ママのための悩み解決サイト
子育て疲れしていない? 気になる症状と原因、4つの解消法とは

子育て疲れしていない? 気になる症状と原因、4つの解消法とは

子育ては毎日のことで、子どもが小さい時ほど気を抜く暇もなく子育てをしている人は多いでしょう。かわいい自分の子どものことでも、日々の疲れが溜まると体力的、精神的にまいってしまうことも。実は深刻なことにもなりかねない子育て疲れについて考えていきましょう。


子育て疲れって具体的にどんなもの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どのような症状が子育て疲れなのか、子育て疲れの症状や起こりやすい環境を見ていきましょう。

この症状は子育て疲れ?

子育て疲れの症状は、体調面と精神面のどちらにも現れることがあります。

身体がだるく疲れが取れない、頭痛やめまいがする、すぐにイライラする、食欲がコントロールできない、急に1人になりたくなるなど。ひとつでも当てはまると、子育てによる疲れが溜まっている可能性があります。

子育て疲れは、ときに離婚の原因にもなり得ます。旦那さんも外で仕事をしているとはいえ、家事・育児のすべてを任せられることで不満を感じたり、旦那さんに子育ての相談をできないことに不満が溜まったりします。男性が育児や家事に協力的になってきてはいるものの、まだまだ家の負担は女性にかかりがち。子育て疲れでまいっているときに男性に非協力的な態度を取られることで、頭に離婚がちらつく女性も少なくありません。

1歳半、2歳がイライラのピークに

子育て疲れは、子どもが1歳半から2歳の頃がピークだといわれています。子どもが小さいうちはおむつ替えや授乳などでいろいろと手間がかかります。数時間に一度授乳を行うため、まとまった睡眠時間が取りにくく疲れが溜まっていきます。そして子どもが1歳になると、ハイハイをしたりつかまり歩きをしたりと行動範囲が広がっていくため、余計に目が離せなくなります。

また、いやいや期と呼ばれる子どもの反抗期のピークは2歳ころとされます。意思疎通もまだうまくできない時期なので、いやいや期がひどいと大変です。身体の疲れに加えて子どもの反抗が加わることで、より育児疲れを引き起こしやすい時期といえるのです。

旦那のイライラと子育て疲れのダブルパンチ

子育てをしていると、旦那さんにイライラしてしまう女性も少なくありません。男性のささいな行動や言動にイライラさせられることもあるでしょう。たとえば帰ってきて服を脱ぎ散らかす、赤ちゃんが泣いていても自分はくつろいでいる、ようやく寝かしつけた赤ちゃんを帰宅した旦那さんが起こすなど。一つ一つは些細な事だとしても、疲れが溜まっているとダブルパンチで余計にまいってしまう女性も少なくありません。

共通原因を分析!子育て疲れの理由

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子育て疲れはなぜ起こるのでしょうか?共通した原因を考えていきましょう。

いつになったらぐっすり眠れるの?

産後からしばらくは、まとまった睡眠がとれず睡眠不足になりがちです。赤ちゃんが小さいうちは排泄の回数や授乳の回数が多い時期です。2~3時間に一度は赤ちゃんの様子をみることになります。しっかり睡眠をとれないことで、疲れが取れにくく精神的にも疲れてしまいます。自分は子どもの夜泣きで起きるのに旦那さんは寝ているだけでなにもしてくれない、そんな不満が溜まってしまうこともあります。いつになったらぐっすりと眠れるのだろうかという不安や体力的な疲れなどが子育て疲れの原因となります。

休憩時間&休日ゼロで子育て疲れが蓄積!

子育てには基本的に休みはありません。子どもが小さいうちは、ちょっとの時間でも目を離すことができません。母親が少しでも離れるだけで泣き出してしまう子もいるため、ゆっくりするどころかトイレすら落ち着いて入れない状態です。当然、旦那さんが仕事休みの時も子育ては休みではありません。積極的に子育てをサポートしてくれる旦那さんの場合、少しの休息を取ることができます。しかし一切手伝ってくれない男性の場合、かえって疲れが蓄積してしまいます。「子どもと毎日一緒でいいね」や「日曜日なんだから休ませて」のような、男性の無神経な一言がさらにストレスに拍車をかけることも。

身体の物理的な変化も子育て疲れの原因に

産後すぐ、女性の身体はホルモンバランスが変化しています。それが原因で体調を崩しやすかったり、精神的に不安定になりやすかったりする時期です。出産によって体力が落ちていることもあります。物理的に身体が変化した状態で育児生活が始まることが、子育て疲れの原因になると考えられています。

子育て疲れしやすいママの性格とは

子育て疲れしやすいママの性格には傾向があります。

きれい好きな性格がアダに

子どもがいるとどうしても部屋が散らかりやすいです。それをきれいに保つのは大変で、掃除を頑張り過ぎて疲れてしまうことがあります。精神的にも散らかっている部屋が許せなく、イライラしやすい傾向もあります。

完璧主義のママは要注意!

子育ては予測不能なことがおきますし、完璧に行おうとすると大変です。きれい好きな性格にも通じるところがありますが、完璧に子育てを行わなければいけないと気負い過ぎるとストレスや疲労が溜まりやすいと考えられます。なにもかも完璧に行おうとする必要はありません!

実践的に役立つ4つの子育て疲れ解消法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子育てで疲れが溜まるのは仕方がないことなので、それを溜め込まずに少しでも解消していくことが大切です。取り入れやすい解消法を4つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1人になりたい時、狙い目の逃げ場とは??

どんなにかわいい我が子を相手にしていても、疲れが溜まってくると「1人になりたい」と感じることがあります。この逃げ出したい感情を抱くことは誰にでもあり得ることなので、自分を責める必要はありません。自分の心からのSOSを素直に受け止めて休息をとるのが大切です。旦那さんが育児に協力的なら、少しの時間旦那さんに子どもの面倒を見てもらい休息を取りましょう。旦那さんに預けられないとき、狙い目なのがショッピングモールの託児所です。買い物するときに1時間単位で預かるなどのサービスを行っていることがあります。子どもを放ったらかして買い物なんてと思う人もいるかもしれませんが、たまの息抜きは悪いことではありません。きちんとした保育士がいる場所なら安心です。買い物をして気分転換にもなりますし、上手に活用してはいかがでしょうか?

安い市区町村のサポートサービスをチェック

自治体によっては、子育てをサポートする制度がいろいろとあります。そのひとつが子どもを一時的に預けるものです。自治体を通した保育園や認定子供園などで一時預かりを行っている自治体は多いです。長期的に保育園に入れるためにはいろいろな条件を満たす必要がありますが、短時間預けるだけなら厳しい審査はありません。育児疲れで休みたいという理由ももちろん大丈夫。自治体を通しているので、料金もそれほど高くはありません。育児疲れが溜まったときにはまずは一度自治体の窓口に相談してみましょう。

読むだけで効く子育て漫画5選

漫画を読むと息抜きや気分転換になります。子育て漫画には子育てあるあるも組み込まれているので、悩んでいるのは自分だけじゃないと気持ちが楽になることも。おすすめの子育て漫画を5つ紹介します。

毎日かあさん カニ母編

作者の人間味溢れる内容が詰まった作品。完璧に子育てをしなければと思っている人におすすめです。

オカアチャン1年生 トリペと2

有名なリラックマの作者が執筆している漫画で、子どもが1歳になるまでの子育てのあるあるな日常を描いています。

おかあさんの扉

高齢出産ママのエピソードが描かれた子育て漫画です。

育児なし日記VS育児され日記

赤ちゃんの視点に立ったセリフが面白い子育て漫画です。想像で描いているはずなのに、リアルなセリフにくすりとさせられる漫画です。

親バカ日誌

パタリロの作者による子育て漫画。男性目線の親バカぶりが描かれています。

押すと子育て疲れが癒える3つのツボは??

身体を思い切り動かすとストレス解消になりますが、なかなかそんな時間が取れないというときはツボ押しがおすすめです。効果的な3つのツボを紹介します。

百会

睡眠不足解消や頭痛解消に効果的なツボ。頭の頂点にあります。息を吐きながら両手の中指で押しましょう。

天宗

授乳で疲れたときにおすすめツボ。肩こりや腕の疲れに効果的。背中の肩甲骨中央あたりにあるツボで、自力では押しにくい位置にあります。ゴルフボールをおきその上に寝転がるようにすると簡単に刺激できます。

腎ゆ

腰痛や冷え、むくみに効果があるツボです。高さは腰の一番くびれているところで、背骨から指2本外側に位置しています。腰に手を当て親指で押しましょう。強く押しすぎると逆効果です。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子育て疲れは誰にでも起こることです。ひどい症状を放っておくとさらに悪化し、うつ病などを発症する可能性もあります。育児の疲れを感じたときは無理せずに吐き出し、ため込まないようにすることも大切です。自分なりの解消法を見つけていきましょう。

関連する投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんの便秘で困ったら綿棒浣腸はいかが?【ママ女医と娘の○○な日常 vol.26】

赤ちゃんだって便秘をします。便やガスでお腹が張れば、気持ちが悪いのは赤ちゃんも大人も同じ。今回は、赤ちゃんの便秘対策として、「お腹のマッサージ」「綿棒浣腸」のやり方をご紹介します。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内でも子どもが思い切り遊べる室内用ジャングルジム。運動することで体力づくりにもなり、人気があります。そんな室内用ジャングルジムは何歳くらいから遊べるのか、購入に関しての注意点をまとめました。おすすめの室内用ジャングルジムも紹介します。


ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

離乳食作りは子どもが食べやすいように、柔らかく煮込んだり刻んだりして作るので意外と手間と時間がかかります。そのひと手間の軽減に役に立つのがハンドブレンダー。ハンドブレンダーを離乳食作りに使うコツや、選び方のポイントなどを紹介します。