お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

【男女のちがい】好感が持てる既婚男性の「妻」の呼び方

結婚後は、パートナーのことを周囲に話す機会も増えることと思います。そこで戸惑うのが、パートナーの呼び方について。共通の知人であれば特に考えなくてもOKですが、他人となると話は別です。既婚男性が他人にパートナーについて話すときに、どう表現するのが好印象だと思いますか? 男女それぞれの意見を、まずは女性意見から紹介しましょう。

<女性の意見>

■「妻」

・「妻がよいと思います。適度に形式的で、どんな場合に使っても良識的な人だと感じられるから」(32歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「妻! 嫁は雑な気がするし、奥さんはなんか第三者が言うような言葉な感じがする。妻は謙虚な言い方でいいと思う」(23歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「妻でよい。戸籍上も妻なので全く問題ない」(33歳女性/その他/専門職)

女性の支持を集めたのが、オフィシャルな場でも使いやすい「妻」という呼び方でした。少々堅苦しい印象もありますが、会話する相手にもパートナーにも配慮した呼び方だと言えそうですね。

■○○さん

・「奥さんと呼ぶのが好き。~さんは優しく聞こえるから」(24歳女性/学校・教育関連/営業職)

・「奥さんや嫁さんと言っている方が、優しい感じがしていいと思います」(31歳女性/金融・証券/専門職)

こちらは、より親しみを感じやすい意見です。他人とは言っても、親しい仲であれば、違和感を抱かれることはないでしょう。きちんと「さん」を付けてくれるところに、パートナーへの敬意や愛が感じられます。

<男性の意見>

■名前呼び

・「名前で呼んだほうが、パートナーになっても一人の女性として見ているようで好印象」(23歳男性/医療・福祉/専門職)

・「奥さんの名前で呼ぶのがいいと思う。仲のよさが伝わるから」(33歳男性/不動産/事務系専門職)

男性意見で目立ったのが、「きちんとパートナーの名前を呼ぶ」という意見です。聞いている方も、ちょっと照れてしまいそうなラブラブぶりが伝わってきます! 家庭円満な雰囲気が、周囲からうらやましがられるのかもしれませんね。

■うちの○○

・「うちのが、という言い方が親しみがこめられているような感じがして好き」(30歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「うちの妻。大切にしている感じがするし、少し自分のものだよというアピールもできるから」(26歳男性/その他/営業職)

・「『うちの奥さんが』という表現が好き。良い夫婦の距離感で幸せそうに見える」(32歳男性/マスコミ・広告/営業職)

せっかく結婚したのだから、ちょっと「自分だけの大切な人」アピールもしてみたい……!? 男性の顕示欲がチラリと見える意見もありました。とはいえ、こんな気持ちはパートナーにとっても喜ばしいもの。ほほえましく思えそうです。

■まとめ

女性としては、自分のことを大切にし、敬ってくれるような呼び方を好み、そして男性としては、二人の愛情を周囲へと伝えられるような呼び方を好みがちだと言えそうですね。結婚したら、どう呼びたいのか、そしてどう呼ばれたいのか、二人で話し合ってみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数208件(25歳~35歳の働く女性)有効回答数197件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]