ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠20週目の赤ちゃんの発育は? ママの腰痛対策と生活の仕方

【医師監修】妊娠20週目の赤ちゃんの発育は? ママの腰痛対策と生活の仕方

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠20週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


この記事の監修ドクター
東峯婦人クリニック 松峯美貴先生
日本産婦人科学会専門医 東峯婦人クリニック
思春期から老年期の女性の悩みをささいなこと、恥ずかしくて聞けないことでもざっくばらんににきける身近な外来をめざしています。女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍するあなたのお手伝いをします。
http://www.toho-clinic.or.jp/

妊娠20週目ってどんな時期?

妊娠20週目は「妊娠6ヶ月目のはじまり」。妊娠期間は平均10ヶ月と言われていますので、すでに後半戦に入ったと言えるでしょう。ママは、精神的には比較的落ち着いた時期といえますが、腰痛が気になる時期でもあります。

精神的には健やかに過ごせる時期

「妊娠安定期」と呼ばれる妊娠中期に突入して、1ヶ月が経ちました。ママは精神的に比較的安定して過ごせる時期で、「妊娠してからこんなに心静かに過ごせるのは初めて」と感じているママもいるのではないでしょうか。妊娠6ヶ月目に入ると、胎動を感じる人が増えてきて、赤ちゃんの成長をリアルに感じられるのも嬉しいポイントです。これもママの安心感につながっているのかもしれません。

腰痛が始まる

すでに妊娠中期の中頃を迎え、胎児もどんどん成長しています。これにより当然体重が増加し、特に腰の負担が増加すると考えられます。一説では、妊婦の7割近くが腰痛を経験するそうです。そして、腰痛を経験する妊婦のおよそ6割が、妊娠20週以降に症状が出てくるといいます。腰痛の症状が出ていない方も、常にその危険性があるので「日常生活において無理をしないこと」が肝心となります。

妊娠20週目に体内で起きる変化

妊娠期間が進むにつれ、胎内では目まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの心身にも変化が生じるのです。ここでは妊娠20週目に起こる体の変化を詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんの変化

妊娠20週3Dエコー写真/胎児の様子
提供:藤東クリニック

妊娠20週目の赤ちゃんは、内臓の発達が進み、その機能が成熟してきます。それに伴って骨や筋肉、体の細部の発達が進みます。顔もよりはっきりしてくると同時に、体が大きく動くようになるため、胎動も感じ取りやすくなるでしょう。

ママの変化

この頃になると、成人の頭部より少し大きいくらいまで子宮が膨張しています。これによって背中が反り返ってお腹が強調されるような、妊婦さん特有の立ち姿(妊婦姿勢)になっていることでしょう。今後もこのような姿勢でいる時期が続き、腰への負担も大きくなっていくので、家事や仕事など、決して無理をしないようにしてください。

妊娠20週目に必要なこと

妊娠20週目に入ると、赤ちゃんの重みが増すことで腰を中心とした背中に負担がかかりがちになります。バランスの崩しやすくなっているため、怪我にも注意する必要があるでしょう。

腰痛対策を考えましょう

妊娠20週以降は腰痛を感じる妊婦さんも増えてきます。先ほどご紹介したように、胎児の成長による体重アップが腰に負担をかけることが要因です。ただしそれだけでなく、ホルモンの影響で骨盤や背骨の靭帯が緩みやすくなっています。このほか、お腹が前に突き出しますので、背中の筋肉が常に緊張状態となるのです。このような条件が重なることで、腰痛が起きやすくなると考えられます。

その対策をしては、やはり「長時間立たず、腰に痛みを感じたら速やかに休むこと」が有効です。横になれば、体重が分散されますのでラクに過ごせます。それからもう1つの対策としては「必要以上に体重を増やさないようにすること」です。目安として、1週間に500g程度までの体重増加を目指してください。

家事・外出・仕事にも気をつける必要が

腰痛の発症や悪化の危険は「家事」の中にもひそんでいます。無理な体勢での掃除、うつむきっぱなしでの調理、さらには布団や重い荷物の上げ下げなどは腰に大きな負担をかける恐れがあるのです。妊娠前と同じ感覚でやってしまうママも多いかと思いますので、充分気をつける必要があります。

また外出する際、少し遠い距離を無理して歩いてしまう人も多いでしょう。しかし、急な腰痛に見舞われる危険性もあるため、公園や喫茶店など、休憩できるポイントがあるかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。また、この時期になると転倒・つまずき、滑りの危険があるため、ハイヒールははかないほうが無難です。雨の日は滑りやすいですから、やはり外出は控えたほうが良いでしょう。

それから仕事についてですが、接客業などの立ち仕事はもちろん、デスクワークでも腰痛が悪化してしまう可能性があります。可能であれば、就業時間を短くしてもらったり、仕事日を減らしてもらったり、など無理なく働ける体制を作りましょう。なお、ラッシュの満員電車は転倒の危険性だけでなく、腹部が圧迫される危険性があります。どうしても仕事でこの時間の電車に乗らなければいけない人は、思い切って休職なども考えるべきです。

妊娠20週目の注意点

妊娠20週目はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に、注意点を確認していきましょう。

腰痛の「合併症」に注意

妊娠中の腰痛は、体重増加に伴う物理的な負担が腰にかかることで起こります。妊婦の腰痛の9割は「産後6ヶ月程度で消失する」と考えられているため、過度の心配はありませんが、まれに合併症が起こることがあり注意が必要です。特に、腰椎の椎間板ヘルニアの疑いがある場合は、医師による診察あるいは治療が必要と考えられます。症状としては腰痛のほかに「足のしびれ・痛み」がある場合には、腰椎椎間板ヘルニアの心配があるため念のため整形外科などを受診してください。

転倒に注意

お腹がせり出し、腰が反るような姿勢。非妊娠時とは重心が大きくずれた状態なので、妊婦さんは常に転倒に注意しましょう。例えば階段の上り下り、玄関やお店などのちょっとした段差なども危険な箇所です。中でも特に注意したいのが「入浴時」で、少し床タイルがぬめっていたり、湯船から出たり入ったりする際に滑る危険性が高まります。また、源泉掛け流しなどアルカリ性・酸性度が高いお湯は足の裏の角質が溶けやすく、滑りやすいのです。足元に気をつけてできれば一人ぼっちで入浴をする事は避けるべきでしょう。可能な限り、だれかと一緒にお風呂に入り、もしものときは支えてもらうことも有効な事故予防となります。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠20週目はママの気持ちは安定し、赤ちゃんの発育も順調な時期です。ただしお腹が大きくなり、赤ちゃんの重さも増しますので、バランスを崩して転倒するなどの事故にはくれぐれもお気をつけください。転倒の危険性は外だけでなく、家の中に多くあります。家の中に1人でいるときは、家事などで無理をせず、できれば入浴なども控えておいた方が安全でしょう。

【医師監修 】妊娠21週目に気をつけたい赤ちゃんとママの体重の変化

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/948

妊娠21週目頃は、妊娠初期の不安定な時期を終え、やっと赤ちゃんがおなかの中で大きくなる様子を体感できる時期に入ります。これまで、流産の危険を感じながら過ごしてきた毎日から、子宮の中が落ち着き始めて、過ごしやすくなるでしょう。でもまだま油断は禁物。胎児とプレママの体の変化と注意すべきポイントを知っておきましょう。

【医師監修】妊娠19週目の「体の変化・ 必要なこと・注意点」

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1156

妊娠16週目から27週目までは「妊娠中期」と呼ばれています。今回は、妊娠19週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

【医師監修】妊娠22週目で初胎動!胎児の体重増加とママの注意点

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1162

妊娠22週目でようやく胎動を感じ、喜んでいるプレママも多いでしょう。妊娠16週目から27週目までは妊娠中期と呼ばれています。今回は、妊娠22週目にスポットライトを当て、お腹や胎児の大きさなど、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。体重増加にも要注意です。

関連する投稿


葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

お菓子感覚で手軽に葉酸が摂れると人気の、葉酸入りのキャンディーやタブレットですが、以前は葉酸成分配合のガムも販売されていました。しかし現在で見かけることはほとんどなくなっています。今回はこの葉酸ガムについて紹介します。


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!