お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

これは避けたい! 男子が思わず萎えた女子のNG下着4選

ファナティック

下着女性用の下着は、今やいろんなところで購入できるようになりました。ですが、下着をなかなか新しくしないという女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、男性が思わず萎えてしまう、女性の下着について教えてもらいました。下着なんてどうでもいいと思っている女性は、一度考え直してみる価値はありそうです。

■おばさん感

・「ベージュ系はあまりうれしくないかも」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「上下バラバラで、ベージュと白、みたいなおばさんっぽい組み合わせ」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「最近流行ってるらしい、ふんどし」(27歳/自動車関連/技術職)

男性が最もイヤがるのが、おばさんっぽい下着のようです。おそらく、実家暮らし時代の母親の下着を無意識に想起してしまうからではないでしょうか。機能性インナーに多いベージュやくすんだピンクだと、たとえ新品でも何となくおばさん感が出てしまいそうです。

■勝負下着もちょっとイヤ

・「あまりに派手だったらイヤです。赤やピンクのいかにも男性を誘っているというのが感じられるような下着だったらガッカリです」(39歳/金融・証券/営業職)

・「Tバック。下品な印象を受ける場合もあるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

意外に思うかもしれないのが、勝負下着をイヤがる男性が多いということです。真っ赤や黒レースなど、セクシーさが強調されている下着に萎えてしまうようです。これは、それを準備するという女性の張り切り感がイヤなのかもしれません。日常の延長として、少しかわいいくらいの下着がちょうどよさそうです。

■子どもっぽい下着も萎える

・「真っ白い普通のパンツ。色気が足りないから」(30歳/不動産/専門職)

・「男物のボクサーパンツ」(33歳/商社・卸/営業職)

セクシー下着を履いていた女性でも、身体のことを第一に考えるようになると、綿100%を選ぶように変わっていくことがありますよね。でも、それが男性にとっては少なからずショックなようです。新しい恋愛にチャレンジするようなときには、普段は素朴な下着だったとしても、気を遣ってあげるといいかもしれません。

■お手入れされていない下着

・「使い古したような下着だと萎える。色やデザインについては特に気にはしない」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「着古した感じがある」(31歳/医療・福祉/専門職)

おばさんぽい下着と同じくらい、もしかするともっとイヤがられるのが、ボロボロの下着でした。下着はけっこう丈夫なものだし、少しくらい破れても外からは見えないため、替えどきが分かりにくいのは確かでしょう。でも、せっかく彼氏とデートなら、キレイなものを身に着けていくくらいの配慮はあったほうがいいかもしれませんね。

■まとめ

女性の下着なんて見ていないという男性もいるでしょうが、実際に少なからず、萎える下着というのもあるようです。毎日キレイでかわいい完璧な下着である必要はないので、夜の予定がある日には、サービスのつもりで下着を整えておくといいのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ