ママのための悩み解決サイト
【医師監修】マイコプラズマ肺炎の5つの疑問、うつる? 症状や治療法は?

【医師監修】マイコプラズマ肺炎の5つの疑問、うつる? 症状や治療法は?

「もしかしたら我が子がマイコプラズマ肺炎かもしれない」「マイコプラズマ肺炎になったらどうすればいいの?」…そんな親御さんが知りたい疑問にお答えしました。


この記事の監修ドクター
有明こどもクリニック 小暮 裕之先生
地域の皆さまに信頼されるかかりつけの医療機関として、スタッフ一同、より質の高い医療の提供を目指してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
http://child-clinic.or.jp/concept.html/

マイコプラズマ肺炎の疑問に答えます!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイコプラズマ肺炎は、幼い子供の発症が多い病気です。かわいい我が子が肺炎に侵される…というだけで、親御さんは少々パニックになってしまうかもしれません。いざという時に冷静に対処するには、知識をつけておくことが1番。適切な知識をつけておけば早期発見・治療が可能になりますし、ある程度予防することも期待できます。お子さんがマイコプラズマ肺炎になってしまった時はもちろん、できればマイコプラズマ肺炎にかかる前に「マイコプラズマのこと」をよく知っておきましょう!

Q1.マイコプラズマ肺炎ってうつるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイコプラズマの正式名称は「マイコプラズマ・ニューモニエ」と言い、細胞壁を持たない細菌です。「飛沫や接触」によってうつり、特に子どもは感染しやすいので、ご注意ください。

「マイコプラズマそのもの」はうつります

マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)は、細胞壁を持たない細菌です。大きさがだいたいこの中間くらいで、特徴も大変独特です。ウイルスは、人の細胞以外では増殖できませんが、マイコプラズマは人の細胞でなくても増殖します。一方、細菌には、形をキープするための「外壁の膜」がありますが、マイコプラズマにはそれがありません。

そんな、少々変わったマイコプラズマですが、感染ルートは普通の風邪とほぼ同じです。具体的には、つばや唾液、咳やくしゃみといった「飛沫感染」と、マイコプラズマ保有者などに触れることによる「接触感染」に大別できます。ちなみに「マイコプラズマそのもの」はうつりますが「肺炎そのもの」(症状そのもの)はうつりません。事実、感染しても肺炎に至らず、通常の風邪と変わらずに過ごす方もいます。

かかりやすい年齢は?

マイコプラズマ肺炎は、圧倒的に若年者の病気と言えます。
国立感染症研究所が公表しているデータ(*)によれば、成人未満の発症が全体8割程度を占めています。年度によって多少のバラツキはあるものの、この傾向は例年変わりません。具体的には、0〜4歳の発症が30パーセント〜45パーセント、5〜9歳の発症が25パーセント〜35パーセント前後の発症率となっています。


(*国立感染症研究所「感染症発生動向調査/第43号」
http://idsc.nih.go.jp/idwr/douko/2011d/43douko.html

Q2.普通の風邪との見分け方は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイコプラズマには特徴的な症状がある反面、軽症の場合には目立った症状が出ないケースもあります。また、マイコプラズマの怖い合併症についても知っておきましょう。

肺炎になっていなければ、見分けるのは難しい

マイコプラズマの初期症状は38℃程度と高めの「発熱」です。タンや鼻汁はあまり出ない反面、咳が「コンコン」「コホコホ」など、乾いた感じがすることが大きな特徴と言えます。しかし、マイコプラズマに感染しても必ずしも肺炎になるわけではなく、そうするとベテラン医師でも、マイコプラズマかどうかを見分けることは難しいでしょう。実際に、はじめは風邪だと思っていたのに「風邪薬を飲ませても治らない。おかしい…」ということで子供を病院へ連れて行き、初めてマイコプラズマが発覚するケースも少なくありません。

喉や気道・気管の炎症は普通の風邪でも起きますが、特に子供の場合では珍しくありません。したがって血清判断をはじめ、遺伝子検査、その他の状況の聞き取り(家族やお友達でマイコプラズマになっていた人がいなかったか、など)によって診断を行うことになるでしょう。

マイコプラズマ肺炎の症状は?

マイコプラズマの症状について、もう少し詳しくご説明しましょう。実は、感染する年齢によって、症状が若干異なります。

乳幼児へのマイコプラズマ感染では、症状は風邪程度で済むことが一般的です。しかし、それ以上の年齢のお子さん(大人も含む)では、肺炎になりやすいと言えるでしょう。何かおかしい感じがするかもしれませんが、マイコプラズマは「免疫力が高いほど肺炎になりやすい」というやっかいな性質をもっています。

また、ぜんそくがある場合は、マイコプラズマによって発作が誘発されます。マイコプラズマ感染によって喉や気管支に炎症が起きますから、注意が必要です。また、気管支拡張薬(テオフィリン)は、マイコプラズマの抗生剤と作用する性質がありますので、ぜんそくの方はあらかじめ医師へご相談ください。

なお「疲労感、けいれん、意識障害、発疹、湿疹、黄疸」などの症状が出た場合は、合併症を引き起こしている可能性が考えられます。具体的には、多型滲出性紅斑、脳炎、肝炎、じんましんなどの合併症が疑われます。このような場合は、速やかに病院を受診してください。

Q3.マイコプラズマは予防できるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイコプラズマにはワクチン(予防接種)がありません。そのため、事前に予防することが難しい面もあります。ただし、マイコプラズマの感染力は決して強くありません。したがって、身近な注意によってマイコプラズマを予防することは可能です。

「基本」を守りましょう

マイコプラズマには、ワクチンのような特別な予防法がありません。抗生物質の服用によって予防できると言う報告もあるようですが、推奨される方法では無いと言えるでしょう。また、マイコプラズマの性質上、ただ単に「免疫力を上げれば大丈夫」ということもありません。

したがって、普段から「手洗い・うがいを徹底する」という、シンプルで基本的な方法を大切にしてください。また、マイコプラズマは4年前後に1度、流行しますので、流行期にはマスクをするのも予防になります。可能な限り、食器やコップも分けて、飛沫・接触感染を防ぎます。

マイコプラズマの感染力は強くない

肺炎を引き起こすマイコプラズマですが、その感染力はあまり強くありません。具体的には、かなりきちんと接触しないと「家庭のような狭いコミュニケーションでもあまり感染しない」と考えられています。逆に、通学・帰宅ラッシュの満員電車・バスの中のほうが感染する危険性は高いかもしれません。

いずれにしましても、先ほどご紹介した「手洗い・うがい・流行期のマスク着用」だけでも、かなりマイコプラズマの予防になると期待できます。4年前後に1度という流行のため、マイコプラズマを日頃から意識することは難しいかもしれませんが、親御さんの指導によって習慣化することが望ましいでしょう。

Q4.マイコプラズマ肺炎になったら絶対入院?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

肺炎というと即入院と言うイメージがあるかもしれません。特に、幼いお子さんが肺炎にかかったのですから親御さんの心配もより一層のはずです。しかし、そんなイメージに反して、マイコプラズマ肺炎の治療はほとんどの場合「外来での治療」で済みます。

外来で治療できます

マイコプラズマは、外来の内服治療で治ることが多いため、一般的なイメージよりも入院するケースは少ないといえます。ただし、乳幼児がかかった場合や、症状の度合いがひどい場合、何らかの合併症が疑われる場合などは、入院させる場合もあります。外来で治療で行う場合には、薬を「決められたタイミング、回数、期間」にきちんと飲ませることが重要です。それに加えて、病院へ連れて行く以外の外出は控え、安静にさせてください。

マイコプラズマの治療法は?

抗菌薬(抗生物質)での治療をメインに、せきや発熱に対する対症療法を行います。
使用される抗菌薬(抗生物質)は主に「マクロライド系」です。他に「ニューキノロン」「テトラサイクリン系」などの選択肢もありますが子供に対してはあまり処方されません。8歳未満のお子さんの場合は、歯が変色が起きる恐れがあるため、テトラサイクリン系抗生物質の処方は行われず、関節炎の影響のでないニューキノロンを処方します。このほか、ペニシリン系やフォロスポリン系など抗生物質は、マイコプラズマに対する有効性がないため処方されません。

このほか、合併症として喘息発作が出た場合は、気管支拡張薬も処方されます。

なお、マイコプラズマは基本的に自然中が可能な病気であるため、「肺炎の合併がない」など、症状の程度によっては抗菌薬(抗生物質)処方が行われない場合もあります。

Q5.マイコプラズマの流行で学校に行けなくなるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイコプラズマは感染症ですから、学校のように集団生活を営む場は「流行の温床」になってしまいます。そのため場合によっては法律に則って「出席停止」の処置が取られるケースもあります。

流行したら「出席停止」になることがあります

「出席停止」とは、マイコプラズマにかかった子どもに対して「出席を停止する措置」を指します。なお「出席停止」の措置は「学校保健安全法」という法律に則っておこなわれます。マイコプラズマ感染症は、学校保健安全法の第3種に分類されることがあり、必要に応じて学校長が「出席停止扱い」の判断を下します。この出席停止の措置には「学校での流行を防ぐ」という意味がありますので、子供にたいした症状が出ていなくて「学校に行かせても大丈夫じゃないの?」と感じられるような状態であっても、学校に行くことは許されません。医師の許可が出るまでは、自宅療養させる必要があります。

学校に行けるのは「許可」が出てから

このように、マイコプラズマ感染症にかかった後の場合は、症状の重い軽いに関係なく、出席停止扱いとなるケースがあります。ただし、出席停止は法律で決められた「感染症予防策」ですから、欠席扱いにはなりません。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「肺炎」と聞くと、重く深刻な病気と言うイメージですが、外来での治療でおよそ治ってしまうなど、比較的軽症のケースも多いです。ただし、重症化すると命に関わることもあるため、早期治療と、適切なホームケア、そして予防に努めましょう。

関連する投稿


【医師取材】ノロウイルスの検査方法・期間・費用は?

【医師取材】ノロウイルスの検査方法・期間・費用は?

ノロウイルスは、感染力が非常に強いのが特徴で、二次感染が起きやすく、保育園や幼稚園などで、集団感染を引き起こすこともあります。ここでは、このノロウイルスの感染が疑わる場合の検査や診断方法についてお話していきます。


【医師取材】ノロウイルスの感染力・経路は? 大切な4つの予防法

【医師取材】ノロウイルスの感染力・経路は? 大切な4つの予防法

ノロウイルスは、毎年秋から冬にかけて流行するウイルスで、感染すると、吐き気や嘔吐、下痢などの症状をもたらします。ここでは、このノロウイルの感染経路や、ノロウイルスの感染症の予防する方法などをご紹介していきます。


【医師取材】ノロウイルスはどんな症状が出る? 潜伏期間と二次感染のリスク

【医師取材】ノロウイルスはどんな症状が出る? 潜伏期間と二次感染のリスク

ノロウイルスは、毎年、秋から冬にかけて流行し、保育園や学校などで集団感染を引き起こすこともあるウイルスです。ここでは、このノロウイルスに感染したときに、具体的にどんな症状が現れるのかをご紹介していきます。


【医師取材】幼児の咳を楽にする5つの対処法  喘息・肺炎には要注意?

【医師取材】幼児の咳を楽にする5つの対処法 喘息・肺炎には要注意?

かわいそうな幼児の咳。今回は、ラクにするための5つの対処法ほか、注意すべき喘息・肺炎についてもご紹介します。


【医師取材】子どもに多い溶連菌感染症、症状・潜伏期間・治療法は?

【医師取材】子どもに多い溶連菌感染症、症状・潜伏期間・治療法は?

溶連菌感染症は子供がかかりやすい病気です。感染力が強いため、その症状や治療法をきちんと理解しておきましょう。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師監修】産褥(さんじょく)期の腹痛や貧血の乗り切り方と回復の方法

【医師監修】産褥(さんじょく)期の腹痛や貧血の乗り切り方と回復の方法

出産を終えたママの身体が回復する期間を、産褥(さんじょく)期と呼んでいます。出産のダメージや体力は個人差がありますし、産褥期がいつまで続きおわるのかも、人によって個人差があります。腹痛や便秘、頭痛、貧血、腰痛、浮腫など地味に辛いトラブルに見舞われる時期なので、よくある症状の原因や対処法をご紹介します。


【レシピ動画】失敗なし! マシュマロで作る、簡単レアチーズケーキ

【レシピ動画】失敗なし! マシュマロで作る、簡単レアチーズケーキ

お菓子作りは、意外と失敗もつきもの。子どもたちも大好きなチーズケーキを、簡単テクで作ってみましょう。


【医師監修】食中毒の主な原因と症状は? 家庭での予防策5つ

【医師監修】食中毒の主な原因と症状は? 家庭での予防策5つ

汚染された食品を口にすることで引き起こされる食中毒。時には命に関わるケースもある食中毒の原因と、その対処法・予防方法をお伝えします。


子育て疲れしていない? 気になる症状と原因、4つの解消法とは

子育て疲れしていない? 気になる症状と原因、4つの解消法とは

子育ては毎日のことで、子どもが小さい時ほど気を抜く暇もなく子育てをしている人は多いでしょう。かわいい自分の子どものことでも、日々の疲れが溜まると体力的、精神的にまいってしまうことも。実は深刻なことにもなりかねない子育て疲れについて考えていきましょう。


  【医師監修】母乳マッサージ(おっぱいマッサージ)は産前から!正しいやり方とケア

【医師監修】母乳マッサージ(おっぱいマッサージ)は産前から!正しいやり方とケア

母乳マッサージ、産後はもちろん、産前から始められます。妊娠中からケアすることで「うまく母乳が出なかったらどうしよう」なんて不安も解消されやすいでしょう。バストが痛い時にも効果的です。「始めるのはいつから?」、「頻度は??」、「桶谷式ってどうなの?」などよくある疑問に答えます。