ママのための悩み解決サイト
妊娠線ができやすい人の特徴は? 気をつけたい3つのこと・ケア方法

妊娠線ができやすい人の特徴は? 気をつけたい3つのこと・ケア方法

妊娠中の気になる肌トラブルの1つに、お腹などの皮膚にひび割れのような線が入る「妊娠線」があります。この妊娠線は、一旦できてしまうと消えることがないといわれていますが、できないように予防することは可能なのでしょうか? ここでは、妊娠線の原因や予防方法などについてお話していきます。


妊娠線はなぜできるの?

妊娠線の原因

妊娠線は、脂肪や筋肉が急に増えたことで、皮膚が引っ張られて伸び、その伸びについていけなくなった皮下組織に亀裂が生じた状態です。

皮膚は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層構造になっています。一番外側にある表皮は、ある程度、伸び縮みする性質を持つので、急激にお腹が大きくなっても、それに合わせて伸びることができます。しかし、その下にある真皮や皮下組織には、表皮ほどの弾力性がありません。このため、急激に引っ張られると、皮下組織のコラーゲン線維や弾性線維に亀裂が入ってしまい、その下にある毛細血管が透けて見え、赤紫色のひび割れが入っているように見えてしまうのです。

妊娠線ができやすい体質

妊娠線は、すべての妊婦さんにできるわけではなく、できやすい人と、そうでない人がいるといわれています。一般的に妊娠線ができやすいといわれているのは、次のような人です。

・妊娠中に急激に体重が増えた人
・双子など、多胎妊娠の人
・小柄で皮膚の面積が狭い人
・肌が乾燥しているなど、皮膚の柔軟性が低い人
・冷え性の人

妊娠線を予防する為に日々気をつけたいこと3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠線は予防できるの?

妊娠線は、産後には、色が薄くなって目立ちにくくなりますが、完全に消えることはありません。このため、妊娠線ができないように予防できればいいのですが、現在のところ、確実な妊娠線予防法もないようです。しかし、次のことを心がけることで、ある程度は、妊娠線ができるリスクを減らせるといわれています。

(1)体重を急激に増やさない!

短期間で急激に体重が増加すると、真皮や皮下組織がその変化についていけなくなってしまいます。妊娠中は、赤ちゃんの発育や産後の授乳の準備などのために、ある程度の体重増加が必要ですが、体重管理をして、必要以上に体重が増えすぎないように注意しましょう。妊娠中の体重増加の目安は、1週間で200〜300gくらい、1か月で1〜1.5kgくらいまでといわれています。

(2)肌に良い食事を心掛ける!

健康的な肌をつくるには、食事によって、体の内側からケアしていくことも大切です。栄養バランスの良い食生活を心がけた上で、肌の材料になる「タンパク質」、コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC」、皮膚や粘膜の健康を維持する「ビタミンA(βカロテン)」などを積極的に摂るようにしましょう。

(3)妊娠線はお腹だけではない!

乾燥した肌は、柔軟性が損なわれ、妊娠線ができやすくなるといわれています。妊娠線ができやすい場所に保湿用のクリームやオイルを塗って、毎日やさしくマッサージをする習慣を持ちましょう。

ただし、強い力でマッサージをすると、皮膚を摩擦して傷つけたり、赤ちゃんに影響を及ぼしたりする可能性も考えられるので、マッサージは、やさしく撫でるように行うのがポイントです。また、妊娠線は、お腹だけでなく、乳房やお尻、太もも、二の腕にもできやすいので、これらの場所も忘れずに保湿ケアをしておきましょう。

保湿製品の選び方

クリームやオイルはどういうものがいいの?

妊娠線予防のクリームやオイルは、たくさん販売されています。保湿用の製品は、使いやすさや使用感の良さ、香りの良さなど、自分の好みに合うかどうかで選ぶと良いでしょう。ただ、保湿効果の良さで言えば、クリームよりもオイルのほうが、油分が多いので、効果は高くなります。また、妊娠中のお肌は、普段よりもデリケートになるので、肌にやさしい製品を選ぶことも大切です。

早い時期から毎日たっぷり保湿しよう!

妊娠線予防の保湿ケアは、お腹が本格的に大きくなる前の妊娠5〜6ヶ月頃からスタートするのがよいといわれています。また顔のスキンケアを朝晩2回行うように、妊娠線のケアも、お風呂あがりと朝起きたときというように、毎日2回行うのがおすすめです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠線は、一旦できてしまうと、完全に消えることはないといわれているので、早いうちからケアをしていきたいですね。ただし、確実な予防方法があるわけではないので、こまめにケアをしていても、妊娠線ができてしまうケースもあります。妊娠線は、お母さんの勲章のようなものなので、あまり神経質に考えすぎず、自分のできる範囲でケアをしていきましょう。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


逆子体操の原理とやり方は?始めるタイミングや効果、気を付けるべき事

逆子体操の原理とやり方は?始めるタイミングや効果、気を付けるべき事

逆子と診断されたら無理のない範囲で逆子体操に取り組みましょう。胎動を下の方に感じると逆子の可能性がありますが、ここではブリッジ法など逆子体操の方法、原理ややり方のコツを伝授します。「いつからいつまで?」「回数を重ねるほど効果的?」「逆子で経膣出産は危険?」「つらい時は休んでOK?」など気になる疑問に答えます。


【医師監修】胎児のエコー写真で分かる事は?写真の見方や保存方法を紹介

【医師監修】胎児のエコー写真で分かる事は?写真の見方や保存方法を紹介

妊婦健診の際、お医者さんが見せてくれるエコー写真。お腹の中にいる赤ちゃんが、身近に感じられる瞬間ですよね。エコー写真からは何が分かるの? 劣化しない?など、エコー写真について紹介していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!