ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠23週目の体内で起こる変化は? 生活上の注意点

【医師監修】妊娠23週目の体内で起こる変化は? 生活上の注意点

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠23週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業。東京大学医学部付属病院で研修後、三井記念病院医長、虎の門病院医長、愛育病院医長を経て現在三楽病院産婦人科長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。

妊娠23週目ってどんな時期?

赤ちゃんの体重

妊娠22週目の胎児の体重の平均基準値は560gとされています。

超音波検査では、赤ちゃんのおおよその大きさを計測できます。それを元に算出した「おおよその体重」を「推定児体重」と呼びます。あくまでも概算なので10%前後の誤差はありますが、赤ちゃんの成長についての1つの目安となるのです。もちろん、胎児の成長には個人差がありますので、この基準よりも多少重い、あるいは軽くてもあまり心配はありません。検診は欠かさず行い、経過を見守っていきましょう。

ほとんどのママが胎動を感じます

胎動の感じ方には個人差があるため、これまでは「胎動を感じられないけど大丈夫?」と不安なママもいたことでしょう。しかし妊娠23週目(妊娠6ヶ月)ともなれば、多くのママがはっきりと胎動を感じ取れるようになります。朝の「おはよう」、夜の「おやすみ」などの挨拶でお腹をポンポンすると赤ちゃんの方から「ポンポン」と返ってくることもあります。これを初めて体験するママ・パパは、驚きと共に感動を感じることでしょう。ママによっては、胎内のどの位置に赤ちゃんがいるか把握できる場合もあるので、赤ちゃんの存在がよりリアルで身近に感じられるようになります。

妊娠23週目に体内で起きる変化

妊娠期間が進むにつれ、胎内では目まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの心身にも変化が生じるのです。ここでは妊娠23週目(妊娠6ヶ月)に起こる体の変化を詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんの変化

妊娠23週3Dエコー写真/胎児の様子
提供:藤東クリニック

この時期の4Dエコーを見ると、胎児に人間らしい豊かな表情が確認できることがあります。皮膚まで薄く透明ですが、顔面のパーツそのものは完成しているため、表情を作ることが可能となっています。このように、骨や筋肉を始め、五感(聴覚など)の発達、体の細部など赤ちゃんの発育がどんどん進行していきます。性器を確認できるケースも増えるので、早ければ男女の判断が付くケースもあります。なお、今後は赤ちゃんの体重が毎週100g〜150g、あるいはそれ以上のスピードで増加していきます。

ママの変化

胎動を感じられる安心感も加わり、妊娠状態に慣れを感じて余裕が出てくるママも多いようです。妊娠初期に辛いつわりを経験した人からすれば、精神的にかなり落ち着いて過ごせる時期と感じられることでしょう。

一方、体にかかる負担が新たな悩みの種となるケースがあります。大変多いのが腰や背中の痛みで、検診の時にこれを訴えてくる妊婦さんが多くいます。それから、これも体験されるママが多いと思うのですが足に負担がかかることによるだるさやむくみ、あるいは「足がつりやすくなる」という症状が出やすくなるでしょう。特につりやすい箇所はふくらはぎですが、仮に足がつったときもパニックにならず冷静に対処しましょう。具体的な方法としては、まず足を伸ばして座り、つった方の足のつま先にタオルをかけて引っ張ります。ただし、今以上お腹が大きくなると自分で対処することが難しくなる場合があるので、パパなどにケアしてもらってください。

妊娠23週目に必要なこと

辛いつわりから解放された喜びで、ついつい食べ過ぎてはいませんか?妊娠妊娠23週目(妊娠6ヶ月)に限りませんが、食事のコントロールは妊娠期間中に必須です。麺類、ジュース、お菓子…おいしいものほど高カロリーなので食べ過ぎないように気をつける必要があります。

食べ過ぎがなぜ悪いのかというと、ママの血糖値が上がったり、妊娠糖尿病になる恐れがあるからです。そうすると赤ちゃんが平均体重よりも大きく育ち、難産になるケースがあります。

妊娠中の栄養素・カロリーの増やし方については、厚生労働省「妊婦の食事摂取基準」(*)をご覧ください。

(* http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114401.pdf

妊娠23週目の注意点

妊娠23週目(妊娠6ヶ月)はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に、注意点を確認していきましょう。

生存率は「50%」〜早産にご注意を

妊娠37週目を迎えるまでは、出産にはまだ早い時期と言えるでしょう。医学的な区分では、妊娠22週目までは「胎児が母胎の外では生きていけない状態」と考えられており、「早産」ではなく「流産」と呼んでいます。実際にそれ以降の「早産」では、新生児の生存率が劇的に上がっていきます。具体的には、在胎週22週目の生存率が30%であるのに対して、翌週の23週目の生存率は「50%」にまで跳ね上がります。

ただし、生存率がいくら高まっても、発達の遅れなど後遺症の心配もあるため、可能な限り早産は避けるべきです。


(参考:横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター http://www.uraboshi.jp/answer.html

早産を防ぐ生活上の注意

栄養バランスの良い食事、質の良い睡眠、休息とストレスを溜めない生活…。つわりや、体の変化に伴う違和感や不快感もあるかと思いますが、なるべく心身に負担をかけない生活を心がけてください。

この他、明らかに早産と関係する原因としては「タバコ」があります。ママが喫煙する事はもってのほかですが、同居するご家族(ご主人など)がタバコを吸うことで、受動喫煙にさらされることも危険です。とにかく、赤ちゃんとママ自身がタバコの害にさらされないよう、徹底してください。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠23週目(妊娠6ヶ月)は「妊娠6カ月目の最終週」に当たります。長かった妊娠期間ですが、週明けからはあと3ヶ月程度で出産を迎えることになります。その3ヶ月間で赤ちゃんの体重は、妊娠23週目(妊娠6ヶ月)の4倍〜5倍以上になるのですから驚きですね。足腰にかかる負担も増大しますが、無理せず健やかに毎日を過ごしてください。

【医師監修】妊娠24週目の胎児の状態は? ママが生活で気をつけたいこと

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1164

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠24週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修】妊娠22週目で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1162/

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠22週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修】妊娠22週目で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1162

妊娠22週目でようやく胎動を感じ、喜んでいるプレママも多いでしょう。妊娠16週目から27週目までは妊娠中期と呼ばれています。今回は、妊娠22週目にスポットライトを当て、お腹や胎児の大きさなど、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。体重増加にも要注意です。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!