お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

最高かよ! お泊まり旅行でキュンとした「彼女の気遣い」5選

彼との予定が合ったらぜひとも行きたいお泊まり旅行。時間の限られたデート以上に2人の距離が縮まりそうだし、普段は見られない彼の姿を見ることもできるのが楽しみですよね。今回は、お泊まり旅行で彼女にしてもらうとキュンとしてしまう気遣いについて男性たちに聞いてみました。

■服をたたんでくれる

・「風呂上がりに冷えたビールを出してくれた! 身体をマッサージしてくれた! 頭を拭いてくれた(笑)。一番は服をたたんでいてくれたのがうれしかった!」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「さりげないこと。服をたたんでくれたりとか」(39歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

何気なく脱いだ上着やお風呂に入るときに脱ぎ捨てた洋服。男性は、そのままポンと放り出すことも多いですが、彼女がそれをハンガーにかけてくれたり、たたんでくれるとうれしいという声も。きちんとしてくれているような感じがして好印象のようです。

■さり気なく世話を焼いてくれる

・「起こさないようにして布団をかけてくれたり」(36歳/その他/その他)

・「部屋に入ってからすぐに、お茶を淹れてくれる」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「靴を脱いだあと、ちゃんとそろえるとか。当たり前だけどなかなか難しいことが、きちんとできていると高評価」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

自分でもできるちょっとしたことを彼女が気を利かせてやってくれるとキュンとしてしまうという男性も多いようです。女性にかいがいしく世話を焼いてもらうと、結婚したらこんなふうになるのかなと想像する男性もいそう。おしつけがましくないように、さり気なくというのもポイントですね。

■感謝の気持ちを言葉にしてくれる

・「計画を立てて行ったときに、うまくいってもいかなくても、感謝をしてくれる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「ふとしたときに『いつもありがとう』と言われたとき。そのひと言が最高の気遣い」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「あなたと来られてよかったって言われた」(26歳/医療・福祉/専門職)

彼が率先して旅行の計画を立ててくれたのなら、感謝の気持ちは言葉にして伝えたほうがよさそう。いつものデートより、彼も気を使っているはずなので、それを彼女が汲み取ってくれるとがんばってよかったと思えるし、また彼女と旅行したいとも思ってもらえそうですよね。

■2人分のお泊まりセットを準備してくれる

・「相手のぶんの歯ブラシを持ってきている」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「2人分のシャンプーとトリートメント。ホテルのは合わないから自分のぶんだけじゃなく」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「歯ブラシ、箸などを自分用に用意してくれていた」(32歳/その他/その他)

宿泊先のアメニティが十分でなかったり、合わなかったりすることを予想してお泊まりセットを準備する。しかも、自分のぶんだけでなく彼のぶんも持ってきてくれるという気遣いに感動するという男性も少なくないみたい。こういうところに気がつく女性の細やかさがうれしいのでしょうね。

■積極的に旅行の下調べをしてくれる

・「観光地の下調べ」(36歳/電力・ガス・石油/その他)

・「食事のことや行き先について、自分の趣味に合わせて調べてくれる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「誕生日旅行でプランひとつひとつにがんばりがあった。メッセージカードとか途中の経路とか」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

せっかくの旅行ならその土地ならではのものを食べたり、観光したりしたいですよね。彼にお任せではなく彼女が積極的に旅行先の下調べをしてくれていると助かるという男性も少なくなさそう。彼の趣味に合わせたお店や観光スポットをチョイスすると「わかってくれてる!」とさらに喜ばせることもできそうです。

■まとめ

お泊まり旅行は2人で過ごす時間も長いので、お互いへの気遣いが必須。それがないとせっかくの旅行が台なしになってしまうし、旅行のせいで気持ちが冷めてしまうということにもなりかねませんよね。旅行前の準備から宿泊先、観光地での言動まで、旅行を楽しみながらも彼にはしっかりとチェックされていることを忘れないことが大事。あとは、2人の時間を思いきり楽しむ気持ちがあれば彼にも喜んでもらえるはずですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月6日
調査人数:392人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]