ママのための悩み解決サイト

産後の悩み

新米ママによくある悩み5つ 取り入れたい考え方&便利グッズ

お金の悩み

貯金ができる人になるには?楽しくできる「節約術4選」!

育児の悩み

【年齢別】女の子のおもちゃランキング!選ぶポイントとおすす...

最新の投稿


【医師監修】気管支炎とは? 気管支炎の症状と治療法

【医師監修】気管支炎とは? 気管支炎の症状と治療法

冬になると、咳が止まらない・呼吸が苦しくなるというような症状が出ることはありませんか。子どもが苦しそうな様子は、見守るママやパパも見ていて辛いですね。もしかしたらそれは「気管支炎」かもしれません。


【医師監修】RSウイルス感染症は乳児がかかると深刻? 症状と予防策

【医師監修】RSウイルス感染症は乳児がかかると深刻? 症状と予防策

感染症が流行しやすい冬から春にかけての時期、子育てをしているママにとって赤ちゃんが感染しやすい病気について気にしておきたいもの。その病気のひとつとされている「RSウイルス感染症」とは、どのような病気なのでしょうか?今回は、RSウイルス感染症の症状や赤ちゃんが感染した際のリスク、治療方法、予防策などについてまとめました。


RSウイルスが過去最多に流行中! 症状と治療・予防策【ママ女医と娘の○○な日常 vol.11】

RSウイルスが過去最多に流行中! 症状と治療・予防策【ママ女医と娘の○○な日常 vol.11】

夏から各地でRSウイルスが流行しはじめています。通常は冬に流行を起こすことの多いRSウイルス感染症。症状や治療方法、夜間や休日でも受診が必要な時をわかりやすく解説致します。


【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

子どものほとんどがかかるRSウイルス感染症は、感染力が高いため発症すると、保育園や幼稚園をお休みしなければなりません。感染の可能性がある場合は病院で医師の診察・検査を受けましょう。ここでは、病院で行われるRSウイルスの感染の検査方法を紹介します。


【医師監修】RSウイルス感染症の潜伏期間は? 感染後の症状と治療方法

【医師監修】RSウイルス感染症の潜伏期間は? 感染後の症状と治療方法

RSウイルス感染症は、2歳までにほぼ全ての子供が1度はかかるといわれている呼吸器の感染症です。乳幼児は重症化すると肺炎や気管支炎などを発症するといわれ、特に注意が必要です。今回は、小さなお子様のいるパパとママならぜひ知っておきたいRSウイルス感染症について、その感染経路や潜伏期間、治療方法、治療期間をご紹介します。


【医師監修】妊娠34週目で気をつけたい注意点は?  体の変化・必要なこと

【医師監修】妊娠34週目で気をつけたい注意点は? 体の変化・必要なこと

妊娠28週目からは「妊娠後期」と呼ばれています。今回は、妊娠34週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化のほか、必要なことや注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠4ヶ月のママの6つの体の変化とやるべき3つの準備

【医師監修】妊娠4ヶ月のママの6つの体の変化とやるべき3つの準備

妊娠4ヶ月は、辛かったつわりの症状が徐々やわらいでいき、気持ちに少し余裕が出てくる時期です。また、お腹も少しずつふくらんでいくので、周囲の人にも、妊婦さんだということがわかるようになってくるでしょう。ここでは、具体的にどんな変化が現れるかや、お腹の赤ちゃんの状態、この時期にしておきたいことなどをご紹介していきます。


妊娠線予防はいつから?始める時期とコスパ重視のオイル&クリームを紹介

妊娠線予防はいつから?始める時期とコスパ重視のオイル&クリームを紹介

妊娠線予防対策にはお金がかかると感じていませんか?確かに5,000円以上する人気クリーム&オイルも。ただ、無印やワセリン、ベビーオイルなど、1,000円以下で買える市販品も色々あるので、特におすすめの5点をご紹介します。「妊娠線対策はいつから始めるべき?」と言うよくある疑問にも詳しく答えています。


妊娠線ができやすい人の特徴は? 気をつけたい3つのこと・ケア方法

妊娠線ができやすい人の特徴は? 気をつけたい3つのこと・ケア方法

妊娠中の気になる肌トラブルの1つに、お腹などの皮膚にひび割れのような線が入る「妊娠線」があります。この妊娠線は、一旦できてしまうと消えることがないといわれていますが、できないように予防することは可能なのでしょうか? ここでは、妊娠線の原因や予防方法などについてお話していきます。


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】妊娠線ができる本当の原因は? ケアを始める時期と方法

【医師監修】妊娠線ができる本当の原因は? ケアを始める時期と方法

約9割の妊婦さんができると言われている妊娠線。一度できると跡が消えにくくなってしまう妊娠線はとにかく予防が大切です。妊娠線ができる原因は個人差がありますが、予防することは可能です。多くの妊婦さんが悩むかゆみの原因や対処法も合わせてお伝えします。


【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処法

【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処法

妊娠すると、人によってはかなり早い時期から食欲の変化が起きます。食欲不振や吐き気が辛いつわりも、妊娠初期に始まりますね。体重管理が必要な妊娠中は、食事は特に大切な問題になるでしょう。今回は食欲やつわり、体重増加についてまとめました。


【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

妊婦が太り過ぎてはいけない理由はママにも赤ちゃんにも危険が及ぶため。こちらでは妊婦の太り過ぎによるその出産のリスクと、妊婦が行っても安全なダイエット方法をご紹介します。まずは太り過ぎの目安となるBMIでご自身の今をチェック。つい太り過ぎてしまう原因や、太り過ぎを回避するために出来る生活習慣のポイントもおさえましょう。


【医師監修】妊娠後期は体重の増えすぎに注意すべき理由とは?

【医師監修】妊娠後期は体重の増えすぎに注意すべき理由とは?

「おなかの赤ちゃんの分まで食べなさい」と勧められるままに食べていては、あっという間に体重オーバーになってしまう妊娠後期。検診での体重測定に毎回ドキドキしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。自分はもちろん、赤ちゃんのためにも重要な体重管理。理想の増加目安と管理のコツについて知っておきましょう。


【医師監修】新生児の授乳の基本、回数・間隔・時間はどれぐらい?

【医師監修】新生児の授乳の基本、回数・間隔・時間はどれぐらい?

初めての授乳は、戸惑う事も多いですよね。新生児の授乳はどのような点に注意すればよいのでしょうか?今回は、新生児の授乳の回数や間隔、授乳時間のほか母乳の仕組みなどについてもご紹介します。


母乳とミルク、どちらで育てている? ママたちの理由は?

母乳とミルク、どちらで育てている? ママたちの理由は?

出産後、まず直面するのは授乳の問題でしょう。母乳もしくはミルクだけで育てていくか、両方を組み合わせて育児をしていくか、ママたちには判断が求められています。それぞれを選んだ理由についてママたちに聞きました。


母乳育児のよくある悩み、解決法は? スムーズに授乳するコツ

母乳育児のよくある悩み、解決法は? スムーズに授乳するコツ

母乳育児は、赤ちゃんにとってもママにとってもさまざまなメリットがあります。しかし、赤ちゃんが母乳を飲んでくれない、おっぱいの出が悪いなど悩むママも実は多いもの。母乳を上手に出し、赤ちゃんにしっかり飲んでもらうにはどうしたらいいのでしょうか。


【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は? 不足時のサインと母乳ケア

【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は? 不足時のサインと母乳ケア

妊娠中から「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい!」と考えているママも多いことでしょう。実際に母乳育児がスタートすると、母乳の量が足りているのか、ミルクを足したほうがいいのかなど、さまざまな悩みが出ることも。今回は母乳の量についてや、母乳の出方が足りないときの対処法をまとめました。


【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

妊娠中、体重が増えすぎると焦ってしまいますよね。つわりが軽くなって食欲も増し、気づくと血圧や血糖に影響がでることも。体重管理はとても大切ですが、闇雲に減らすのも問題です。普通の減量ブログで紹介されているようなダイエットは避けましょう。今回は妊婦さんが適正体重を保つための食事&運動をご紹介します。


【医師監修】母乳っていつまであげていいの? 卒乳のタイミングとは

【医師監修】母乳っていつまであげていいの? 卒乳のタイミングとは

母乳育児をしていると、いつまで母乳をあげるべきか迷ってしまいます。卒乳の時期をいつにするか悩んでいるなら、適切な時期と母乳を与えるメリットを理解してみましょう。その子供にも適切な卒乳の時期がありますから、無理せずにマイペースに取り組んでみてください。