ママのための悩み解決サイト
【医師監修】二人目を妊娠したい! 妊活はいつからが良い?

【医師監修】二人目を妊娠したい! 妊活はいつからが良い?

二人目を妊娠したいママは、いつから妊活を始めれば良いのでしょうか。適切な時期やタイミング、また、妊娠初期のつわりがひどい時期、上の子のケアや出産のときの注意点も気になります。「二人目でも妊娠線はできる?」など二人目の妊娠を考えているママに役立つ情報が満載です。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医  坂口健一郎 先生
産婦人科専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
防衛医科大学校卒業後、防衛医大病院で研修ののち、多数の病院で勤務。内視鏡手術に特化したクリニックの院長を経て現在、不妊症専門のクリニックで勤務中。

「そろそろ一人目も手がかからなくなってきたし、二人目が欲しいかも……」。兄弟姉妹がいる家庭を望む人も多いですよね。「弟か妹がいれば、きっと楽しくなるはず!」と二人目に意欲を見せているご夫婦もいるでしょう。

二人目の壁はいろいろとありますが、二人目に出会えるのはママもパパもそして今いる子にとっても、とても嬉しいこと! 家族みんなで協力して乗り越えれば、また新しい幸せが待っていますよ! 

二人目妊娠の妊活は計画的に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二人目の妊娠、出産は一人目よりも大変なことがたくさんあります。例えばいつ妊娠するのが良いのかというタイミングも重要な問題です。二人目の妊娠を考えているご夫婦は、計画的に妊活を進めることが大切です。すでに子どもがいるので、一人目よりもタイミングは簡単ではありません。また、子どもの心はとても繊細です。ママのお腹の中に赤ちゃんがいると知っただけでも情緒不安定になってしまう子どももいます。今いる子どものケアをきちんとしながら、二人目にチャレンジすることが必要になってきます。上の子の年齢や成長を見てベストな時期を選びたいですね。

妊活はいつから?二人目妊娠のベストタイミング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一番おすすめのタイミングは、上の子が幼稚園に入園する2年前か、入園してから。つまり、上の子が2歳~4歳くらいの頃が二人目を妊娠するのにベストなタイミングだと言えます。

・幼稚園入園前は慌ただしいかも・・・

妊娠するタイミングは出産する時期から逆算するのが良いでしょう。例えば上の子を年少から幼稚園に入園させる予定がある場合、妊娠・出産のタイミングが幼稚園の入園準備や入園直後とかぶらない時期、1歳半~2歳、または3歳~4歳くらいがベストです。子どもにとって幼稚園が最初の集団生活になる場合、大人が想像する以上に子どもの精神的・肉体的負担は大きいものです。初めての登園の道のり、初めての先生、初めてのお友だち……そんなときに、ママが一緒に子どもの最初の壁を乗り越えてあげられるよう、二人目の妊娠・出産は上の子の入園前後は避けた方が無難です。

・小学校入学前の上の子はデリケート?

また、それは小学校の入学にも同じことが言えます。兄弟の歳の差を考えたときに近い方が良いとする家庭もあれば離れていた方が兄弟それぞれをきちんと見てあげられるから良いとする家庭もあるでしょう。離れている方が良いとする場合でも、上の子が小学校に入学する前後の時期は妊娠・出産とかぶらないようにするのがおすすめです。小学校への入学も幼稚園入園と同じくらい、子どもにとって大きな環境の変化なので、ママが二人目の出産で入院、また出産直後で赤ちゃんに付きっきり……ということがないようにしてあげたいですね。

二人目妊娠中!上の子のお世話は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二人目を妊娠するのは、一人目よりも気を付けなければならないことがたくさんあります。それは、二人目が生まれることで上の子の気持ちやママ・パパの環境が大きく変わるということです。

一人目が生まれたときは、初めての赤ちゃんに戸惑いながらも、ただただ幸せな日々が続いていたと思います。子育ては大変ですが、子どもは一人ですのでその大変さにも夫婦で一丸となり向き合えたはずです。

しかし、二人目が生まれれば、上の子のお世話と生まれたばかりの赤ちゃんのお世話を同時に行わなければなりません。上の子が大分大きい年齢なら問題はありませんが、3~4歳以下の場合はまだまだママを独り占めしたい年頃です。一人目のときのように生まれたばかりの赤ちゃんに付きっきりになっていると、寂しさのあまり上の子は心に傷を負ってしまうこともあります。

そのような状況を乗り越えるためには、周囲の協力に頼るのが最善の策です。近くに両親がいるのであれば、大いに頼りましょう。ただし、感謝の気持ちはきちんと言葉で伝えることが大切。いくら血のつながった家族だとは言え、小さな子どもの面倒を見るのはそれなりにストレスが起きることだということを忘れてはいけません。照れくさいような言葉でも、きちんと伝えるようにしましょう。

頼れる人がいない場合は、夫や友人の力を借りましょう。こんなこと頼んだら迷惑かな? この前も頼んだから頼みづらい……などと遠慮していては自分だけでなく子どもにも悪影響を及ぼしかねません。たくさんの人に愛された方が、子どもも健やかに育つと言います。遠慮せず、周りの力を借りることが必要なのです。

保育園は二人目妊娠で退園?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二人目の妊娠は計画的に進める必要がありますが、特に下の子が保育園に通っている場合、育休中に退園しなければならない可能性が強いので、事前にルールを調べておく必要があります。保育園は基本的に、働くママのために存在する施設です。育休中、二人目の子どもが生まれる前に退園しなければならないことも少なくありません。認可外保育園で保育料を全額負担するなら今まで通り通ってもOK、と言うケースもありますが、出産前後はママも働くことができないので「保育料の負担が大きいため退園」なんてケースも。周りにお世話をしてくれる人間がいない場合、生後間もない赤ちゃんのお世話で家から出るのが厳しくなり、上の子の送り迎えができないために退園するケースもあります。出産後、下の子もすぐに保育園に預ける予定のフルタイム勤務のママも、二番目の子を預ける保育園を確保するために、妊活中から奔走しなければなりません。いざ生まれてから調べ始めるのでは遅いことが多いので、保育園関連の問題は早めにリサーチ&準備に取り掛かりましょう。

妊娠初期のつわりの乗り切り方

二人目の妊娠生活は注意点がたくさんあります。一人目のときとは違い、二人目の妊娠生活は動くことを避けられないということです。上の子がいますので、一緒に散歩をしたり、遊んだり、中には幼稚園の送り迎えや行事に参加することもあるかもしれません。ママのお腹が大きくても、上の子が抱っこをせがんでくる場合もあります。つわりがあっても、具合が悪いからと横になることすらままならないこともあります。このように、妊婦だからといって安静にできないのが二人目の妊娠生活のつらいところです。

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1307

「妊娠は病気じゃないから」「私が休んでいたら上の子が可哀想」だと思い込んで無理をしてしまうママも少なくありません。気付かないうちに負担がかかりすぎていて、医師から絶対安静を指示されてしまえばそれこそ上の子がかわいそうです。二人目の妊娠中は、ただでさえ身体に負担がかかっていることを肝に銘じて、疲れを感じていなくても意識的に休息を取ることが必要です。

・妊娠兆候を感じる前に準備

妊娠初期のつわり対策は、早めに準備しておきましょう。特に二人目妊娠はつわりがひどくなる方も。いざ症状が出てから行動しようとしても、頭がぼーっとして考えもまとまらず、吐き気とだるさでほとんど動けなくなるケースも少なくありません。祖父母を頼る場合も、いきなり「手伝って!」と駆け込むのではなく、二人目を妊娠したいと思っていること、もし妊娠できたら手を貸してほしいことを早めに伝えておきましょう。もし周りに頼れる人がいない場合、市区町村の育児支援サービスをおおいに活用して下さい。お泊りで預けられるサービス、送り迎えまでお願いできるサービスを良心的な価格で依頼できる可能性があります。福祉サービスが充実していない地区に住んでいる時は、民間の有料サービスにお願いするしかありません。お金はかかりますが、上の子のケアや家事のサポートなど、して欲しいお世話をプロに頼めるので、心強い存在になるでしょう。

一人目と二人目は違う?出産の注意点4つ

①入院準備は早めが鉄則

二人目の出産は、一人目よりも早くなる人が多いようです。経産婦は、お産で一度産道が開いており、また子宮の出口が開きやすくなっているため、臨月に入るといつ陣痛がおきてもおかしくはありません。

予定日がまだだからと言って安心していてはいけません。臨月に入ったらいつでも入院できるよう、入院準備は早めにすませておきましょう。

自分の準備はもちろんですが、家族の準備もする必要があります。家を空ける間の分のご飯を冷凍しておく、常備菜を作っておく、冷凍食品を買いためておくのも良いでしょう。子どもには、好きな本を買ってあげるのもおすすめです。

あとは、パパに家の中のことをちゃんと伝えておきましょう。普段家事をしない旦那さんの場合、食器がどこにあるかも着替えがどこにあるかも分からないことは良くあります。いざというときにパニックになっては困るので、入院する前にしっかり教えておくことが必要です。また、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、ゴミ袋など、消耗品がママの入院中に切れないように多めにストックしておくと安心です。

②入院中の上の子の環境を話し合っておく

二人目を出産するときに注意したいのは、入院生活です。上の子の年齢が低い場合、もし可能であれば、家族も泊まれる病院を選ぶと良いでしょう。上の子がママと一緒にいられるので安心できるのはもちろん、新しい命が生まれた尊さも勉強できる良い機会になります。

ですが、ママの体調回復もしっかりと行いたいところ。上の子と一緒にいては気も遣うしゆっくり休めない、と思うのであれば、両親に預けるなど信頼できる家族に上の子のお世話を頼んでおきましょう。この場合、出産するときに突然預けるのではなく、数カ月前から何度かお泊りを試してみるのが良いでしょう。最初はママと一緒に、最後は一人でお泊りできるようにしておくと安心です。

③里帰り出産がおすすめ

里帰り出産ができる場合は比較的一人目のときと同じ様に過ごせるので快適だと思います。ですが、上の子の学校などで里帰り出産ができない場合は、自宅に来てもらうことも考えた方が良いでしょう。一人で新生児と上の子の世話をするのはとても大変です。

④早く元に戻ろうと焦らない! 

二人目を出産するときは、一人目よりも元の生活に戻るのが早くなりがちです。上の子がいますから、早くご飯を作れるようにならなきゃ、買い物にも行かなきゃ、など、ママ自身も焦ってしまうことが多いようです。ですが、産後の無理は禁物です。後々身体に影響してきますので、今しか安静にできないと思って周りに頼ってゆっくりするように心がけましょう。上の子には、「ママは病気で寝ているわけじゃないんだよ。赤ちゃんを産んだからちょっと疲れているけど、これからみんなでいっぱい遊ぶために力を蓄えているんだよ」と教えてあげると良いですよ。

妊娠線は二人目の方ができやすい?

一人目の妊娠と二人目の妊娠では、環境が随分違うので色々戸惑うことも。また、妊娠線も二人目の赤ちゃんを妊娠した時の方ができやすいと言われています。上の子を出産するとき妊娠線ができなかった方も、二人目の妊娠では気を引き締めてお手入れに励みましょう。体重を増やし過ぎないこと、保湿を心がけることが妊娠線対策に効果的とされています。

まとめ

二人目の妊娠、出産について気を付けたい点をまとめました。二人目を妊娠するタイミングは人それぞれですが、一人目とは事情が違うことが色々あるので、計画的に妊活を進めることが大切です。できれば入園、入学など上の子の大切な時期とかぶらない時期がおすすめです。また、妊娠してからは一人目のときよりも無理をしてしまうことが増えるので適度に休息をとることが大切です。特につわりがきつい妊娠初期は安定期に入る前の大事な時期です。自治体の支援サービスや、有料ですがプロのサービスも利用して、家事や上の子の世話で心身に負担がかからないようにして下さい。つわりが始まってから慌てないよう、妊娠の兆候を感じる前から準備しておくと安心です。出産してからも周りにたくさん頼って、無理をしないように過ごしましょう。

子育ては一人ではできません。たくさんの人の力を借りた方が心も身体も健やかな人間に成長します。大切な家族を迎えるために、出産後の生活について夫婦や家族でよく話し合っておきましょう。ちなみに、妊娠線も二人目妊娠のときの方が出やすいと言われているので、保湿対策など予防策に励むこともお忘れなく。

【医師監修】妊娠したい女性が必ず知っておくべき4つの秘訣

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/995/

「赤ちゃんは自然に授かるもの」とも言われていますが、妊娠を目指す上で、日々の食事や生活習慣、心身の健康などを見直すことも大切になります。どんなことに気をつけていくべきなのか、見ていきましょう。

【医師監修】帝王切開後に二人目を妊娠・出産するまでの期間や最適なタイミング

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/262

分娩方法には、経膣分娩と帝王切開の二種類の方法が存在します。早く次の子が欲しいと思っていても、帝王切開後の次の妊娠は、経膣分娩後よりも期間をあけるのが一般的です。帝王切開後、二人目を妊娠に最適なタイミングや注意点についてご紹介します。

【医師監修】40代で妊娠できる?出産すべき? メリットとデメリット、リスクとは

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1186

高齢出産が多くなってきたとはいえ、40歳近くなると「もう年齢的に厳しいのかな」と考え込んでしまう人も少なくないはず。妊娠可能かということだけでなく、産後の自分の体力、将来設計など、不安はつきません。しかし、若い年齢での出産にはないメリットもあります。今回は、40代の出産リスクとメリット・デメリットについてまとめました。

現状で精一杯!? ママに聞く、ぶっちゃけ、もう一人子どもが欲しい?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/792

子どもを育てるにはお金がかかったり、手間がかかったりとありますが、そのなかで現在1人ないし2人いるママが、2人目(3人目)をほしいと思っているのか聞いてみました。

【医師監修】二人目妊娠後の上の子の変化(不安定さや夜泣き)への対処方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/148

2人目を妊娠すると上の子がなんだかいつもと様子が違うことはありませんか? 今までそんなことはなかったのに感情が不安定になったり、すごく甘えん坊になったり。それって上の子が何か感じ取っているのかも。おなかの子も大切にしなきゃですが、上の子も大事にしなきゃ。ではそんな上の子への対応はどうすればよいのでしょうか? 

【医師監修】高齢出産による4つの大きなリスクを回避する方法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/282

高齢出産だとどんなリスクを伴うのでしょうか。不妊治療の病院で子宮筋腫や子宮内膜症が判明することも・・・。不妊や流産など辛い体験を報告する漫画や芸能人の体験談を知る機会も増えましたよね。「ダウン症の確率は?」、「メリットはないの?」など、気になる疑問に答えます。

【医師監修】高齢出産で障害児が生まれる確率は?リスクや検査方法を知ろう!

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/70

高齢出産では障害児が生まれる確率が高くなる、と言われていますが本当でしょうか。35歳以上の高齢出産だと、妊娠出産時の母体に負担がかかるのはもちろんのこと、色々なリスクが増加します。体験談を綴る芸能人のブログも増えていますよね。ここでは、高齢出産のリスクや障害の検査方法などをご紹介します。

【医師監修】排卵日を把握することが大切! 産み分けのポイントまとめ

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/765

赤ちゃんを望んでいる時、「男の子・女の子がいい」などとどちらかの性別を希望する人も多いのではないでしょうか。ランダムで決まるとも思える性別は、方法次第で希望通りにすることは可能なのでしょうか? 今回は、排卵日や精子の性質などを活用した産み分け方法についてまとめました。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内でも子どもが思い切り遊べる室内用ジャングルジム。運動することで体力づくりにもなり、人気があります。そんな室内用ジャングルジムは何歳くらいから遊べるのか、購入に関しての注意点をまとめました。おすすめの室内用ジャングルジムも紹介します。


ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

離乳食作りは子どもが食べやすいように、柔らかく煮込んだり刻んだりして作るので意外と手間と時間がかかります。そのひと手間の軽減に役に立つのがハンドブレンダー。ハンドブレンダーを離乳食作りに使うコツや、選び方のポイントなどを紹介します。