お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「うわー、ないわぁー」男子がガッカリした酔っ払い女子のNG行動4パターン

ファナティック

酔う社会人になると、お酒の席に参加する機会も増えるもの。女子会なら盛り上がる行動でも、男性との飲み会では避けたほうがいい行動もあります。今回は男性のみなさんが「印象が悪い」と感じてしまう、酔った女性の行動についてアンケート調査を行いました。

■お下品なふるまい

・「下ネタを連発する人」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「大股開きで下着が丸見えになっていて、下品に見えたこと」(36歳/情報・IT/技術職)

男性との飲み会で、男性の下品なふるまいに嫌気がさしている女性は多いはず。ですが、反対の立場で男性もイヤだと思うことがあるみたいですよ。男性はみんな下ネタが好きだと勘違いをして、リップサービスのつもりで下ネタ発言をしてしまうと、女性としての評価は下がってしまうようです。女子会のノリとはちがうということを肝に銘じておきたいですね。

■周囲に迷惑をかける

・「隣のことも考えず、大きな声でうるさく話をしていた」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「酒乱で店で、暴れたとき」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「まわりに迷惑をかけていることにも気づかない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

お酒が大好きでも、周囲やお店に迷惑をかけてはいけません。「ノリがいい女性」という範囲を超えてしまうと、「酔っ払うと暴れる面倒な女性」と思われてしまうでしょう。お酒を飲むと気分が高揚して、気づかずに大声で話してしまっている人も多いもの。自分がそうなってしまっていないか、気をつけるようにしたいですね。

■人の悪口や愚痴、説教ばかりになる

・「お前はだからダメなんだ、みたいに、理由もなく同じことを何回も繰り返す」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「お酒が飲めないシラフの人間に対して飲まない事に文句を言った人」(27歳/小売店/営業職)

一緒にお酒を飲んでも楽しくない人と言えば、愚痴や悪口ばかりの人でしょう。女性も仕事を頑張っていると、人の仕事のアラが見えたり、愚痴を言いたくなることもあるはず。でも楽しいはずのお酒の席でそれをやってしまうと、いつの間にか自分自身が、かつて嫌っていたタイプの人間になり下がってしまうかもしれません。

■吐くまで飲む

・「気づいたら、そのへんで吐いていたとき」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「酔っぱらいすぎて具合が悪くなる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

酔っ払いの介抱というのは大変なものです。吐くまで酔ってしまったり、寝てしまったりすると、大変なのは周囲の人です。お酒が好きなのは構いませんが、女性でも男性でも、飲むペースはコントロールしたいものです。吐くにしても、ちゃんとトイレで、まわりに迷惑をかけないようにしましょう。

■まとめ

女性の中にもお酒に強い人、弱い人がいます。それぞれ自分に合ったペースで飲むようにして、周囲とは楽しく飲めるように配慮を欠かさないようにするといいでしょう。気になる彼との距離を縮める絶好のチャンスである飲み会を、自分の失敗で無駄にしないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ