゃんにも安心・安全なものは?

赤ちゃんが寝る子ども部屋に加湿器をおすすめする理由は、ウイルスや乾燥対策。加湿器の中では、手入れが簡単でコンパクトなハイブリッドタイプも赤ちゃんにぴったりです。おすすめのものを紹介していきます。


チャイルドシートは何歳から必要? 長く使えるおすすめ3選

チャイルドシートは何歳から必要? 長く使えるおすすめ3選

チャイルドシートは何歳まで着用義務があるのでしょう。道路交通法の知識、ジュニアシートの切り替え時期、後ろ向きシートを使える時期など、新生児が生まれるママ、パパに必要な情報を紹介していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】幼児の夏バテ予防と解消法! おすすめの食べ物は?

【医師監修】幼児の夏バテ予防と解消法! おすすめの食べ物は?

うだるような暑い夏。暑いとスタミナがなくなるという人も多いのではないでしょうか? 子どもの元気がないなと思ったらそれは夏バテかもしれません。幼児の夏バテ予防や解消法をチェックしてみましょう! 夏バテにおすすめの食べ物もご紹介します。


子どもの習い事はいつから?おすすめの習い事や長く続けるコツを紹介

子どもの習い事はいつから?おすすめの習い事や長く続けるコツを紹介

親にとって、子どもが習い事をしたいと言えば、やらせてあげたいものです。習い事は子どもの心の成長にも役立つもので、長く続けることで忍耐力も付きます。しかし、習い事を始める時期がわかりにくく、どんな習い事をさせるべきかは迷ってしまうでしょう。習い事を長く続けるコツや、辞め時なども紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの紫外線対策は? 夏のお出かけで気をつけたいこと

【医師監修】赤ちゃんの紫外線対策は? 夏のお出かけで気をつけたいこと

赤ちゃんの肌は非常に薄くてデリケートです。夏のお出かけ時には、紫外線対策を忘れてはいけません。赤ちゃんや幼児にピッタリの紫外線対策をチェックしてみましょう。お出かけシーン別の紫外線対策も確認しましょう。


【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響

【医師監修】便秘解消の基本って? 主な原因と注意したい体への影響

女性は便秘に悩まされがちですが、便秘が続くと、単にスッキリしないというだけでなく、お肌や体にさまざまなトラブルがもたらされます。ここでは、そんな便秘から開放されるための便秘解消法をご紹介していきます。


【医師監修】網膜剥離の症状と原因は?  治療から予防まで

【医師監修】網膜剥離の症状と原因は? 治療から予防まで

「網膜剥離」とういと、ボクシングで目にパンチを受けるなど、特別な人だけに起こる病気だと考える人もいるかもしれません。しかし、強度の近視や加齢も原因になるので、誰にでも起こり得る可能性があります。ここでは、網膜剥離になったときに、いち早く異変に気づくために、その自覚症状についてお話していきます。