ママのための悩み解決サイト
【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


この記事の監修ドクター
女医によるファミリークリニック 大井美恵子先生
当院では受診していただく患者様は家族と思い治すことをモットーとしており、生まれたときから、生涯を終えるときまで、ご家族全員のプライベートホームドクターを承っております。最新の小児科内科皮膚科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 ご家族全員がいつまでも健やかで美しくあるためのオリジナル医療を提供しております。
http://www.familyclinic-hiroshima.com/

後追い行動とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママの姿が見えなくなると、不安で泣き出したり探し回ったりする行動を「後追い」と言います。わずかな時間でも離れると泣かれてしまうので、ママにとっては頭の痛い行動です。

赤ちゃんがママ・パパを後追いする意味

赤ちゃんは、生後4~6ヶ月くらいまでは視力が弱く、ママも含めて周りを認識する力もまだ弱いのだそうです。それが次第に視力が上がっていくにつれ、ママの顔を認識できるようになり、他の人とママの違いがはっきり見分けられるようになります。そして、ママが見えなければ不安に感じるようになるのです。

後追いが始まる時期には、人見知りも増えてきます。これは、赤ちゃんがママの存在をちゃんと認識できている証拠だと言えるでしょう。ママが特別な人だと認識できるようになったわけですね。このように、後追いは、人見知りと同様に成長の証しなのです。

後追いが始まるのはいつから?

人見知りし始め、ハイハイができるようになると、次に後追いが始まります。個人差はありますが、一般的には生後9ヶ月頃が多いようです。早い子では生後6ヶ月あたりから始まることもあります。後追いのピークは生後9~11ヶ月頃で、その後少しずつ落ち着いていきます。

後追いが始まる時期は、赤ちゃんのママへの執着が強くなる時期です。人見知りや場所見知りなども見られるようになり、泣くことで自己主張することもできるようになります。成長の証しではありますが、パパでさえ拒否する赤ちゃんもいて、ママにとっては大変に感じる時期かもしれませんね。

いつまで後追いは続くの?

後追いは、1歳を過ぎたあたりから1歳半までに落ち着くことがほとんどです。ただし、自立心が芽生える3歳くらいまでは、ママの存在を必要とする傾向は続きます。

後追いがおさまっていく過程では、赤ちゃんのさまざまな成長が見てとれます。赤ちゃんに記憶力がついて、ママはいなくなっても戻ってくることがわかるようになります。環境の変化に対応できるようになり、一人遊びができる集中力がついてきます。

この時期は歩き始める時期にも重なります。歩き始めると、赤ちゃんの世界は一気に広がり、赤ちゃんの興味や好奇心の対象が増えますね。ママ以外に気持ちが向くことで、後追いがなくなっていくのでしょう。

ただし、家の中に閉じこもって母子二人きりの生活を続けていたり、赤ちゃんがママの愛情に十分に満たされたと感じていない場合などでは、後追いが長引く傾向があるようです。外遊びを習慣づけ、愛情を込めたスキンシップを意識してみることが大切です。

後追いしない赤ちゃんはおかしい?

赤ちゃんの中には、後追いをしない子もいます。周りのママたちが後追いの苦労を話しているときに自分の子だけが後追いしないと、心配になることもあるかもしれませんが、後追いしないことと発達の遅れとは関係がないので安心してください。

後追いするしないは、赤ちゃんの性格や生活環境によって異なるのです。のんびりした赤ちゃんや慎重な赤ちゃんなら、ママを追いかけようかと迷っているうちにママが戻ってきているのかもしれません。一人遊びが好きな赤ちゃんなら、遊びに熱中していてママがそばにいなくても気づいていないかもしれません。

兄弟や祖父母などがいて家族が多い家庭ならば、ママがいなくても常に誰かが周りにいる環境でしょう。赤ちゃんが一人きりになることがないので、不安になりにくいはずです。相対的に「ママは特別な人」という意識も低くなるようです。そのため、ママだけを追いかける後追いが見られないことも珍しくありません。

赤ちゃんが後追いをしないと自閉症を疑う人もいますが、それ以外に気になることがなければ心配はいりません。後追いをしない以外に、ママと視線が合わない、笑わない、名前を呼ばれても反応しないなどの兆候があるときには、乳児健診や小児科で相談してみましょう。

3つの後追いケースの対策事例

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

後追いは成長の証しだとわかっていても、ずっと赤ちゃんに後追いをされていると、ママも悲鳴をあげたくなりますね。日常生活の中で、後追いされてもっとも困るのがお風呂やトイレ、家事だと思います。多くのママが実践している方法を見てみましょう。

お風呂編

入浴中、入り口のドアを開けっぱなしにしておくママが多いようです。赤ちゃんは、洗面所などのママが見えるところで遊ばせておきます。または、赤ちゃんも一緒にお風呂の洗い場に入れる方法もあります。下着を着せたままで洗い場に座らせておき、自分が洗い終わってから赤ちゃんもお風呂に入れます。効率的な方法です。

トイレ編

トイレには、一緒に入って抱っこしているか、ドアを開けてトイレの前にいさせるかで対応します。トイレの中に赤ちゃん用のイスを置いておくのも、よいアイディアですね。ママにとっても赤ちゃんにとっても負担になりません。

料理や掃除等の家事編

赤ちゃんをおんぶすれば、家事の多くは可能になります。おんぶしながらではできない仕事は、赤ちゃんのお昼寝時間や就寝後などに済ませます。

ママが覚えておきたい後追い予防策

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんの後追いが始まると、家事を始めとして何もまともに進まず、ついイライラしてしまうものです。赤ちゃんの後追いに上手に対応して、この時期、ママ一人でストレスをためこんで悩まないようにしましょう。

予防策1. 赤ちゃんへの声掛けをしよう

ほんの1、2分でも赤ちゃんの近くから離れるときには、必ず声を掛けるようにしましょう。例えば、トイレやベランダに洗濯物を取りに行くときなどには、「少し待っててね」「すぐ戻るからね」「トイレ行ってくるね」「洗濯物取りに行くから待っててね」などと話しておきます。

赤ちゃんに意味はわからなくても、声掛けをすることが大切なのです。赤ちゃんは、声掛けがあるとママがいなくなり、少しすれば戻ってくることを徐々に学んでいきます。最初は理解できずに泣き出してしまうかもしれませんが、根気強く続けることが必要です。声掛けは親子のコミュニケーションにもなります。必ず行いましょう。

予防策2. おもちゃを与えよう

おもちゃを利用すれば、少しの時間を確保することができます。生後5、6ヶ月を過ぎる頃から、赤ちゃんはおもちゃを使って一人遊びを始めます。お気に入りのおもちゃができると、ママのことを忘れて夢中に遊ぶ子も出てきます。赤ちゃんのそばを離れなければならないときには、赤ちゃんに声掛けをし、お気に入りのおもちゃを与えてから離れるようにするとよいでしょう。

楽器や鈴などの音の出るおもちゃには、この時期の赤ちゃんの多くが興味を持つようです。おもちゃの音に夢中になり、ママがいないことに気づかないこともありますよ。自動で動きながら音を出すおもちゃなら、赤ちゃんはじっと見つめて集中し、後をついていくかもしれません。

予防策3. 家事を分担しよう

赤ちゃんの後追いが激しいと、家事も思うように進まないはず。家のことを何もかも完璧にと思うと、どうしても無理が出てきてしまいますね。できない家事は諦め、少しでもママの負担を少なくしていくことが、ママの精神的安定にも繋がり、赤ちゃんにとってもよいことなのだと考えましょう。そのためには、周りの家族の理解を得て、家事を分担することが大切です。

家事でも育児でも、誰かに任せることが可能なことは任せてみましょう。パパ、おじいちゃん、おばあちゃんなど、力になってくれる人に頼って自分だけでは抱え込まないように。外で仕事をしているパパでも、分担できる家事や育児はあるはず。ママと分担して関わっていくことで、赤ちゃんの後追いを理解し、育児への理解も深まるのではないでしょうか。

予防策4. 部屋のドアを開けておこう

部屋のドアを開けっぱなしにして、赤ちゃんの視界からママの姿が消えない工夫をしましょう。赤ちゃんにとって、ママの姿が見えなくなることは大きな不安です。だから、ドアが閉まったことに気づくと、激しく泣いてママを探し始めるのです。

普段はきちょうめんなママにとっては抵抗があることかもしれませんが、この時期ばかりは赤ちゃんのためにがまんです。「トイレ中も入浴中もドアを開けっ放し」というのは、後追いされた経験のあるママなら、みんな通った道のようですよ。

予防策5. おんぶや抱っこをしよう

赤ちゃんとしっかりスキンシップをとることで、後追いがおさまる時期が早くなるとも言われています。おんぶや抱っこでママとどこに行くのも一緒なら、不安を感じることなく、気持ちを満足させていくことができます。

おんぶをすれば、ママは両手があくので家事もしやすくなりますね。お料理や洗濯などのちょっとした家事なら、赤ちゃんに危ないこともありません。赤ちゃんの後追いが激しくて家事ができない場合は、おんぶ育児をしてみるとよいでしょう。ハイハイで足元を取られるよりも、初めから背中に背負った方が楽だとの声をよく聞きます。

また、家族に赤ちゃんをおんぶしてもらうのもよいでしょう。常に隣で立ってもらうことで、赤ちゃんの気持ちを満たすことができます。

まとめ

ママを必死に求めてくれるのはうれしいことですが、後追いが毎日続くとさすがに大変ですね。ちょっととした工夫で楽になることもありますが、何よりも赤ちゃんとのスキンシップを通して心を満たしてあげることが大切です。パパや家族とも力を合わせて、上手に乗り越えられるといいですね。

関連する投稿


人気のお昼寝布団、おすすめのカバーやバックを一挙紹介

人気のお昼寝布団、おすすめのカバーやバックを一挙紹介

保育園のカリキュラムに「お昼寝」があります。準備するものは様々ですが、「お昼寝布団を準備してください」と言われたら、「何を用意すればいいの?」と戸惑うこともあるかもしれませんね。今回はお昼寝布団について、詳しく紹介していきます。


女の子ママ必見!可愛くておしゃれな女の子のプールバック13選

女の子ママ必見!可愛くておしゃれな女の子のプールバック13選

プールの際、必要となるのがプールバック。園や学校指定のものがない場合は、好きなものを持っていくことになりますが、形も素材も種類も様々。どれを選ぶといいのか迷ってしまいますね。今回は女の子向けの可愛いプールバックをご紹介します。


ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

使う?使わない!? 賛否両論あるベビーベッド。「レンタルでいい」という人から、「長く使うからいいものを買ったほうがいい」という人まで様々な意見があります。今回は、そんなベビーベッドについてじっくり解説していきます。


3歳の子どもにぴったりな自転車は?オススメの商品をラインナップ

3歳の子どもにぴったりな自転車は?オススメの商品をラインナップ

初めての自転車。とてもワクワクドキドキとして誇らしい気持ちになるものです。最近はペダルなし自転車も人気ですが、“自転車”は日常の足となり、子どもの活動範囲も広げてくれます。今回は、自転車デビューにぴったりの1台を見つけられるよう情報を詰め込んでみました!


男の子用のおしゃれなプールバッグって?おすすめデザイン15選

男の子用のおしゃれなプールバッグって?おすすめデザイン15選

保育園や幼稚園、小学校の授業、スイミングの習い事で使う「プールバッグ」。最近は、形やサイズも様々ありますが、男の子用は、なかなかおしゃれなものを見つけにくいものです。「オシャレな男の子用プールバッグ」を紹介しますので、参考にしてみてください。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


20代の妊娠。葉酸の効果や摂取時期について

20代の妊娠。葉酸の効果や摂取時期について

20代の妊娠は高齢出産に比べるとリスクは少ないものの、トラブルの可能性がゼロというわけではありません。健康的な妊娠生活を送るためにも、栄養面などは気をつけたいものです。特に妊娠中は葉酸を摂取する事が推奨されています。今回は、葉酸の効果や摂取する時期などを解説していきます。


ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

ベビーベッドはいつまで使う?メリットとデメリット、選ぶ時のポイント

使う?使わない!? 賛否両論あるベビーベッド。「レンタルでいい」という人から、「長く使うからいいものを買ったほうがいい」という人まで様々な意見があります。今回は、そんなベビーベッドについてじっくり解説していきます。


幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

幼稚園は私立と公立どっちを選ぶ?それぞれの違いや特徴を徹底比較

子どもが幼稚園に入る時期になると、幼稚園とはどんなところなのか知る必要があります。幼稚園には私立と公立の違いがあるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。どちらの幼稚園に通わせるべきか迷ったら、詳しい違いを比較することをおすすめします。


3歳の子どもにぴったりな自転車は?オススメの商品をラインナップ

3歳の子どもにぴったりな自転車は?オススメの商品をラインナップ

初めての自転車。とてもワクワクドキドキとして誇らしい気持ちになるものです。最近はペダルなし自転車も人気ですが、“自転車”は日常の足となり、子どもの活動範囲も広げてくれます。今回は、自転車デビューにぴったりの1台を見つけられるよう情報を詰め込んでみました!


保育園・幼稚園の進級準備は早めに!便利グッズや準備のコツなど

保育園・幼稚園の進級準備は早めに!便利グッズや準備のコツなど

今まで通っていた保育園や幼稚園で進級する家庭もあるでしょう。入園ではいろいろと書類も用意され準備するものがわかりますが、進級となると何を準備してよいのかわからない場合もあります。保育園や幼稚園で今年進級する家庭のために、進級の準備のコツを紹介します。