お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

だらしねーなっ! 男性が「パンツの透けている女性」を見て思うこと4つ

ファナティック

薄手の素材や色の薄いボトムスをはくときに気になるのが下着の透け。パッと見は透けていないように思えても、外に出て日の光の下で見ると意外と見えてしまっていることもありますよね。女性が「ヤバイ!」と思うこの状況を、男性はどのように捉えているのでしょうか? そこで今回は、「下着が透けてしまっている女性」を見たときの男性たちの本音についてこっそり聞いてみました。

■1.余計な気を遣ってしまう

・「気づいているのか気づいていないのかわからないので、対応に困る」(31歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「見せてるのかよくわからない。気づいてるのかなとこっちが気を遣ってしまいます」(29歳/医療・福祉/専門職)

本人が透けていることに気づいているのかいないのかがわからず、自分自身もどう対応すればいいのか迷うという男性も。下手に指摘しても、自分だけがいやらしい目で見ていたのかと思われそう。かといって、見えているけれど知らんぷりをするというのも疲れるかもしれませんね。

■2.だらしない気がする

・「ラッキーだけど透けない色を選ぶとかしたほうがいいと思う」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「気をつけてても、なら仕方ないけどあまりに無防備なのはガサツなんだろなと軽蔑します」(31歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「だらしがないなぁと思う。もしくはあえて男を誘うためにしているのか? と思う」(32歳/その他/販売職・サービス系)

透けないような下着選びをすることで防げるはずなのに、それをしていないというのはだらしないという声もあるようです。逆光で一瞬透けてしまった程度なら、仕方ない気もするけれど無防備すぎて丸見えというのはオシャレとしてもイマイチな着こなしですよね。

■3.好みの人だったらうれしい

・「顔がよければ興奮するし、そうでなければ見たくない。結局、女性は顔がすべてだから」(39歳/通信/技術職)

・「お尻のキレイな人ならいいけど、尻のでかい人はちょっと嫌悪してしまう」(33歳/その他/営業職)

その女性が自分好みのルックスであれば、正直なところうれしいし興奮してしまうという男性も。ただし、好みではない女性の場合にはだらしなさやセンスのなさを感じるようです。下着が透けても許せるかどうかも最終的には「人による」ということみたいですね。

■4.彼女だったら嫌

・「他人ならいいですが、自分の彼女では嫌です」(36歳/自動車関連/その他)

他人ならいいけれど自分の彼女なら嫌。男性の中には、こう思っている人も多いかも。街中で見かけるくらいならなんとも思わないか、みっともないなですませられるものの、それが彼女だったらほかの人には見られたくないと思うのも当然のことかもしれませんね。

<まとめ>

下着が透けるというのは、見ていてあまり好感の持てるものではないというのが多くの男性の意見のようです。男性としても目のやり場に困るし、それに気づいていない女性にだらしなさも感じるみたい。出かける前に鏡でファッションチェックをする人は多いでしょうが、前からだけでなく後ろ姿のチェックも大事です。自分では見えづらい部分ですが、街中では多くの人に見られる部分なのでしっかりと確認しておきましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日〜2016年8月21日
調査人数:376人(22〜39歳の男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ