お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

どうにでもして……? 肉食男子の攻略法5選

ファナティック

「草食男子」が増える一方で、「肉食男子」を求める女性もあとを絶ちません。頼りがいがあって、積極的に愛してくれる「肉食男子」。彼になってくれたらいいのに、と思っている人も多いことでしょう。そこで、「肉食男子」を恋人にするため、彼らをどうやって攻略すればいいのか、女性たちにお話を聞いてきましょう。

<肉食男子の攻略法>

■追う恋を演出

・「追わせるように、押してから引いてみる。肉食は追わせるほうがいいと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「こっちからいっぱい連絡しないで、追ってもらうのが原則」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「あまり追いかけすぎない」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

好きな人だから、自分からどんどんアプローチしたい気持ちはわかります。でも、相手は肉食系。「追われる」よりも「追う」ほうが彼らの本分なのかも。追いたい気持ちはぐっと抑えて、思わせぶりな態度を取ったほうが効果的かもしれません。

■実はあなただけじゃないんです……

・「自分からがっついていかない。ほかにもいい男がいることを匂わせてみる」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分から行かずに、さりげなくアピールするという意見も。肉食系男子なら、もしかすると「ほかにも狙っているやつがいるのか!」と焦って行動に出てくれるかもしれませんよね。

■相手を立てる

・「反発しないであなたについていきますアピールをする」(28歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「普段の態度はわりと控えめにして相手を立てたり何か相談ごとをしたりして、自分が頼りにされているということの満足感を与える」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「相手を立ててついていくスタンス」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「控えめになる。そうすると相手のS魂が燃えてくるから!」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ついつい自分をアピールしたくなりますが、それもぐっと耐えるべきとの声も。相手を立てて、あくまで自分は控えめにするのが効果的でしょう。

■ほめて好意を匂わせる

・「ちやほやしてあげると好意を持ってくれるので、持ち上げつつ好きだとアピールしていくといいと思う」(29歳/その他/クリエイティブ職)

・「さりげなく好意を匂わせる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「喜んで誘いに乗る。誘われて楽しそうにしていると、次も誘ってもらえる」(31歳/その他/その他)

ストレートに「あなたのことが好き!」と言ってしまうのではなく、思わせぶりな態度を取ることも恋の駆け引きには必要。相手をほめたり、一緒にいられることを喜んだりしたら、好意を確信してもらえるかもしれません。

■隙を見せる

・「隙を見せる。うまくいけば仲よくなれるので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「隙を作ること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

「隙がある女性」に男性は惹かれやすいそうですが、草食動物が隙を見せれば、肉食獣は襲ってきます。女性の隙に誘われて、男性がアプローチしてくるのを待つのがいいのかもしれません。

<まとめ>

肉食男子の攻略法は、一概に「これをやれば絶対に大丈夫!!」と言えるものはありません。同じ肉食男子でも、人によって性格は異なるものです。好きな肉食男子の性格を見極めて、攻略法を考えましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~2016年9月7日
調査人数:104人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ