ママのための悩み解決サイト
ママたち「スマホ依存」になってない? スマホ育児に賛否の声

ママたち「スマホ依存」になってない? スマホ育児に賛否の声

忙しいママにとって、手軽に知りたいことをすぐチェックできるスマホはもう三種の神器以上の必携ツール。ただ、それがいきすぎてしまうと育児に支障も。ママのスマホ依存と、スマホ育児について、ネット上の声をまとめました。


親のスマホ依存で、スマホ・ネグレクトが進行している!?

今や生活に欠かすことができなくなったスマートフォン。生活を便利にしてくれる反面、育児に悪影響を及ぼしているかもしれない…!? そんな母親のスマホの使用法について、ネットで議論を呼んでいます。

『女性セブン』(2017年3月30日・4月6日号)によると、親のスマホ依存でスマホ・ネグレクトやプチ虐待が進行しているといいます。同誌の取材で、明治大学文学部教授で教育学博士の諸富祥彦さんはこうコメントしています。

「母親がスマホに気を取られていると、赤ちゃんが泣いていてもそれに応じず、赤ちゃんはしょっちゅう放置された状態に置かれてしまう。“スマホ・ネグレクト”“プチ虐待”が、母親自身が気づかないうちに静かに進行してしまっている」

諸富さんによると、0~6才までの間、子どもが母親を見ているのに、視線を合わせてもらえない状況が続くと、「親と子の間に必要な情緒的なつながり、アタッチメント(愛着)」が築かれず、キレたり泣き叫んだりする“愛着障害”の要因となると指摘。母親による“スマホ依存”に危機感を募らせます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スマホ依存ママを実際見かけた人の声は?

これに対してTwitterでは、

「小さい子連れてるお母さんたち、確かにスマホに夢中で子供見てなくて、他人のアタシが『危ない!』って思うこと多々ある」
「街でよく見かける見慣れた風景だね。子供はお母さんに話しかけてるのに、お母さんスマホ画面に夢中で子供の顔さえ見ない。」

などと母親のスマホ使用によって子どもに目を配らせることが疎かになっている目撃証言も多数寄せられていました。

さらに、子どもにスマホを子守り道具として利用し、その間に家事などの用事をすませる“スマホ育児”が広がっているといいます。内閣府の調査では、実に7割の母親たちがスマホに頼っているという結果も出ていることから、育児に欠かせないものとして定着していることが伺えます。

スマホ育児の反対派の意見は?

このスマホ育児について、Twitterでは賛否両論が吹き荒れています。

「子供を落ち着かせるためにスマホを渡すのは良くないと思っています」
「ゲームに子守させる、よりもずっとヒドイ状況になってるのか。子どもがどう育つかはホント親次第だよ」(※原文の誤字を修正しております)

と良くないことと認識する投稿が寄せられています。

「多少のスマホ育児は大目に見てあげて欲しいけどやり過ぎは良くないけどね。」
「昔はテレビ育児だったりしたわけで、ようは程度の問題。度を過ぎなければいいと思うし、スマホに頼るときは頼っていいと思うんだ。道具は使いよう。」

と仕方がないことと捉える声もありました。


育児のみならず家事や仕事を限られた時間の中でこなさなくてはならないため、便利なスマホを有効に活用したいという気持ちは十分に理解できます。でも、子どもと向き合うことを決して忘れず、スマホの扱いにも慎重になる姿勢が求められるといえそうです。

参照:親と子どものスマートフォン・タ ブレット利用調査結果
http://www.kaspersky.co.jp/images/smartphone_tablet_survey.pdf


(山中一生)

関連するキーワード


働くママ しつけ

関連する投稿


子どものうちからやっておきたい。将来の人生において役立つ技術「格闘技」とは?

子どものうちからやっておきたい。将来の人生において役立つ技術「格闘技」とは?

幼児が事件に巻き込まれるケースも増え、親として何か対策を考えている方も多いと思います。中川淳一郎氏が考える、子供のリスク対策とはどのようなものがあるのでしょうか?


「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

痛ましい幼児虐待のニュース。身近でもありえることですが、通報するレベルの判断が難しいところ。今回、中川淳一郎氏が、ご自身の経験から判断基準にしていることを教えてもらいました。


「本当に重要なことは発信するべき」中川淳一郎氏が炎上ジャンル「育児」を解禁した理由

「本当に重要なことは発信するべき」中川淳一郎氏が炎上ジャンル「育児」を解禁した理由

育児に絡む問題は、様々な意見があり、ネットで炎上することも多いジャンル。今まで育児ジャンルを避けてきた中川淳一郎氏が、育児を扱うようになった心境の変化とは?


慣らし保育を乗り切るには? よくある悩み別対処法4選

慣らし保育を乗り切るには? よくある悩み別対処法4選

子どもが保育園に通うことが決まったとほっとしているのもつかの間、「慣らし保育」がやってきます。子どもがこれから保育園に通うことを楽しみにしてもらえるようになるために、ほんの少しの間は子どもとママの根気比べのような時間が続くかもしれません。保育園に通う習慣をしっかり身につけてあげましょう。


待機児童になりやすい原因4つ、不承諾通知の際の対処法

待機児童になりやすい原因4つ、不承諾通知の際の対処法

育児休暇がまもなく終わる、そろそろ保育園を決めなきゃ…。働きたい、内定ももらった、気はあせるけれど、なかなか受け入れ先が見つからない。こんな不安と悩みを感じるママは多いでしょう。「保育園落ちた…」は話題として大きく注目を集めましたが、実際に問題に直面している家族は苦労していますよね。


最新の投稿


災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

子どもと災害対策について話し合ったことがありますか? 万が一の時に身を守る手段、身を守る術を知っておくことが重要です。子どもを守る古くからの防災グッズとして利用されている防災頭巾を用意しておくことをおすすめします。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

出産予定が近くなってから腹痛を感じると、陣痛なのか、それともお腹の赤ちゃんに何か起きているか、気になってしまいますよね。臨月になると腹痛を感じる妊婦さんは多いようです。 臨月に感じる腹痛の原因、そして経過をみて良い痛み、すぐに受診すべき痛みについてまとめてみました。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

双子の妊娠と単胎妊娠では、妊娠の兆候や経過、症状にどのような違いがあるのでしょうか?妊娠中の母体・赤ちゃんの状態と、起こり得る4つのリスクについて説明します。できれば双子がほしい!という方に向けて、双子妊娠の確率と産み分けに関する情報もお伝えします。


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。