お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪
専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】建前はNO! 「デート代」の支払い問題をスッキリさせる考え方

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「デート代は男性が出すべきだと思っている」

こんにちは、「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。デート代を男性が出すか、割り勘にするかなど、男女の「支払い」問題については、古今東西、常に議論が白熱するテーマです。「男性が払うべきだ」と希望する声が多い一方で、「少しは女性も払うべき」「今の時代は割り勘もやむなし」なんて言われればもっともですし、中には、「いやむしろ、私は払ってもらいたくない」と言い出す人までも。そこで、今回の良縁遠ざけ行動は、「デート代」問題を取り上げます。

●金額に「好意」が関係するからややこしい

この問題のやっかいなところは、好意の有無が絡んでいる場合がある点です。男性の中にも「払いたい」「払いたくない」という人がいるので、相性の問題もありますし、「気になる子には払いたい」という男性もいるでしょう。

女性側としても、「A・断固払いたくない」という人だけでなく、「B・女性に支払わせようとすることが彼の好き嫌いに関係ないなら払ってもいい」という考えや、「C・彼に好かれていないとしても、払ってもいい」というパターンがある。しかも、Aの女性の場合は、「払わせるような男性は嫌いだ」という思いを持つ人もいます。

さらに、男性の「払いたい」の中にも、「払いたいが、女性が財布を出すそぶりも見せないとムッとする」という声があるのが話をさらにややこしくしていると言えましょう。

●男性が気を遣っている可能性も

実際この問題に答えはないので、私なりの回答をさせていただくと、「払いたくない人は払わないのが正解」「払いたい人は払えばいい」ということに尽きます。なぜかというと、女性が変に「払うフリ」をするので男性もお金を受け取ってしまう場面があるからです。

たとえばお見合いでは、男性がデート代を全額払うのが通例とされています。そのために、相談所の相談員たちは「絶対に女性に支払わせないこと」と男性に強く指示します。支払いの態度で「嫌われてしまったら」元も子もないし、それよりも「性格や相性」を見てもらうべきだと思っているからです。

でも、そうまでしても女性からお金を受け取る男性が頻発するらしいのですね。そこで、相談員たちが「どうして?」と聞くと、「女性が出したから」「払わなくていいと言っても出したから」などという答えが多くくるとか。つまり男性は、「ここで受け取らないのも失礼」と思って気を遣っている場合があるのです。

●払ってもらって笑顔でお礼を言う

結局、お互いに正直にならないから話がややこしくなるのですよね。それならいっそ、払いたくない人は「払わない」という本音を貫いてはどうでしょうか?

「支払わないでいて嫌われたらヤダ」という意見もあるかもしれません。が、支払うフリをして男性が本当にお金を受け取ったり、女性から提案した本心ではない「割り勘」が本当に受け入れられて、「じゃあ、○○円ね」と割り勘にされたらあなたは嫌なわけですよね。ならば、「ごちそうさま」と言って、にっこりと笑顔になってはどうでしょうか? または、全額ごちそうにならなくっても、「じゃあ千円払うね」などと自分で払いたい額を払うとか。あるいは、「微妙な店でおごってもらうくらいなら、好きな店で割り勘にしたい」という女性だっているでしょうから、その場合には、その意見を言って、自由にふるまえばいいでしょう。

大切なのは、男性の前で笑顔でいることなのですよね。途中で支払いの心配をして、楽しく過ごせないくらいなら、最初から方針を決めておいて、支払いの段階では、にっこりと笑顔で「楽しかった」と言いましょう。それを覆して「いや、もっと払ってくれなきゃ困る」と男性のほうから言い出したならば、それはもう気遣いではなく彼の本音です。だからあなたはその態度を見て、判断すればいいのです。「そんなことを言う男性は嫌い」とか「いや、楽しかったし、まあいいか」とか。

●まとめ:「デート代は男性が出すべき」と考えるあなたへのアドバイス

あなたが支払わない方針で、それを態度に出したとき、「嫌だ」と思う男性は、そもそも支払いが渋いタイプ。なので、嫌われてちょうどいいんです。変に取り繕わずに、自分の本音を言って、彼と過ごす時間を精一杯楽しみましょう。男性からすれば、おごるおごらないの金額よりも、女性が笑顔でいてくれることこそが、好きを左右するのです。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]