お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男はオオカミなのよ!? 男性が女性を家に連れ込む方法4つ

とても楽しかったデートの帰り、このまま別れるのは名残惜しいなと感じたときに思いつくのはそのまま二人でお泊まりすることですよね。それは男性も例外ではなく、本当は自分の家に泊まってほしいのになかなかうまく切り出せないというケースも多いようです。彼女に自分の家に泊まってもらうためにはどのような方法が効果的なのでしょうか。働く男性の意見を見てみましょう。

■デートで終電を逃すまで引っ張る

・「夜遅くまで遊んで電車がない時間にする」(23歳/金融・証券/営業職)

・「バスも電車もない時間帯まで、お酒を飲んでしまう」(38歳/学校・教育関連/専門職)

彼女が帰る足がなくなるまでデートを引っ張る方法です。帰れないとなれば後はどこかで一夜を明かすか野宿か宿泊先を探すしかありません。そのときに「うちに来れば?」という瞬間を、男性は待ち望んでいるのでしょう。

■家に来るメリットを提示する

・「最新のDVDがあるから一緒に見よう」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「おいしいお酒とさかながあるので一緒に思うと誘う」(38歳/金融・証券/営業職)

うちに来れば楽しいことがあるよ、というメリットを提示する方法です。なんだか魚を釣るために餌をまいているようにも思えますが、女性の立場からも「それなら」と返答しやすいでしょう。映画鑑賞と宅飲みは誘いやすい口実ですね。

■デートの場所を自分の家の近くに設定する

・「家の近くでお酒を飲みに行く。電車等で帰る可能性もあるけど、そのまま家に来る可能性もあると思う」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「自分の家の近くで終電近くまで食事をしていて、『終電が近いから帰るね』と言ったら、『自分の家すぐ近くだし、家に帰るより近いから泊まっていいよ』と言って誘います」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

たとえばデートの場所が彼女の家付近なら、何時になっても彼女は帰ることができるし、お互いの家から同じくらい離れているなら、終電がなくなったところで二人とも帰れない現実に直面するだけです。彼女を泊まらせるためには、デートの場所を自宅付近に設定することが大前提でしょう。

■ストレートに誘ってみる

・「率直に想いを伝える。小手先のことは思いつかないから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『泊まっていってもいいよ』とさりげなく言う。強引に誘う勇気がないから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

いろいろと戦略を練ってもうまくいかないこともあります。下心が見えてしまったり、何らかの原因で計画が崩れてしまうリスクがあるなら、ストレートに誘った方がむしろ確実な効果が期待できるかもしれませんね。

■まとめ

なんとなく「泊まってほしいんだろうな」という彼の気持ちがわかっても、ストレートに言われなければ確信を持つことはできず、そのままその日はおひらきに……という流れにもなりかねません。彼女を自分の家に泊まらせたいと思うなら、彼女が彼の家に泊まりたいと思うような関係性を築くことが何よりの近道かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]