ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処法

【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処法

妊娠すると、人によってはかなり早い時期から食欲の変化が起きます。食欲不振や吐き気が辛いつわりも、妊娠初期に始まりますね。体重管理が必要な妊娠中は、食事は特に大切な問題になるでしょう。今回は食欲やつわり、体重増加についてまとめました。


この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、
女性のライフサイクルを応援します。
https://fujito.clinic

減った?増えた? 妊娠初期の食欲変化はなぜ起こる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期には、一日中ずっと胸がむかむかしたり、何を食べてもすぐに吐きたくなったりして、食欲がなくなることが多いものです。また逆に、空腹になると気持ち悪くなるために食べずにはいられず、食欲が増す場合も。こうした食欲の変化について、詳しく見ていきましょう。

妊娠初期の食欲変化はつわり症状のひとつ

妊娠が成立したころから起きる食欲変化は、つわりの症状のひとつ。「もしかして妊娠?」と、自分で気づくサインになることも多いかもしれません。つわりにはいろいろな症状があり、妊婦さんの7割程度が経験すると考えられており、一般的に胎盤が完成する15・16週頃には落ちついていきます。

つわりの原因については、さまざまな説があり、まだはっきりとしたことはわかっていません。妊娠によって体のホルモンバランスが変化することが原因のひとつと言われていますが、心理的なことから、つわりが軽くなったり重くなったりすることも知られています。

つわりの症状は、「食欲不振」、気分が悪くなる「悪心」、食べたものや胃液を吐く「嘔吐」が代表的です。食べ物のにおいに敏感になったり、好みが変わることもあります。また食べると吐き気がするつわりとは逆に、食べないとムカムカする「食べづわり」と呼ばれるものもあります。胃の中に何か入っていないと気持ちが悪くなり、絶えず何かを食べていないと気分がすぐれないため、結果として食欲が増します。

つわりの症状は、妊婦それぞれで違うもの。まったく症状が出ない人や軽く済む人もいれば、食べ物のにおいだけで嘔吐してしまったり、水も飲めないほど重症な人もいます。

妊娠したことによる食欲増進の可能性も

つわりも食べづわりもなく、ただ食欲が増すだけということもあります。妊娠中の体には、食欲が増す次のようなメカニズムがあることも知っておきましょう。

妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に増え、血液中の血糖値が下がります。血糖値が下がると、脳は「空腹だ」と認識し、体が食べ物を欲するように信号を送り続けてしまうのです。つまり、すぐに空腹を感じやすくなり、食欲が増すというわけです。

食欲が減った・増えた時の対処法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中の食欲の変化は、お腹の赤ちゃんの成長や妊婦さん自身の健康に大きく関わってきます。どのような点に気をつければよいでしょうか。

つわりで食べられない時はどうする?

つわりで食欲がない時には、無理をすることはありません。食べたいもの、食べられるもの、好きなものを食べるのでOK。空腹になると嘔吐しやすいので、少量ずつを何回にも分けて食べるようにしましょう。お菓子や果物など、食べられるものをこまめにつまむのもおすすめです。

この時期、栄養のことはあまり気にする必要はありません。「こんなに食べられなくて、赤ちゃんは大丈夫?」と心配になることもあるかもしれませんが、妊娠初期には、赤ちゃんの発育にそれほど影響はないのです。

つわりで食べられなくても、心配し過ぎないこと。上手に気分転換しながら、前向きな気持ちで過ごしましょう。

食べやすくする方法・食事のポイント

つわりで食欲がわかないときには、少しでも食べやすくする工夫が必要ですね。次のようなことを参考にしてみましょう。
・冷やして食べる
・酸味を使う(酢、梅干し、レモン、すだちなど)
・少量ずつをこまめにつまむ
・水分をしっかりとる

食べ物を冷蔵庫で冷やしてから食べると、口当たりがすっきりするだけでなく、あまりにおいがしなくなるので、食べやすくなることがあります。また、酸味をきかせると、さっぱりして食べやすいと感じる人も多いようです。

お腹が空っぽになると吐き気が起こりやすいので、少量ずつをこまめにつまむように心がけましょう。そのためにも、すぐにつまめるものを準備しておくとよいですね。栄養のことはあまり気にする必要はありませんが、水分はふんだんにとるように。嘔吐で水分が失われている場合には、特に大切です。野菜ジュースやフルーツジュースもよいでしょう。

そのほか、香辛料は少量ならOKです。上手に使えば食欲が増しますね。食べやすいかどうかの感じ方は人それぞれなので、自分の好みに合わせて食べやすいように工夫してみましょう。

食べづわり、食欲旺盛な場合はどうする?

食べづわりの場合には、食べると楽になるので、食べたいものを食べてかまいません。ただし、妊娠中期ごろには落ち着いてくるので、食べ過ぎないようにセーブすることが大切です。つわりがなく食欲が旺盛な人は、妊娠初期から食べ過ぎを警戒し、栄養のバランスにも気を配りたいものです。体重が増えすぎないようにコントロールしていきましょう。

こんなときは要注意!つわりの注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つわりがひどくても特に心配はいらないケースがほとんどですが、水もまったく受け付けない状態になったときには要注意。早めに受診しましょう。

吐き気が強く嘔吐を繰り返し、食事ばかりか水も取れなくなると、脱水状態におちいってしまいます。体重も大きく減少していることでしょう。こうした状態は「妊娠悪阻」と呼ばれ、点滴治療が必要になります。病院では尿検査でケトン体の数値を測定し、点滴や入院の判断をされることが多いようです。通院または多くの場合入院をして、点滴治療を受けます。

このほか、吐き気止めの薬が処方されることもあります。薬の服用については、胎児への影響を考えてためらってしまう人もあるかもしれませんが、影響のない安全な薬として使われています。

つわりは妊婦さんの7割程度にみられますが、妊娠悪阻にまでなる人は非常に少ないです。必要以上に怖がることはありませんが、食事も水分もとれず体重減少も明らかな場合には、無理をせずに受診することが大切です。

知っておこう!妊娠中の体重増加について

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つわりの時期が過ぎると、食欲が回復して体重も増えていきます。赤ちゃんや妊婦さんにとって必要で自然な変化ですが、適正な範囲を超えて増えすぎないように体重管理をしていくことが大切です。

妊娠中は体重が増えやすいのはなぜ?

妊娠すると、ホルモンの影響から血糖値が下がり、空腹を感じやすくなって食欲が増します。また、妊娠中期以降では、つわりから解放された反動もあって、猛烈に食欲がわいてくるものです。赤ちゃんの成長や妊婦さんが妊娠出産を乗り切るためには、栄養は欠かせないものなので、このように妊娠中に食欲が増すのは自然な体のメカニズムだと言えるでしょう。旺盛な食欲で食べる量が増えれば、当然体重も増えやすくなりますね。

何kgまで増えていいの?体重増加の目安

妊娠中、具体的に何kgまで増えていいのかは、とても気になるところですね。その目安は、妊娠前の身長・体重から計算するBMI(体格指数)にしたがって、次のように考えるとよいでしょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
・BMI18.5未満(やせ気味) 10〜12kgの体重増加
・BMI18.5〜25未満(標準) 7〜10kgの体重増加
・BMI25以上(肥満) 個別対応

妊娠期間毎にみると、標準的には、妊娠初期で2kg未満の増加、妊娠中期で5kgの増加、妊娠後期で3kg未満の増加が望ましいと言われています。

妊娠10ヶ月の体重の内訳は、赤ちゃん約3kg、胎盤約0.5kg、羊水約0.5kg、子宮・乳房・血液量の増加約4kg、残りは脂肪の増加分となります。妊娠中は脂肪がつきやすくなりますが、過度な増加でない限りは、自然なことだと受け止めてよいでしょう。

体重が増えすぎると何が問題? 主な5つのリスク

赤ちゃんや妊婦さんのために必要な栄養ですが、食欲にまかせて食べ過ぎていると、体重が適正な範囲を超えて増えすぎてしまいます。体重が増えすぎると問題なのは、主に次のようなリスクがあるからです。

(1) 妊娠高血圧症候群のリスク
妊娠高血圧症候群は、赤ちゃんにも妊婦さんにも非常に危険な状態を引き起こす病気で、肥満は危険因子の一つです。妊婦健診で、昔から一番注意を払ってこられた妊娠中の異常と言えるでしょう。

(2) 前期破水のリスク
陣痛が来る前に破水する前期破水が起きやすくなります。大きくなりすぎたお腹が子宮壁を刺激するためです。

(3) 難産のリスク
必要以上に脂肪がつき産道にも脂肪がついてしまうと、赤ちゃんがなかなか下りて来られません。難産になりやすく、それに伴って帝王切開率や吸引分娩率も増加します。

(4) 巨大児、羊水過多のリスク
体重が増えることで、巨大児や羊水過多になるリスクが高くなります。微弱陣痛や出血過多につながったり、胎児が大きくなりすぎると難産になりやすくなります。

(5) 腰や膝に負担がかかりやすい
妊娠中は、大きくせり出したお腹のせいで腰や膝に負担がかかりやすいもの。それに加えて急激に体重が増加すると、さらに負担をかけてしまい慢性的な痛みに発展することがあります。

痩せすぎもダメ!

「体重の増加は少ないに越したことはない」と思われがちですが、少なすぎてもNG。妊娠中の太りすぎは禁物なのですが、その逆の痩せすぎにもリスクがあるのです。

やせ型の妊婦さんで、体重増加が著しく少ないと、お腹の中での発育が遅かったり(胎児発育不全)、体重の小さな赤ちゃんで生まれたり(低出生体重児)することがあります。また、栄養不良や血流不良からお腹がはりやすくなり、切迫早産・切迫流産のリスクが高まるとも言われています。栄養不良による鉄分不足から、貧血になる可能性も高くなります。

このようなリスクは、特に痩せ型の妊婦さんに多い傾向があります。妊娠中には一定の体重増加は必要なもの。太りすぎと同様に痩せすぎもよくないことを知っておきましょう。

体重管理のポイント

妊娠期間中、特に体重が増えやすいのが、つわりが終わった時期です。抑えられていた食欲がもどることで、急激に体重が増えてしまうことが多いようです。そして妊娠後期にかけて体重が増加しやすい状態が続くため、適切な体重管理が必要となります。食べづわりの妊婦さんの場合には、食欲が落ちないので、妊娠初期から意識していくことが大切です。このほかに、安静の指示が出たとき、イベントがあるとき、産休後や里帰り後、臨月に入ったタイミングなどで体重は増えやすいようです。

体重管理の中心は、まず食事です。必要な栄養素をバランスよくとることが好ましいのですが、体重管理の点からは、「腹持ちがよい」「栄養満点」「低カロリー」を意識するとよいでしょう。

適度な運動も有効です。マタニティービクス、マタニティースイミング、ウォーキングなどは、全身の筋肉を使いながら、ゆっくりとしたペースでできるのでおすすめです。体力をつけながら体重を維持し、ストレス解消にもなりますね。

まとめ

妊娠初期に多くの妊婦さんを苦しめるつわりですが、対処方法を知って上手に乗り切りたいですよね。安心して出産を迎えられるように、体調も生活習慣も整えていきましょう。

【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/158

妊娠中、体重が増えすぎると焦ってしまいますよね。つわりが軽くなって食欲も増し、気づくと血圧や血糖に影響がでることも。体重管理はとても大切ですが、闇雲に減らすのも問題です。普通の減量ブログで紹介されているようなダイエットは避けましょう。今回は妊婦さんが適正体重を保つための食事&運動をご紹介します。

関連する投稿


葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

葉酸ガムとは!? ほとんど売ってないって本当?

お菓子感覚で手軽に葉酸が摂れると人気の、葉酸入りのキャンディーやタブレットですが、以前は葉酸成分配合のガムも販売されていました。しかし現在で見かけることはほとんどなくなっています。今回はこの葉酸ガムについて紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

【医師監修】肉割れを消したい!赤い線を目立たなくするマッサージ法

妊娠や体重の増加、成長期……と様々な理由でできてしまう「肉割れ」。女性にとっては、深刻な問題ですよね。消しやすい肉割れと、消しにくい肉割れってあるの? 肉割れにマッサージは効くの? 肉割れに効く治療法は? さまざまな肉割れについて紹介していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

赤ちゃんを保湿して皮膚トラブルを防ごう【ママ女医と娘の○○な日常 vol.28】

乾燥する季節になりました。赤ちゃんのお肌は実はとても敏感です。家で簡単に始められる保湿で赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぎませんか?


エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンが汚れる原因は?掃除の仕方や業者に依頼をした時の金額など

エアコンを設置していると、ときどき掃除をしなければならず、ストレスを感じている方もいる事でしょう。そもそもエアコンはなぜ汚れるのかを理解しないと、正しく掃除することはできません。エアコンの汚れの原因から、掃除のコツ、業者に依頼する方法を紹介します。


洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

洗濯パンは必要?役割や設置するメリットやデメリット、掃除の仕方など

賃貸住宅やマンションにお住いの家庭では、洗濯機置き場に「洗濯パン」が付いています。一戸建てでは付いていないことも多いようですが、その場合も必要かは迷ってしまうでしょう。洗濯パンとはいったい何の目的で付いているのか紹介します。


バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

バリエーション豊かな物干し竿!何を重視して選ぶ?

寒い季節になると屋外に洗濯ものを干すことができなくなり、部屋干しする方も多いでしょう。そんなときに室内用物干し竿が活躍します。部屋で洗濯ものを干すと、部屋干し臭が気になることもあるため、洗濯の物干しにもこだわってみましょう。


インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザ体験記〜2016大晦日に起こった我が家の悲劇【ママ女医と娘の○○な日常 vol.27】

インフルエンザの注意報が出始めました。2016年大晦日に起きた、我が家のインフルエンザ体験記をお話します。そう、よりにもよって、正月に!