お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

……マジかよ!? デート中、彼女のケチっぷりに引いたエピソード・5選 

ファナティック

最近ではデートのときに、割り勘が当たり前になっているカップルも増えていますよね。一方だけに負担を押し付けてしまうと、何かともめ事の原因になってしまうので、キッチリ割り勘にしているかもしれませんね。今回は、デート中に彼女のケチっぷりに引いたことについて、社会人男性のみなさんに、暴露してもらいました。

■クーポンを使う

・「クーポンにはまっていて、逐一チェックしているので引いたことがある」(27歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「クーポンを使える店でないと行かない」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「クーポン使用を連発していたこと」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

同じお金を払うなら、クーポンを使ったほうが断然お得なくことは言うまでもありません。でも何をするにもクーポン発になってしまうと、さすがにケチに思われてしまいそうです。

■お金を出さない

・「1円も出そうとしない。出すそぶりくらいしてほしい。どうせおごるんだから」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「財布を出そうとしない」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「相手が自分のお金をまったく出そうとしないのに、引いたことがある」(29歳/情報・IT/技術職)

デートのときは、彼が全部負担してくれるという人もいるようですね。でもそれが当たり前になり過ぎて、財布を出そうともしないと、彼も内心では引いているかもしれませんね。

■安いお店しか行かない

・「ランチで一番安い店を探し、1時間くらい歩き回ったとき」(29歳/自動車関連/技術職)

・「ランチの値段が高いと、食べたいと言っていたものでもお店を変更する」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「少しでも安くてお得なランチに行きたがるから」(33歳/学校・教育関連/専門職)
少しでも節約するために、ランチは安いお店を選びたいという気持ちになるもの。でもランチの内容すら気にせず、ただ安いお店を選んでいると、彼もウンザリしてしまうかもしれませんね。

■交通費をケチる

・「電車代がもったいないから歩こう」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「電車賃をケチって歩くこと」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「遠出するときも特急は使わず鈍行列車」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

デート代を少しでも安くあげるには、食費や交通費を浮かすのが一番といえるのでは。でも仕事で疲れた休日にデートをしているときは、少しぐらい彼の体のことを考えてあげたほうが良いかもしれませんね。

■ポイントだけ受け取る、サンプルおねだり

・「飲食店で支払いをしないが、ポイントだけは彼女が受け取ること」(38歳/金融・証券/営業職)

・「化粧品のサンプルをねだっていたとき。必要以上に店員に絡み、奪っていた」(38歳/情報・IT/技術職)

いろいろな彼女のケチっぷりを発見してしまった男性がいるようですね。

■まとめ

デート中、女性のケチっぷりに引いてしまいった、さまざまな男性のエピソードが寄せられました。浪費しすぎるよりは節約するほうが男性にも好感を持たれるものですが、あまりやり過ぎてしまうと、逆に引かれてしまう原因になってしまうことも。何ごともほどほどにしておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月1日~8月29日
調査人数:104人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ