ママのための悩み解決サイト
「ひきこもり主婦」 になるかも!?  よくある原因と抜け出し方

「ひきこもり主婦」 になるかも!? よくある原因と抜け出し方

ひきこもり主婦って一体なに? 近年では、この「ひきこもり状態になる主婦」が一種の社会問題化しているのです。主婦の無気力について、解説していきます。


ひきこもり主婦の可能性?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ひきこもり主婦という言葉を知っていますか? 文字通り「ひきこもり状態」に陥っている主婦のことです。実は主婦の無気力が30代~50代にかけて深刻化していると言われているのです。一体どういうことなのでしょうか? 今回はこの社会現象でもある「ひきこもり主婦」について解説していきます。

ひきこもり主婦とは

現在では、30代~50代と、高齢層のひきこもりも増えており、家庭の主婦がひきこもりになるケースも問題化しています。

ひきこもり主婦になる原因

主婦がひきこもりになるケースは、スタートは経済的な問題であることが少なくありません。専業主婦は、自分が働いていないという意識が強い分、節約に励もうという傾向があります。そして、夫や子どものこと以上に、自身のことを節約する傾向があります。メイクやファッションにも無気力になり、引きこもりがちになってしまうことも。

また、中年期にひきこもりになる方に多く見られるのが、思春期の自分の親子関係を引きずっているパターンです。親からの精神的な自立ができておらず、その親子関係を、現在の自分の家庭に投影してしまい、うまく向きあうことができなくなってしまっているということもあります。

ひきこもり主婦のケース

ひきこもりになる主婦にはいくつかのケースがあります。子どもの有無だけでなく、子どもがいる場合、年齢によっても状態が異なってきます。

子どもアリのひきこもり主婦

ひきこもり主婦のパターンを分けると、子どもがいる場合といない場合では、原因をはじめ、さまざまな違いがあります。

子どもありの主婦がひきこもりになる原因には、出産がかかわる場合も多くあります。出産後に体調不良になったり、いわゆる産後うつになったりと心身が不調になり、外に出る気力が失われてというパターンです。出産で体型が変わってしまい自信がなくなり、といったことも関係します。

子育て中の人間関係、とくにママ友とのトラブルが原因でひきこもりになってしまうケースもあります。子育てが終わり、ほっと一息つきつき安心した反面、気が抜けて無気力になり、ひきこもりになってしまう場合もあります。

子どもナシのひきこもり主婦

子どもがいない主婦の場合、孤独感を原因として、ひきこもりになるケースが多くあります。結婚して変わった新しい生活環境に馴染めなかったり、結婚を契機に仕事を辞めたことが自信喪失や、社会に対する苦手意識に繋がってしまったり。そういった精神の不安定さを旦那さんに理解してもらえなかった場合、一気に状況が悪化するケースが少なくありません。

30~50代のひきこもり主婦

年代別にひきこもり主婦の主な特徴を見てみましょう。

・30代…新たな地域のコミュニティーに馴染めずにひきこもりになる主婦が多いようです。
・40代…子どもの進学の悩み、親の介護の問題など、家庭の問題が多くなり、そこに更年期障害の症状がくわわり、精神的なバランスを崩して、ひきこもりになるケースが多いようです。
・50代…子どもの手が離れ、夫の退職が近づき……といった、ぼんやりとした人生の不安が原因となり、ひきこもりになっていく方が多い傾向です。

ひきこもり主婦を脱出するには?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人と接することなく家に閉じこもっている、ひきこもり。つらく苦しいですが、家族のためにもいい状態ではありません。どのようにすればよいか、見ていきましょう。

身近な目標を考えてみよう

自分の位置や人生の方向性を見失って、ひきこもりになってしまう方が多いです。まずは自分がいま何をしたいのかを、じっくりと考えてみましょう。そして生活の目標を見つけましょう。手の届かない難しい目標を立てると、そこからまた自信を失ってしまいがちです。

目標は、なるべく小さなことから設定するのが望ましいです。最初は「毎日○時に起きる」などと、本当にささいなことでもかまいません。自分のペースで進めていきましょう。

話相手を見つけて会話を楽しもう

長い間、会話をする相手が夫しかおらず、その夫とも心のすれ違いを感じる……。ひきこもり主婦に多いパターンです。家の中でしか会話がないという状態は、ひきこもりを固定化する原因となります。話し相手が見つからない場合は、ネット上での関係でも心の支えになり、外へ気持ちが向かう手助けになる場合があります。SNSなどを使って、話し相手を見つけるのもひきこもり主婦を脱出するひとつの手です。

体を動かしてスッキリしよう

運動不足は、どんどんと出不精になる原因。まずは、家の中でいいので、身体を動かすように心がけましょう。テレビを観ながら体操したり、音楽をかけながらヨガをしたり。そして少し身体が慣れたら、大きめの公園を目指してウォーキングの習慣をつけるのもいいかもしれません。運動は、生活リズムを自然に作る糸口となります。

まとめ

ひきこもりを脱出する出口は、意外と身の回りにあるものです。あくまでも、焦ったりするのはNG。無理をせずゆっくりと一歩一歩、できることから初めていきましょう。

関連するキーワード


育児 産後 産後うつ

関連する投稿


産後の抜け毛がひどい! 家でできる簡単ケアは?【産後の不調 #1】

産後の抜け毛がひどい! 家でできる簡単ケアは?【産後の不調 #1】

産後、多くのママが悩まされる、抜け毛の問題。急にごっそり抜けるようになると心配になりますよね。今回は、漢方美容家・毛髪診断士など多くの肩書きを持ち、美のスペシャリストである、余慶さんに産後の抜け毛対策について聞いてみました。


子連れ大満足!プールも! 大型遊園地「ひらかたパーク」の楽しみ方まとめ

子連れ大満足!プールも! 大型遊園地「ひらかたパーク」の楽しみ方まとめ

「ひらパー」の愛称で、地元民にはもちろん、関西圏に住む人々に長く愛されている「ひらかたパーク」。特に、夏になると解放される野外プールは大人気! 夏休みは連日たくさんの家族連れで賑わいます。


横浜国際プールは子連れにおすすめ! お得に活用するには?

横浜国際プールは子連れにおすすめ! お得に活用するには?

横浜国際プールは、神奈川県横浜市にある横浜市営のプール(公募で決定した愛称は「WATER ARENA ウォーターアリーナ」)。市営というだけあって非常にリーズナブル!! でも、市営プールとは思えない、広々とした立派なプールで泳げちゃうんです。魅力をたっぷりと紹介します。


子どもに薬を上手に飲ませる方法 【ママ女医と娘の○○な日常 vol.7】

子どもに薬を上手に飲ませる方法 【ママ女医と娘の○○な日常 vol.7】

子どもは病気にかかりやすいもの。特に生後半年頃から、お母さんから受け継いだ免疫(移行免疫)がなくなり、風邪をひきやすくなります。そうして徐々に自分の免疫をつけていくのですが、看病で疲れてしまっている親御さんも多いのではないでしょうか(私もその一人です…)。


サンシャインプールに子連れで行こう! 家族で絶対に行くべき理由は?

サンシャインプールに子連れで行こう! 家族で絶対に行くべき理由は?

いま九州で最も人気のある、親子で遊べるスポット「サンシャインプール」。広大な敷地に多数のアトラクションが揃い、思い切り楽しめること間違いなし! 赤ちゃん連れOKなのもうれしいところ。家族みんなで楽しめる魅力を紹介していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


雛人形の由来って知っている? 起源と飾り方まとめ

雛人形の由来って知っている? 起源と飾り方まとめ

女の子のお祝い事である桃の節句。季節行事として楽しむだけでなく、歴史や由来などを知って、お祝いをすると、きっと喜びに満ちあふれたものになるはず。雛祭りに飾る「雛人形」について、詳しく解説していきます。


<季節別>新生児用カバーオールの選び方、人気ブランド3選

<季節別>新生児用カバーオールの選び方、人気ブランド3選

赤ちゃんが生まれたら、1つは用意しておきたい「カバーオール」。今回は、ベビー服の1つであるカバーオールの概要と、着こなし、選び方までをご紹介します!


【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

熱性けいれんガイドラインが改定されました。滅多に死亡しませんがてんかんと関係が深い複雑型は、発作を繰り返すうちに後遺症が残ることも。高熱が出るインフルエンザにも要注意です。「夜中でも救急車を呼ぶべき?」、「解熱剤で発作が誘発される?」、「予防薬ダイアップは保育園に預けられる?」など疑問に答えます。


【医師監修】子供が痛がる耳下腺炎の原因・症状・治療法まとめ

【医師監修】子供が痛がる耳下腺炎の原因・症状・治療法まとめ

耳下腺炎は子供がなりやすく、おたふくもこの耳下腺炎の1種です。頬が腫れて痛み、熱が出る症状が特徴です。「原因、治療法は?」、「保育園はお休み?」、「病院は何科?」、「抗生物質や予防接種は有効?」など、気になる情報をお伝えします。


大人の都合で子どもに“厳しい一言” ママたちが悩む言葉遣い問題

大人の都合で子どもに“厳しい一言” ママたちが悩む言葉遣い問題

子供への叱り方に悩むママは多いでしょう。そのつもりはなくても、子供に怖さを与えてしまっていたりと、ふっと冷静になった時に反省することも。そんなママたちの悩みに、尾木ママは警笛を鳴らします。