ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠22週目で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

【医師監修】妊娠22週目で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

妊娠22週目でようやく胎動を感じ、喜んでいるプレママも多いでしょう。妊娠16週目から27週目までは妊娠中期と呼ばれています。今回は、妊娠22週目にスポットライトを当て、お腹や胎児の大きさなど、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。体重増加にも要注意です。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業。東京大学医学部付属病院で研修後、三井記念病院医長、虎の門病院医長、愛育病院医長を経て現在三楽病院産婦人科長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。

中絶のタイムリミット!妊娠22週目ってどんな時期?

妊娠22週目の胎児の体重は平均496gとされています。ただし、お腹の中の胎児の体重を正確に測ることはできず、あくまでも超音波検査で計測した体の各部の長さから算出した「おおよその体重=推定児体重」なのです。したがって「10%前後の誤差」があると考えられますので、一喜一憂する必要はありません。医師から「体重に問題はない」と言われれば、とりあえずご安心ください。

人工妊娠中絶が不可能になります

妊娠の継続が困難であるときに、医師の手により妊娠を中断することを「人工妊娠中絶」と言います。日本では、年間20万件以上の中絶手術が行われていますが、母体保護法という法律上、それが可能なのは「妊娠22週未満」と定められています。

このような話題になると「避妊が不完全だから」「性の乱れが」と考えがちですが、 妊娠の継続や分娩によって、母体の健康に大きな悪影響が及ぶケースもあるため、苦渋の選択をされるご夫婦・カップルもいらっしゃいます。

なお、人工妊娠中絶の届け出は「12週目」を境に変わります。妊娠12週未満では、死産届は不要です。一方、妊娠12週目~22週未満では、死産届けの提出が必要となります。

初めての胎動!胎児の大きさもチェック

妊娠期間が進むにつれ、胎内では目まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの心身にも変化が生じるのです。ここでは妊娠22週目に起こる体の変化を詳しく見ていきましょう。

妊娠22週3Dエコー写真/胎児の様子
提供:藤東クリニック

これって胎動!?

妊娠22週目(妊娠6ヶ月)頃の変化で一番嬉しいのは、赤ちゃんの胎動をはっきり感じられるようになることかも知れません。胎動を感じることで、赤ちゃんが自分のお腹の中にいることを実感しやすくなりますし、余計愛おしさが増すことでしょう。

胎児の大きさは?体重増加もチェック

妊娠22週目を過ぎる頃から、赤ちゃんとママを結ぶへその緒も太くなるので、栄養もたっぷり運ばれ、体重もグングン増え始めます。この時期は、大体400gから500gぐらいの赤ちゃんが多いようです。

ママのお腹の大きさも目立つように

赤ちゃんの体重増加に伴って、ママのお腹の大きさも目立つようになります。腰や背中が辛くなるママも出てきます。お仕事や家事で無理をせず、辛いときは横になるなどしてください。なお体の重心も変化してきているので、雨・雪の日の路面や、バスルームなどで転倒しないように気をつけましょう。

妊娠22週目に必要なこと

妊娠22週目を過ぎる頃から、赤ちゃんとママを結ぶへその緒も太くなるので、栄養もたっぷり運ばれ、体重もグングン増え始めます。この時期は、大体400gから500gぐらいの赤ちゃんが多いようです。

何キロまで体重増加OK?

妊娠中期に突入すると初期よりも体重が増えるのが普通ですが、ママの体重増加は5キロを目安にして下さい。元々平均体重なら後期までに8キロから10キロぐらい増えるのは問題ありませんが、妊娠していない時のように無理なダイエットは禁物です。妊娠22週目を迎えたばかりなのにもう体重が大幅に増えすぎているようなら、注意しましょう。

母親学級の日程も確認しよう

心身共に比較的安定した状態が期待できる妊娠中期には、妊娠中の過ごし方やお産などについて勉強する良い時間です。ご自分で本を読んだり、こちらのような育児・子育てサイトを見て、さらには母親学級にも参加されることをおすすめします。母親学級とは、これからママになれる方を対象とした妊娠・出産についての勉強会のような場です。夫婦で参加可能なケースもあるので、ご近所で開催されているか調べてみましょう。病院ほか自治体が主催している場合もありますよ。日程が厳密に決まっていることが多いので、あとから「もう締切が過ぎている!」なんて慌てないように気をつけて下さい。

どんなことに注意して妊娠22週目を過ごせば良いの?

早産の場合の生存率は「30%」

在胎週数(*赤ちゃんが産まれるまでに胎内にいた週数)と、新生児の生存率には深い関係があります。日本の医療は大変優秀で、かなり早産で生まれても高い生存率を誇ります。それでも、在胎週22週目よりも前に生まれた場合の生存率は高くありません。具体的に、在胎週22週目に誕生した場合の生存率は30%となります。(*1)

実は、流産に至る確率は15%前後あります。流産・早産を防ぐには禁煙し、お酒を控えることも有効と考えられていますが、多くの場合は染色体等の異常が原因です。常識的な範囲でおこなっている限り、妊娠初期の運動や仕事が原因となることはほぼありません。(*2)したがって、ママが注意できることはあまりありませんが、定期健診などは欠かさず、何らかの異常・違和感に気づいたときは早めにかかりつけ医に相談しましょう。


(*1…横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター
http://www.uraboshi.jp/answer.html

「早産のサイン」を見逃さないように!

切迫早産が起こる前には、いくつかサインが見られる場合があります。以下、その症状をご紹介します。

・お腹の痛み・張り
継続的かつ規則的な痛み・張りは陣痛につながる危険性が考えられます。

・出血
出血量に関わらず早産のサインである可能性が否定できません。

・意識しても止まらない尿漏れ
少量の破水が起きている場合があります。意識しても止まらない尿漏れはそもそも尿漏れではなく、破水であるケースがあるのです。

・おりものの違和感
おりものが生臭く、水っぽくなったら破水の可能性も疑われます。なお、異臭・悪臭がひどい場合は感染症の可能性も懸念されます。感染症は、早産の原因としては大変多いのでご注意ください。

このような症状がありましたら、かかりつけの病院を受診すべきです。治療によって出産時期をなるべく引き延ばすなどの対策ができる場合もあるので、できるだけ早い受診を心がけてください。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠22週目の胎児&ママの変化、気をつけたいことなどをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。妊娠22週目は胎動を感じられるようになる嬉しい時期です。胎児の大きさも大きくなり、ママの体重増加も気になり始めるかも知れません。母親学級やママ向けの講習会のスケジュールも、そろそろ確認しておきましょう。参加すれば、ママ友を作ることも期待できます。家族以外に赤ちゃんの成長を分かち合う方がいるのは大きな支えとなります。同じ妊娠期間中ということで、悩みを相談し合ったり、情報交換をおこなうこともできるでしょう。妊娠期間はすでに折り返し地点に入っています。より良い妊娠期間・出産を目指して、お過ごしください。

【医師監修】妊娠23週目の体内で起こる変化は? 生活上の注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1163

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠23週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修 】妊娠21週目に気をつけたい赤ちゃんとママの体重の変化

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/948

妊娠21週目頃は、妊娠初期の不安定な時期を終え、やっと赤ちゃんがおなかの中で大きくなる様子を体感できる時期に入ります。これまで、流産の危険を感じながら過ごしてきた毎日から、子宮の中が落ち着き始めて、過ごしやすくなるでしょう。でもまだま油断は禁物。胎児とプレママの体の変化と注意すべきポイントを知っておきましょう。

【医師監修】早産・切迫早産、流産の違いは? 兆候とリスク

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1371

妊娠中に気になる早産について正しい知識を身につけて、無事に出産を迎えられるようにしましょう。どのような原因で早産となる可能性が高まるのか、早産にはどのようなリスクがともなうのかなど、きちんと理解して予防するよう心がけてください。早産と切迫早産、流産の違いを把握しておくことも大切です。

【医師監修】妊娠23週目の体内で起こる変化は? 生活上の注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1163

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠23週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修】妊娠20週目の赤ちゃんの発育は? ママの腰痛対策と生活の仕方

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1157

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠20週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修】妊娠24週目の胎児の状態は? ママが生活で気をつけたいこと

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1164

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠24週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!