お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

私の彼、こんなにかっこよかったっけ……? 彼氏の予想外なギャップに惚れ直したこと6つ!

ファナティック

彼氏と長く一緒にいると、どこに惚れたのかわからなくなってくることがあるかもしれません。そんなときに効くのが、ギャップです。予想外な一面を発見して、惚れ直すことがあるでしょう。そこで今回は、彼氏に惚れ直したギャップについて、働く女性に経験談を聞いてみました。

Q.今までに彼氏の予想外ないい意味でのギャップを見て、惚れ直したことはありますか?

「ある」21.0%
「ない」79.0%

約2割の女性が、彼氏の予想外なギャップを発見してドキッとしたことがあるようです。5人に1人はそういった経験があるということですね。けっこう多いと言えるかもしれません。詳しい状況を聞いてみましょう。

■頼もしい一面を見た

・「いつも穏やかな彼だが、私が因縁つけられたときに、かばってその人を逆に謝らせた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ひょろひょろしているだけかと思ったら仕事で上司に物申していて、意外に芯が強いと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

男性にドキッとする瞬間と言えば、頼もしさを感じたときではないでしょうか。普段は穏やかだったり、気弱な彼氏に対して物足りなさを感じていても、いざというときには立ち上がってくれる男性もいるようです。一度でもそんな経験をすれば、彼氏に対する信頼感はゆるぎないものになるかもしれませんね。

■深いやさしさを感じた

・「風邪をひいたときに、こまめに体調を気遣ってくれた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「普段はポーカーフェイスなのに、動物や子どもと接してるときにすごい笑顔になってるのを見たとき」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

日本人男性にはまだまだ女性を優先するという意識が浸透していないのか、どことなく素っ気ない男性が多いものです。でも、それは決して彼女のことをないがしろにしているわけではなさそうです。内に秘めたやさしさが垣間見える瞬間があると、彼氏に対する見方も変わりますね。

■知らない一面を発見

・「線が細くインドアな印象だったのに、意外とスポーツ好きで、フットサルをしていたこと。かっこいいと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「普段はちょっと頼りないけど、新婚旅行で英語でスムーズにコミュニケーションを取っていたから」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

惚れ直すほどのギャップと言えば、今まで知らなかったかっこいい一面を発見したときでしょう。かっこいい男性ほど、あまり自慢をしないものです。ふいに知らなかったかっこよさを発見すると、彼氏のことをますます好きになるでしょう。褒めてもきっと「たいしたことないよ」と言いそうなところがまた、かっこいいじゃないですか。

■意外としっかり者だった

・「格好とか普段だらしがないのに、お金の管理はきちんとして、しっかり貯金しているところ」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

どちらかと言えば女性の方が身の回りのことにしっかりしている人が多い中、人一倍しっかりしている男性もいるものです。だらしなく見える男性ほど、物欲が少なくて、いつの間にかお金が貯まっているなんてこともあります。身なりやおごってくれるかどうかという点にこだわりすぎてしまうと、男性の良さが見えにくくなるかもしれません。

■人のために見せるかっこよさ

・「いつもは争いことが苦手なのに、道端で女の子が悪そうな人に絡まれてたのを助けてあげたことがあったこと」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「ひ弱な人かと思ったら、友だちのために果敢に挑むたくましさがあった」(33歳/不動産/事務系専門職)

外見などから感じた印象を、ふとしたときに覆してくれる男性には、思わずドキドキしてしまいそうですよね。それが周りの人や誰かのためであれば、なおさら素敵に見えそうです。

■愛情が見えたとき

・「いつもは自分のことどうでもいいと思われてるって思っていたけど、ケンカして別れそうになったとき涙を流してくれたこと」(27歳/医療・福祉/専門職)

どうでもいいと思われていたらショックですが、実際はきちんと思っていてくれたなんてうれしいですよね。普段は隠されていた愛情が見えたとき、惚れ直してしまいそうです。

■まとめ

付き合い始めのドキドキ期を過ぎれば、彼氏は身近にいて当たり前の存在になるかもしれません。そんなときに、彼氏の新たな一面を発見すれば、また恋の炎が燃え上がるかもしれませんし、深い愛情に変化していくこともあるでしょう。期待しすぎても肩透かしをくらうことがあるので、彼氏といろんなところに出掛けて、いろんな状況を体験するといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数119件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ