ママのための悩み解決サイト
マタニティブラの種類と正しい選び方は?  普通のブラとの違い

マタニティブラの種類と正しい選び方は? 普通のブラとの違い

妊娠中のママたちが快適に過ごすために欠かせないのが、マタニティインナー。特にブラは産後も活用度の高いアイテム。この専用ブラは、普通のブラと一体どのように違うのでしょうか? 


なぜ、マタニティブラをつけるの!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中のママたちが快適に過ごすために欠かせないのが、マタニティインナー。特にブラは産後も活用度の高いアイテムです。でも、妊婦にはなぜマタニティブラがいいのでしょうか?

マタニティブラをつける理由とは

妊娠、出産を通して、女性の体は大きく変化します。妊娠中、一番大きく変化するのはお腹ですが、実はバストも妊娠前とは大きく変わります。妊娠中は、特に乳房の下半分から脇のボリュームが増し、乳首の間隔が広がります。一般的なブラジャーはこういったバストの形に対応していないため、マタニティー用のブラジャーが必要となります。また、マタニティブラは、乳腺の発達を妨げないようデザインされているため、妊娠中も快適につけられるように設計されているのです。

マタニティブラをつける時期はいつ!?

一般的には妊娠4ヶ月あたりからバストに大きな変化が現れ、ふっくらとしてくるといわれます。ですから、4ヶ月目頃からマタニティブラを着けると良いでしょう。この頃は、まだトップスは普段の洋服が着られる時期です。そのため、マタニティブラであってもバストラインが美しく見えるものを選ぶと、外出・仕事時もより快適に過ごせます。

人気マタニティブラの特徴とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

 マタニティブラは、普通のブラジャーと違って、妊婦に嬉しい機能がたくさんついています。そこで、人気のあるマタニティブラにどんな特徴があるのか紹介します。

授乳口付きブラジャー

妊娠、出産には費用もたくさんかかるので、妊娠中だけしか使えないブラというのはママにとっては大打撃ですよね。マタニティブラには、授乳口がついた産後も使えるタイプのものもあります。授乳の度にブラを外す面倒もなく、手軽に授乳できるのでおすすめです。

快適なストラップ

マタニティブラをより快適につけるために、ストラップにも工夫が施されています。妊娠中、そして授乳中はバストが大きく重たくなるので、しっかりと支えるためにも、ストラップは通常よりも幅広にデザインされています。幅広のタイプは、肩に負担がかかりにくく、安定感があり、食い込みやずり落ちる心配もないのでとっても快適です。

マタニティワイヤー

マタニティブラには、ワイヤーがない「ノンワイヤー」タイプも多いですが、より美しくバストを見せたい人はワイヤーのあるタイプを選びたいですよね。専門家によっては、ワイヤーを否定する人もいますが、それは乳腺の発達において悪影響を考えているから。もちろん普通のブラの固いワイヤーや乳腺の発達にとってよくありません。そこで、乳腺を圧迫しないカーブに設計された「マタニティワイヤー」のブラが販売されています。このマタニティワイヤーはソフトワイヤーを使用しているので、サイズ変化に合わせて広がってくれるという優れもの。フィット感がよく、つけ心地も安定しているため、働く妊婦さんなども多い今、とても人気になっています。

マタニティカップ

マタニティブラはカップ部分も専用の形をしています。妊娠、授乳中は母乳の準備のため発達している乳腺を圧迫しないように、普通のブラよりも深めで容量もたっぷりとったカップになっています。伸縮性のある素材を使っているため、バストサイズが大きくなっても対応可能です。

調整ホック

妊娠をするとバストだけでなく、下乳房や脇にもボリュームが出てくるので、アンダーバストのサイズも変化します。そこで、ホックもその変化に対応できるよう、4段階となっている商品が多いのが特徴です。4段階調整ができれば、アンダーも5センチ程度は伸ばせます。長く使うためにも嬉しい機能ですね!

マタニティブラのおすすめとは!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

 マタニティブラといっても、その種類は豊富。ここでは、おすすめのブラを紹介します。

4タイプの授乳口

授乳ブラと一言で言っても、その種類は様々。主に、以下の4つのタイプのブラがあります。

1.オープンストラップタイプ
ワンタッチでカップが大きく開くタイプです。乳房が全部出るため、授乳が簡単にできます。また、ブラジャーの見た目も一番一般のブラジャーに近いデザインです。

2.ウインドゥオープンタイプ
カップの裏が二重構造になっていて、中心部だけが開きます。窓枠に当たる部分がバストを固定するので、授乳中でも着けている安定感があります。

3.クロスオープンタイプ
伸縮性のある素材を使用したブラで、フロントの打ち合わせ部分をずらして授乳することができるタイプです。片手でサッと開くだけで授乳できる手軽さが人気です。

4.フロントオープンタイプ
カップがフロントから左右に大きく開くタイプ。オープンストラップやウィンドゥオープンタイプがワイヤー入りのものが多いのに対して、このフロントオープンタイプはノンワイヤーの商品が多く販売されています。

これらのタイプは、どれがよくてどれが悪いというものではありません。好みや用途に合わせて選んでみてください!

授乳期まで使えるタイプ

 多くのマタニティブラが授乳期まで使えるよう設計されています。授乳中も妊娠中と同じく、乳腺が発達しています。そのため、乳腺を圧迫しないデザインになっているほか、授乳しやすいよう授乳口がついていたり、簡単にずらせるように設計されています。妊娠中だけしか使えないとなると買い替えるのがもったいない気がしますが、授乳中まで長く使えると思えばお得ですね!

4段階調節できるマタニティブラが人気

 妊娠中は、バストサイズだけでなく、アンダーバストも変化するもの。そこで、ホック部分が4段階になっていて、アンダーも調整できるブラが人気があります。4段階ホックでは、約4〜5㎝アンダーを伸ばすことが可能。締め付け感がイヤな時には緩めることもできるので、おすすめです。

素材の良いマタニティブラ

 マタニティブラは素肌に直接着けるものなので、素材にもこだわりたいところ。伸縮性がよく、吸汗速乾性の肌当たりの良い素材でつくられたブラも人気です。

自分に合ったマタニティブラを選ぼう

出産までにバストは2カップ程度アップします。妊娠中は、バストの下部分から脇にかけても大きくなるので、選び方にも注意しましょう。サイズは、最終的には妊娠前よりも2カップ程度、アンダーは1サイズ程度大きくなると言われていますのでサイズ選びの参考にしてくださいね。そのほかにも、マタニティブラにはたくさんの種類があります。それぞれに良い点があるので、好みや使い勝手に合わせ、快適につけられるものを選びましょう!

まとめ

妊娠中は体が大きく変化するので、不快な症状も現れます。しかし、そんな不快な症状も快適なマタニティウェアを着用することで少し和らげることができるのです。快適なマタニティライフを送るためにも、自分にあったマタニティブラをぜひ探してみてくださいね!

関連する投稿


妊娠10ヶ月の体験談「早く会いたかった」「本当に生まれるか不安」出産直前の心境は?

妊娠10ヶ月の体験談「早く会いたかった」「本当に生まれるか不安」出産直前の心境は?

前駆陣痛やおしるしなど、出産の兆候が見られるようになる妊娠10ヶ月。いよいよ出産となるこの時期、ママはどのようなことに喜びを感じていたのでしょうか? 臨月での不安な心境とともに、ママたちのリアルな声をお伝えします。


妊娠9ヶ月の体験談「バタバタ動いていて…」「辛くて泣いた」 不安と葛藤中!

妊娠9ヶ月の体験談「バタバタ動いていて…」「辛くて泣いた」 不安と葛藤中!

入院準備も本格化し、里帰り出産のために実家に帰るママも多くなる妊娠9ヶ月。この時期のママはどのようなことに不安を抱えているのでしょうか? 幸せを感じていることは? 現在0歳と1歳の赤ちゃんを持つママに、妊娠中の本音を尋ねてみました。


妊娠8ヶ月の体験談「本当に可愛くて…」「外出が怖くなった」 不調が再び?

妊娠8ヶ月の体験談「本当に可愛くて…」「外出が怖くなった」 不調が再び?

むくみや貧血など、体のトラブルが起きやすくなる妊娠8ヶ月の頃。この頃のママたちは、どのようなことに喜びを感じ、悩んでいるのでしょうか? 20~40代のママたちのリアルな声を聞いてみました。


妊娠7ヶ月の体験談「家族で名前を考えようと…」「元に戻るのかと心配」お腹も急成長!

妊娠7ヶ月の体験談「家族で名前を考えようと…」「元に戻るのかと心配」お腹も急成長!

おなかの赤ちゃんの胎動も激しくなり、検診時のエコーで性別も判明するようになる妊娠7ヶ月。この頃のママは、どのようなことに喜びを感じたり、不安になっていたのでしょうか? 今回は20代~40代の妊娠7ヶ月のママのリアルな声をご紹介します。


妊娠5ヶ月の体験談「胎動を感じた」「泣きたくなるほど辛い」安定期の心境は?

妊娠5ヶ月の体験談「胎動を感じた」「泣きたくなるほど辛い」安定期の心境は?

安定期に入り、少しずつお腹が目立ち始める妊娠5ヶ月。戌の日に安産のお参りをするのもこの時期ですよね。そんな妊娠5ヶ月頃のママたちは、どのような喜びや不安を感じていたのでしょうか。本音を聞いてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


雛人形の由来って知っている? 起源と飾り方まとめ

雛人形の由来って知っている? 起源と飾り方まとめ

女の子のお祝い事である桃の節句。季節行事として楽しむだけでなく、歴史や由来などを知って、お祝いをすると、きっと喜びに満ちあふれたものになるはず。雛祭りに飾る「雛人形」について、詳しく解説していきます。


<季節別>新生児用カバーオールの選び方、人気ブランド3選

<季節別>新生児用カバーオールの選び方、人気ブランド3選

赤ちゃんが生まれたら、1つは用意しておきたい「カバーオール」。今回は、ベビー服の1つであるカバーオールの概要と、着こなし、選び方までをご紹介します!


【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

熱性けいれんガイドラインが改定されました。滅多に死亡しませんがてんかんと関係が深い複雑型は、発作を繰り返すうちに後遺症が残ることも。高熱が出るインフルエンザにも要注意です。「夜中でも救急車を呼ぶべき?」、「解熱剤で発作が誘発される?」、「予防薬ダイアップは保育園に預けられる?」など疑問に答えます。


【医師監修】子供が痛がる耳下腺炎の原因・症状・治療法まとめ

【医師監修】子供が痛がる耳下腺炎の原因・症状・治療法まとめ

耳下腺炎は子供がなりやすく、おたふくもこの耳下腺炎の1種です。頬が腫れて痛み、熱が出る症状が特徴です。「原因、治療法は?」、「保育園はお休み?」、「病院は何科?」、「抗生物質や予防接種は有効?」など、気になる情報をお伝えします。


大人の都合で子どもに“厳しい一言” ママたちが悩む言葉遣い問題

大人の都合で子どもに“厳しい一言” ママたちが悩む言葉遣い問題

子供への叱り方に悩むママは多いでしょう。そのつもりはなくても、子供に怖さを与えてしまっていたりと、ふっと冷静になった時に反省することも。そんなママたちの悩みに、尾木ママは警笛を鳴らします。