お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

なにそのカッコ!! 職場に着てくるのは非常識だと思うファッション

ファナティック

職場に制服があるのならそれほど悩まずにもすむオフィスファッション。でも、そうでない場合はオシャレもしたいし、職場の雰囲気にも合わせないといけないしで洋服選びも迷ってしまいますよね。今回は、女性が思う「職場では非常識だと思うファッション」について聞いてみました。

■胸元や肩が出るもの

・「ノースリーブ。肩が丸見えで、男性の目が気になるから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「露出の多いもの。胸の谷間が見えるくらい襟ぐりの広い服を着ている人を見たときは引きました」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「タンクトップ! 女性でいるけど、ありえない」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

街中でオシャレとして着るのはいいけれど職場では胸や肩を露出するのはやり過ぎ。少し前かがみになっただけでも下着が見えそうで、まわりがヒヤヒヤしてしまいそう。男性がいる職場なら、目のやり場に困ってしまうという人も少なくはないかもしれませんね。

■ミニボトムス

・「ミニスカート。作業するのが大変だから」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ホットパンツ。事務職の子で、いい年して冬に毎日ホットパンツの子がいた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

・「膝上丈のミニスカートやワンピース」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ミニスカートやホットパンツは脚をきれいに見せるためおオシャレにはぴったりですが、オフィスには不向き。同性同士であっても立ったり座ったりするたびに足元が気になってしまいますよね。いくら自由な職場とはいえ、職場での露出ファッションは歓迎されることがなさそうです。

■ラフすぎるファッション

・「リゾート系ファッション。マキシワンピースやアロハ柄シャツなど」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ビーサンとアロハ。実際に先輩が着てきていたが、社長に怒られて、社内では禁止になった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「パーカーやスウェットなど、部屋着っぽい感じ」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

部屋でリラックスするとき、リゾートに旅行するときに着そうなラフなファッション。楽なのはわかるけれど、ある程度のきちんと感が求められるオフィスファッションとしては考えられないという人も多いようです。わざわざ禁止と言わなければならないのは、社会人としても情けないですよね。

■派手な色や柄物

・「赤いワンピース。ちょっと不自然なのでやめてほしい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「派手なタイツ。派手な革ジャン。柄物」(24歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「遊びに行くような派手な服装。向かないので」(26歳/医療・福祉/専門職)

華やかな洋服は見ている人を明るい気分にしてくれますが、派手すぎるものは会社では浮いてしまいそう。仕事終わりでどこかに遊びに行くのだとしてもそういうときは仕事が終わってから着替えるのが普通。遊び気分で会社に来ているのかと思われてしまいそうですね。

■まとめ

男性なら多くの場合がスーツを着ておけば間違いないという気軽さもありますが、女性の場合のオフィスファッションは男性よりも難しいですよね。ただ、会社で着る洋服というのはプライベートとはまったく別という意識だけは持っておいた方が良さそう。どんなに似合う洋服でも好きな洋服でも「仕事」にふさわしくないものは、着るべきではありませんよね。家を出る前には、職場で浮かないか、雰囲気に合っているかしっかり自分の服装をチェックした方が良さそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ