ママのための悩み解決サイト
赤ちゃんの沐浴はいつまで? 最適な沐浴手順と注意点とは?

赤ちゃんの沐浴はいつまで? 最適な沐浴手順と注意点とは?

退院後、助産師さんの助けがない育児スタートにドキドキするママも多いことでしょう。一人で行う沐浴も、緊張の瞬間のひとつ。入院中に手順を教わることも多いですが、いざ一人で実践となると簡単にはいきませんよね。沐浴の準備や終わった後のケアも含め、上手に行うための手順をご紹介します。注意点とよくある疑問も併せてご覧ください。


赤ちゃんの沐浴の基礎知識

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

実践方法の前に、まずは沐浴の目的や行う期間など、基礎知識について知っておきましょう。

沐浴の目的

お湯をはったベビーバスやたらいなどに赤ちゃんを入れ、お湯で全身をきれいに洗ってあげることを沐浴と言います。これと区別するべく、バスタブに親と一緒に入ることは入浴と言います。

沐浴は、赤ちゃんの肌を清潔に保ち、湿疹やあせもなどのトラブルを防ぐために行います。生後間もない赤ちゃんはただ寝ているだけに見えますが、しっかり汗をかいており、背中やオムツの中は蒸れやすくなっています。また、おしっこやウンチが頻繁なので、お尻が汚れたり、かぶれることも多いです。赤ちゃんを肌荒れから守るためにも、1日1回は沐浴をしましょう。

沐浴期間はいつまで?

新生児期は細菌に感染しやすいため、生後1ヶ月を過ぎるまでは沐浴を行うようにしましょう。1ヶ月検診で特に問題がなければ、大人のバスタブでの入浴もできるようになります。ただし、1ヶ月後に必ずしも入浴に切り替えなければいけないわけではありません。入浴を始めるタイミングは、1ヶ月を過ぎて医師のOKをもらえていればいつでも構いません。赤ちゃんの様子や生活状況などで判断するといいでしょう。

沐浴の上手なやり方と5つのステップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは、沐浴を上手に行うための5つの手順をご紹介します。準備と終わった後のケアについても説明しているので、ぜひ参考にしてください。

まずは準備を万全に

沐浴を始める前には、必ずバスタオルと赤ちゃんの着替え、新しいオムツを用意しておきましょう。終わった後に準備すると、湯冷めして風邪をひく可能性があります。その際、着替えは暖かい部屋に用意しておくといいですね。あらかじめ肌着の袖を服の袖に通しておき、オムツを衣類の上に広げておくと、着替えがスムーズで楽ですよ。

湯上りの赤ちゃんをくるむバスタオルは、沐浴を行う場所の近くに広げて置きましょう。赤ちゃんが痛くないよう、座布団やタオルなどを敷いておくといいですね。

赤ちゃんの持ち方・お湯への入れ方

赤ちゃんは、利き手と反対の手で持ちます。親指と中指で耳の後ろをつかみ、人差し指で頭を支えるように持つと安定しやすいですよ。赤ちゃんの耳を餃子のようにしてふさぎながら持てるとよりいいですね。お湯へ入れるときは、右手でお尻を支え、赤ちゃんがびっくりしないよう足からゆっくり入れましょう。このとき、沐浴ガーゼをお腹にかけてあげると赤ちゃんが安心しやすいです。

顔、頭の洗い方

まずは、お湯で濡らしたガーゼで、面を替えながら目蓋をやさしく拭きます。再度ガーゼを濡らし、おでこ→鼻→鼻の下→頬→顎と、顔全体を拭いていきましょう。顔が終わったら、頭を洗います。お湯で濡らした後、ベビーソープをつけてママの手でやさしく撫でるように洗ってあげましょう。終わったら、濡らしたガーゼで流してあげます。流し終わったら、湯冷めしないよう固く絞ったガーゼで頭を拭いてあげるといいですね。

体の洗い方

ベビーソープをつけて、まずは首のしわを伸ばしながら洗います。その後、胸とお腹を「の」の字を描くように洗いましょう。脇→腕→手をママの手をくるくる回しながら洗います。赤ちゃんが手を握っている場合は、小指の方から指を入れてそっと開きながら洗ってあげましょう。背中とお尻を洗うときは、赤ちゃんを持っている方の腕で胸を支えるようにしてひっくり返しましょう。ベビーソープをつけてやさしく洗います。再度赤ちゃんを仰向けにし、最後にお股と足を洗って終了です。

沐浴が終わったら

上がり湯をして出ます。ベビーソープを使った場合は、別に用意しておいた上がり湯をかけたり、ベビーバスのお湯を半分くらい新しく替えてあげるといいでしょう。終わったら、両手で頭とお尻を持ってゆっくりお湯から出します。

用意しておいたバスタオルに赤ちゃんを寝かせ、軽く抑えるように全身を拭いてあげましょう。服を用意している暖かい部屋に移り、オムツを履かせたら服を着せる前に綿棒でやさしくおへそのお手入れをします。乾燥する季節は、このときに保湿クリームを塗ってあげるといいですね。服を着せたら、最後に綿棒で耳も軽くお手入れしてあげましょう。

沐浴をする時の3つの注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

沐浴をする際には、以下の点に気をつけることも大切です。覚えておきたい3つの注意点を見ていきましょう。

お湯の温度・室温

赤ちゃんは体温が高く、体も小さいのでのぼせやすいです。そのため、お湯の温度は、ちょっとぬるいかな?と感じる38度前後が最適です。できれば、温度計を使って確認しましょう。測った後は、肘を入れて再度チェックしてください。

沐浴は、できるだけ暖かい場所で行いましょう。特に、寒い冬場は室温を25度以上に保つといいですね。立って行うと楽なので、ベビーバスが入るのであればキッチンシンクで行うことをおすすめします。ビニールシートを敷いてリビングで行う方法もあります。お風呂場で行うときは、暖房がある場合はつけておき、ない場合は湯船にお湯をはるか、ある程度シャワーを出しておくなどして、蒸気で室内を温めておきましょう。沐浴をする場所だけでなく、着替える部屋を暖かくしておくのも忘れずに。

沐浴時間・タイミング

沐浴時間は、10分を超えないよう注意しましょう。先にも述べましたが、赤ちゃんは体が小さいのでのぼせやすいです。また、沐浴はできるだけ毎日一定の時間帯に行うことをおすすめします。赤ちゃんの生活リズムが整いやすくなりますよ。できれば、冬は暖かい時間、夏は涼しい時間帯を選びたいですね。また、母乳やミルクを吐いてしまう可能性があるので、授乳直後の沐浴は避け、食後1時間以上は開けて行いましょう。逆に、空腹でもぐずったり、泣いて暴れやすくなります。眠い場合も同様なので、このような時間帯も避けましょう。

沐浴を控えたいケース

熱がある日は沐浴を控え、暖かく濡らしたタオルで体を拭いてあげるにとどめましょう。お尻かぶれが気になる場合は、洗面器などにお湯をはり、お尻だけ洗ってあげてください。

よくある沐浴の疑問Q&A

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後に、赤ちゃんの沐浴に関してよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。

沐浴布(ガーゼ)は必要?

沐浴布(ガーゼ)は、お湯に入れる際に赤ちゃんが安心するようかけるものです。かけなくても平気な場合は、特に必要ありません。ただし、顔や頭を拭いてあげる用のガーゼは準備しておきましょう。

沐浴剤とは?ベビーソープとどっちがいい?

沐浴剤とは、お湯に適量を溶かすことで、ベビーソープや石鹸を使わなくても赤ちゃんをキレイにできる洗浄剤です。上がり湯が必要ない(洗ったお湯のまま出てもOK)、両手を使って赤ちゃんを洗えるなどのメリットがあるので、沐浴に慣れていないママには嬉しいですね。ただ、沐浴剤は新生児ニキビの予防には適していないとの指摘もあります。どちらか一方を選ぶのではなく、週の何日は沐浴剤にするなど、併用するといいかもしれません。

嫌がって大泣きするときはどうする?

まずは、赤ちゃんが嫌がる時間帯(空腹、眠い時間など)を避けるのが前提です。そのうえで泣く場合は、安心させるよう「大丈夫だよ」「気持ちいいね」「お顔を洗おうね」など、やさしく話しかけてあげましょう。洗う人の不安な気持ちが伝わることもあるようなので、おどおどせず、自信をもって臨むことも大切です。沐浴に慣れてくれば、赤ちゃんも泣かなくなるでしょう。

赤ちゃんの耳に水が入ったらどうする?

耳に水が入ってしまったときは、慌てずに綿棒で拭いてあげましょう。このとき、奥まで入れすぎないよう注意してください。ずっと泣き止まなかったり、機嫌が悪い場合は受診しましょう。

ウンチしちゃったらどうする?

ウンチをしてしまったら、慌てずにお湯を新しく替えてあげましょう。赤ちゃんのお尻をシャワーでキレイに洗い流し、沐浴を再開してください。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

水を使うものだからこそ、沐浴はとても緊張するものです。慣れない頃は落としてしまわないか、耳や鼻にお湯が入ってしまわないかと不安になるかもしれませんが、心配しすぎると余計に緊張してしまいます。教わった手順のとおり、自身を持って行いましょう。どうしても心配なときは、頭の部分にクッションがついたベビーバスや、縁にひっかけて赤ちゃんを寝かせられるネットなど、さまざまな便利グッズもあるので、そちらの利用を検討してみてもいいですね。

関連するキーワード


育児 沐浴

関連する投稿


【海外での子育て論】実体験で感じた、日本で学ばない知識を得るメリット

【海外での子育て論】実体験で感じた、日本で学ばない知識を得るメリット

海外で中・高校生時代を過ごした中川淳一郎氏が、海外での子育てについて、メリット・デメリットを紹介。多感な時期を海外で過ごし、実際どうだったのでしょうか?


「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

痛ましい幼児虐待のニュース。身近でもありえることですが、通報するレベルの判断が難しいところ。今回、中川淳一郎氏が、ご自身の経験から判断基準にしていることを教えてもらいました。


子どもの反抗期どう向き合えば良いの!? 傾向と原因・向き合い方

子どもの反抗期どう向き合えば良いの!? 傾向と原因・向き合い方

子どもの頃、親の言うことやすることがいちいち鼻についてイライラした……という経験、ありませんでしたか? これがいわゆる反抗期ですが、実は思春期だけではなくて、もっと早い幼児期にも反抗期があるのです。幼児期の子どもに振り回されているママさん。そのわがまま、反抗期に突入しているからかもしれません。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


最新の投稿


七夕にお願いごとをするのはなぜ? 行事の由来と楽しみ方

七夕にお願いごとをするのはなぜ? 行事の由来と楽しみ方

保育園や幼稚園、小学校でも季節の行事として取り上げられている七夕。織姫と彦星の話をなんとなく知っているという人も、改めて七夕の意味を紹介していきます。


災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

子どもと災害対策について話し合ったことがありますか? 万が一の時に身を守る手段、身を守る術を知っておくことが重要です。子どもを守る古くからの防災グッズとして利用されている防災頭巾を用意しておくことをおすすめします。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

出産予定が近くなってから腹痛を感じると、陣痛なのか、それともお腹の赤ちゃんに何か起きているか、気になってしまいますよね。臨月になると腹痛を感じる妊婦さんは多いようです。 臨月に感じる腹痛の原因、そして経過をみて良い痛み、すぐに受診すべき痛みについてまとめてみました。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

双子の妊娠と単胎妊娠では、妊娠の兆候や経過、症状にどのような違いがあるのでしょうか?妊娠中の母体・赤ちゃんの状態と、起こり得る4つのリスクについて説明します。できれば双子がほしい!という方に向けて、双子妊娠の確率と産み分けに関する情報もお伝えします。