お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド デジタル・アプリ

「アドテック東京2016」GMOブースにマイナビウーマンが登壇! “タイアップが売れるワケ”を語りました

9月20日(火)と21日(水)の2日間、東京国際フォーラムにて、アジア最大級の規模を誇るマーケティング・カンファレンス「アドテック東京2016」が開催されました。さまざまな企業やマーケターが集まる中、GMOインターネットグループのブースに、女性向け総合情報メディア「マイナビウーマン」が登壇。営業部の太田とコンテンツ・システム推進部の松山が「マイナビウーマンのタイアップ記事が売れる理由」についてトークを行いました。

■マイナビウーマンが選ばれる理由

マイナビウーマンは「働く女性の恋愛と幸せな人生のガイド」というコンセプトのもと、20代~30代の働く女性に向けて、毎日の生活で気になるトピックや悩みを解決するヒントになるような情報を提供。結婚・妊娠・出産など、女性特有のライフステージの変化にも寄り添い、幸せに向けてナビゲートしています。

そんなマイナビウーマンで今、Webのタイアップ広告が売れているそう。その理由について太田は「コンテンツ力に加えて、多岐に渡るソリューションを提供できること。多くの読者がいるので、動画ADやリッチADだけでなく、効果検証やトライアルイベントなどといったプロモーションまで一貫して提供できる」と説明。またタイアップ記事を展開するポイントとして「いかに広告をユーザーにとって“自分ごと化”させるか」だと語りました。単に広告を流すだけでなく、ユーザーが「自分のこと」として捉え、興味を持って見てもられるように工夫しているそうです。

■タイアップ記事を作る際のポイント

マイナビウーマンでタイアップ記事を作る際は、主に以下の3つのポイントを意識しているとのこと。

①ユーザーのインサイト(考え)を理解する

⇒読者のリアルな声を集めるため、定期的にアンケート調査や座談会を実施。働く女性の考え方や行動をしっかり理解することで、商材の効率的なアピール方法を提案できます。

②広告主の商材を理解する

⇒単に商材を売るだけでなく、将来的なブランドビジョンに向けたストーリー設計やビジョン設定を行っている。1社の案件に対してチームで取り組んでいるため、より精度の高い提案が行えます。

③ゴールを設定する

⇒ただPVが伸びればいいというだけでなく、その先にある「クライアントの望み」にフォーカスし、施策に取り込んでいます。

「20代~30代の女性のリアルな声がわかる」という強みを活かし、ユーザーのツボをダイレクトに刺激するタイアップ記事を作成。広告主が望む結果を出すだけでなく、その先にあるブランドビジョンに向けてしっかり取り組めることがマイナビウーマンのタイアップの特徴だといえそうです。

■まとめ

クリエイティブ力だけでなく、アンケートに基づいた信頼性のある記事や読者の回遊率の高さに定評があるマイナビウーマン。毎月何十社という企業がタイアップを実施するのには、このような理由があったようです。

(マイナビウーマン編集部)

 

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ