お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

ごめん、付き合うって話はナシで! 男性が「こんな格好の子は彼女にできない」と思う女性のファッション10

ファナティック

ファッションの好みは人それぞれですが、一風変わったファッションを受け入れられる男性は実際少ないもの。そこで「こんなファッションの女性は彼女にできない!」と思う嫌いな女性のファッションについて、社会人男性に聞いてみました。

■ゴスロリ系は目立つし難しい!

・「ゴスロリ系のファッション。あれは絵的な見栄えはいいですが、あくまで絵的な見栄えで現実ではなんだか独特すぎて無理です」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「ゴスロリ系。街中で一緒に歩くと恥ずかしいから」(23歳/医療・福祉/その他)

街中で派手で目立ってしまうのがゴスロリ系のファッション。「一緒に街を歩くのが恥ずかしい……」と感じる男性も多いよう。独特の趣味は、それが理解できる人でないと受け入れるのが難しい?

■いつもジャージはだらしなく感じてしまう

・「どこへ行くにもジャージ。デートのときくらいオシャレをしてほしい」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「手抜き、楽ばかり求めたコーデ。女子力が感じられない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

オシャレでジャージを着ているにせよ、男性には部屋着にしか見えないことが。どこへ行くにも普段着のままに見えてしまい、女子力を感じにくい服装のよう。

■露出の激しいファッションは彼女だと嫌!

・「露出の激しい人。一緒に歩いていて恥ずかしい」(32歳/印刷・紙パルプ/営業職)

・「露出型女子。第3者として見る分には目の保養になるが、そんなはだけた女性は信用できない」(23歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

通りすがりの女性なら露出多めのファッションは男性にとって「癒やしの対象」ですが、彼女が露出多めだと全く癒やされないよう。他の男性の視線が気になりヤキモキするのかもしれません。

■ロック系の服装は誤解を生む?

・「ヘビメタやハードロック調を意識した、黒ベースのゴツゴツ系。革ジャン、とんがったアクセ、スタッズたくさんついてます!みたいなファッション。どう見てもかわいくないし、自分の音楽の好みを服装で表現する必要はないと思うから」(31歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「パンクロックな格好。路上を歩いていて誤解されるから」(34歳/学校・教育関連/その他)

やんちゃな印象が強すぎて、柄の悪い人と間違われやすいのがロック系のファッション。一緒に歩いているとそういう人だと誤解されてしまい、街で絡まれそうで怖い?

■若者に人気のファッションは苦手意識が強い

・「蛍光色メインでド派手なファッションなどがNGです。自分自身の年齢もありますが、原宿とかにいる若い女性で派手なファッションの子は少し苦手です」(28歳/情報・IT/営業職)

・「ギャル系。ファッションがそれだと考えも行動もギャルだろうから」(32歳/情報・IT/技術職)

年代ギャップを感じやすいのはもちろん、男性にとって良さが理解しにくいのが若者ウケを狙ったファッション。どう接したらいいのかわかりにくく、苦手意識を持つ男性も……。

男性ファッションは定番コーデが多く、女性の「独特のファッション」は理解しにくいことがあるよう。その中でも上記コーデはその良さがわかりづらいとか。趣味のファッションと、デート用のファッションとでは分けるのが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月11日〜12月14日
調査人数:441人(22歳〜34歳の男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ