お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第17話 婚活スキル!?

あれ以来、大輔からの連絡はないまま、
2回目の婚活パーティの日が来た。
今日は、全員と話すことができる回転ずし形式だ。
女性は2人がけのテーブルに座り、
5分ごとに男性が移動してくるのを待つ。

「はじめまして。山本です」
「岡崎です。よろしくお願いします」

挨拶から始まり、「お仕事は?」「趣味は?」と
話をするんだけど、
1人あたりの時間が短すぎて、覚えていられない!
机の下でメモは取っているけど、
正直、ピンとくる人いないなぁ。

そう思っていたら、目の前に座った男性が
「これだけ回転が速いと慌ただしいですね。
疲れませんか?」
と爽やかな笑顔を向けながら着席した。
「疲れます! 覚えるのも大変ですよね!」
「わたしもそう思います」
思っていたのと同じことを話しかけられ、
とても共感した。
嬉しくてうっかり失言したのに、サラリと同意して、
恥をかかせないようにしてくれる。

何この人、感じいい!
営業でこんな人来たら、即、商品購入だわ。
相手のスキルに驚きながら、楽しい5分を過ごした。

なんというか。楽だった。
これまで、「相手に話してもらうのが基本」
というマニュアル通りに、質問をして、されて、
を繰り返してきたけど、全然違う。
一緒に、楽しくおしゃべりできた、という感じ。
この人いいなぁ!

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ