お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

まだ学生のつもり? 男性が、職場の後輩女性にイライラした瞬間5選

男性にとってかわいい存在になることも少なくない職場の後輩女性。でも、そんなかわいい後輩に対してもイラッとすることもあるみたい。そこで今回は、社会人男性のみなさんに「職場の後輩女性にイライラしてしまった瞬間」について聞いてみました。

■気分に波がある

・「イライラして八つ当たりをする。当たりがキツくなる。本人のイライラをまわりに伝える人は嫌」(36歳/その他/その他)

・「あからさまに機嫌が悪いとき。業務上必要な会話も避けようとするとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「自分のペースで勝手にイライラして八つ当たりしてくる後輩」(38歳/その他/販売職・サービス系)

職場は公の場。自分の気分次第で周囲の人に当たり散らすというのは、社会人としてのマナーがなっていないといいたくなりそう。

■礼儀がなってない

・「たまにタメ口になる」(30歳/その他/その他)

・「学生気分が抜けてないのか、語尾を伸ばして話したり、先輩への敬語ができていない」(33歳/情報・IT/技術)

・「言葉遣いが礼儀を欠いているとハラハラする」(35歳/その他/その他)

いくら若いとはいえ、もう立派な社会人。学生時代のような言葉使いは改めてもらいたいですよね。先輩や上司など目上の人に対して敬語が使えないだけでなく、平気でタメ口を聞くというのはかなり失礼。見ているほうがハラハラさせられそうですよね。

■仕事にやる気がない

・「ドタキャン。仕事をなめてる」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

・「言われたことしかしないで自分で考えない」(38歳/情報・IT/技術職)

・「仕事を結婚までの腰かけだと考えている」(37歳/金融・証券/営業職)

仕事に対してやる気が感じられないような行動ばかりだと、周囲の男性はイライラしてしまうよう。本心では仕事に対してあまり熱心でないとしても、あからさまに態度に出すのは止めてもらいたいですよね。

■わからないことも聞かない

・「同じことを何回教えても覚えてくれない。挨拶をしない」(29歳/食品・飲料/専門職)

・「やるべきことを理解してないのに、聞かずに時間が経ってる」(39歳/情報・IT/技術職)

・「私は何でもわかってますという態度を取られたとき。たしかにそうかもしれないが、聞いたり頼ったりという行為も必要」(24歳/情報・IT/クリエイティブ職)

後輩に仕事を教えるのは先輩の役目。でも、何度同じことを教えても理解してくれない後輩女性には、ウンザリしてしまうという男性も多いようです。わからないことを聞かない、何でもわかっていると言わんばかりの態度を取る。素直さの感じられない後輩女性は、かわいい存在とは思えなさそうです。

■人によって媚びる

・「男性の上司に甘えるような態度を取り、好かれようとしている」(24歳/警備・メンテナンス/その他)

・「人によって態度を変える人」(37歳/アパレル・繊維/その他)

・「ブリブリして先輩に近寄ってくるやつ」(31歳/医療・福祉/専門職)

自分にとってメリットがありそうな上司や先輩には媚びるけれど、それ以外の人の前ではガラリと態度が変わる。一種の処世術ではありますが、人によってコロコロ態度を変えるというのは後輩としてだけでなく人としても信用できないなと思ってしまうことも……。

■まとめ

イライラさせられても会わないわけにはいかない職場の後輩女性。先輩としてしっかりサポートしてあげようという気も失せるほど許せない言動を見せられることも少なくないようです。男女のちがい、社会人経験の差などお互いにギャップがあるのはわかっていても「社会人なんだからしっかりして」という気持ちがわいてくるよう。せっかくなら、職場の同僚男性には好印象を持ってもらいたいもの。上記の点に思い当たる点がないか、一度自分のことを振り返ってみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月6日
調査人数:392人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]