ママのための悩み解決サイト
【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」を増やす4つの方法

【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」を増やす4つの方法

妊娠・出産に欠かせない女性ホルモン「エストロゲン」は初潮を迎える頃から分泌され始め、40代後半頃から分泌量が急激に低下していきます。月経、妊娠・出産以外にも皮膚や骨、血管等の健康を保ったり、糖・脂質代謝によい影響を与えたり、認知症リスクを抑えるなど重要な役割を担っているエストロゲンを増やすためにできることを紹介します。


この記事の監修ドクター
 産婦人科医長 加藤智子 先生
浜松医科大学医学部医学科卒業、社会医療法人財団新和会八千代病院勤務。日本産科婦人科学会(専門医)、日本医師会(認定産業医)、日本抗加齢医学会(専門医)、NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性心身医学会、検診マンモグラフィ読影認定医、日本気象予報士会東海支部(気象予報士)。女医+(じょいぷらす)所属。
妊娠や子育て、不妊治療、婦人科疾患など皆様が不安なことが多い女性の一生をサポートし、皆さまの悩みに少しでもこたえられるような情報を提供できたらと思います。医師そして気象予報士としての視点でも健康についてアドバイスしていきます。

増やす方法①:薬でエストロゲンを補う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エストロゲンの減少に「ホルモン補充療法(HRT)」

飲み薬や貼り薬、塗り薬、腟剤などを用いて、閉経前後に不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を補充する療法です。エストロゲンが不足して起こる更年期障害・症状の治療として医師が処方する薬なので健康保険を適用できます。

ホルモン補充療法は慎重に

基本的に「エストロゲン」と「黄体ホルモン」の2種類の女性ホルモンを投与します。エストロゲンだけを長期間投与は子宮内膜が増殖しがんにつながる可能性があるため、黄体ホルモンを併用し月経様の出血を起こして子宮内膜の増殖を防ぎます。短期間のHRTや子宮摘出後の人は黄体ホルモンは必要ありません。

<HRTができない人>
乳がん、子宮がん、血栓症、脳卒中や心筋梗塞を起こしたことがある人などです。子宮筋腫、高血圧、肝機能異常がある人は投与量、投与方法を考慮し慎重に治療をすることがあります。

<HRTとがんリスク>
大腸がん、卵巣がんの発症リスクは下げるといわれています。また乳がんや心筋梗塞、脳卒中の発症リスクについても明らかな増加はないという報告が出ています。

担当医、専門医と相談の上治療をしていくことで自分のからだに適したHRTを安全におこなうことによって更年期からのいきいきした生活に役立てていきましょう。

増やす方法②:サプリメントを活用する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エストロゲンと似ている「イソフラボン」

大豆イソフラボンの構造や働きはエストロゲンとよく似ており、「植物エストロゲン」といわれています。大豆製品にイソフラボンは含まれていますが、食事だけでの摂取が難しい場合にはイソフラボンのサプリメントを利用するのもひとつの手といえるでしょう。

エストロゲンのもとになる「DHEA」

「ホルモンの母」といわれているDHEAは女性ホルモンの原料で、摂取すると体内でエストロゲンに変換されます。25~30才をピークにDHEAは体内で生成されますが、年齢を重ねるとともに減少していくのです。サプリメントでDHEAを補う方法がありますが、日本では医薬品扱いなので医師に処方してもらいましょう。

サプリメント摂取の注意点

サプリメントは過剰摂取に十分注意してください。サプリメントでイソフラボンを摂取する場合には1日に30mgまでと食品安全委員会で決められています。また、DHEAは女性ホルモンだけでなく男性ホルモンのもとでもあります。過剰に摂取すると男性ホルモンの値が上昇し、ニキビやひげが増えるなど男性化しやすくなります。

増やす方法③:おすすめの食べ物

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

イソフラボンを含む食品

イソフラボンを多く含む食品は納豆、豆腐、きな粉、煮豆、油揚げ、みそなど大豆を使ったものです。このような食品に含まれているイソフラボンの吸収力をアップするために、ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維の多いものを食べて腸内環境を整えることも大切です。

DHEAを増やす食品

ヤムイモ(山芋)にはDHEAが含まれているといわれています。特に、自然薯がおすすめです。DHEAが腸で吸収されやすくなるように、すりおろして食べるといいでしょう。アボカドや黒豆、納豆もDHEAを増やすとされている食品です。

増やす方法④:エストロゲンを増やす生活習慣

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

規則正しい生活リズム

エストロゲンを分泌しやすい体を目指すなら、自律神経のバランスを整えておきましょう。規則正しい生活を送って活動と休息のメリハリをつけ、ストレスをためこまないことが大切です。毎朝、決まった時間に起床するよう心がけましょう。瞑想すると脳内でシータ波が出され、DHEAが増えるともいわれています。

適度な運動

運動をすると、運動前と比べてエストロゲンが増えるといわれています。エストロゲンの分泌が減少している更年期でもこのような効果があると考えられているので、適度な運動を習慣づけましょう。有酸素運動はDHEAも増加するといわれているので、ウォーキングやサイクリング、水泳などがおすすめです。

まとめ

閉経に向けてエストロゲンの分泌量は減っていきます。しかし、ここでご紹介したようにエストロゲンを増やすといわれている方法はいくつかあるので、健康的な女性であり続けるために毎日の生活のなかに上手にとり入れていきましょう。まずは食べ物や生活習慣を見直すことから始めるといいでしょう。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができない人の特徴は?片付けのコツや収納グッズの活用法など

整理整頓ができないと思っている人には、ある特徴を持っています。片付けられないと感じるなら、その原因を理解してみましょう。物を整理するにはコツが必要で、そのポイントさえわかってしまえば簡単なのです。整理整頓ができる人になるコツを紹介します。


厄介なノロウイルスと予防〜感染性胃腸炎に気をつけて~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.24】

厄介なノロウイルスと予防〜感染性胃腸炎に気をつけて~【ママ女医と娘の○○な日常 vol.24】

毎年冬になると流行する感染性胃腸炎。今年も徐々に増えて来ています。今回は、感染性胃腸炎の原因と予防法について簡単に解説します。


ハンガーラックとカバーの使用用途とお洒落に見せる方法

ハンガーラックとカバーの使用用途とお洒落に見せる方法

洋服をしまう収納を増やしたいという家庭では、ハンガーラックを新調してみましょう。ハンガーラックの使用用途や、お洒落にレイアウトするポイントを紹介します。部屋にクローゼットが備え付けられていない家庭でも、別途ラックを購入すれば洋服の分類ができて便利です。


美容ランキング


>>美容ランキング