お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

時代遅れなんだよ! 男性が古いと感じる上司の発言7選

ファナティック

自分の発言の「世代ギャップ」にまったく気づいていない上司を見ると「古いんだよ!」なんて直接言ってしまいたくなるもの。そこで働く男性に、「そりゃもう時代遅れでは?」と感じる上司の発言について聞いてみました。この気持ち、直接言えたら……!

■部下の指導方法がとにかく古い!

・「仕事は『教わるな、盗め』とかは古い」(33歳/その他/その他)

・「『気合いだ!』など、精神論を語り出したとき。古いとも思うし、考えなしなんだなと失望する」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「感覚的なもの、自分がやってきた指導方法が誰にでも通用すると考えている」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分が教わってきたことをそのままやれば、それが通用すると思っていたら大間違い!? 仕事だけでなく部下の指導方法も、時代と共に変わっていくもの。遠い昔のマニュアルやセオリーは、やっぱり過去でしか通用しにくいですよね。

■自分たちの時代と今を比較されても……

・「『私が若い頃には……』とすぐ言う。時代が違うので、今の人に言っても仕方がないと思います。昔から学ぶところがあるときだけにしてもらいたいです」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「昔の成功話を聞かされること。時代の尺が合っていない」(33歳/その他/事務系専門職)

・「オレの時代はこうだった的な、過去の働きっぷりをひたすら語る。その働きっぷり、ブラック企業ですから」(30歳/建設・土木/技術職)

いかに出世するか、仕事をいかに成功させるかという話でよく出てくる「上司の苦労話」。もっとがんばれという励ましかもしれませんが、心に響かないことこの上ない!? 時代も境遇も異なる人の苦労話は想像しづらいせいか、なかなかピンとこないことが……。

■昔の習慣や考え方をとにかく押し付けてくる

・「『下っ端は朝早く出勤して全員の机を拭き、茶を入れろ』」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「『基本的に昔はこれでうまくいってるからこのままで大丈夫』という発言」(32歳/医療・福祉/専門職)

古くからある習慣や考え方がすべて正しく、すべて意味あるものとは限らないのに、そこに執着し続ける上司も。これを押し付けられるとそれにどんな効果があり、どんなことが期待できるのか、ちゃんと教えてもらわないと意味不明な習慣にしか思えない?

■飲みニケーションを強要しないでほしい

・「『飲みニケーション』など、死語を使っているのを聞いたとき。昭和時代から考え方が変わっていないように思うから」(27歳/電機/技術職)

・「乾杯に『ビール以外でやるの?』ビール苦手な人もいればアルコールダメな人もいるんですよ」(33歳/情報・IT/技術職)

今はアルコールが飲めない人も増え、お酒を強要するとアルハラが問題になる時代。それなのに「仕事での酒の飲み方」にこだわり続ける上司を見ていると、今風の「上手なお酒の楽しみ方」を逆に教えてあげたくなりそう。

■まとめ

一昔前の考え方や習慣をいまだに押し付けてくる上司を見ると、「時代の空気が読めてない!」とつい思ってしまうもの。毎日テレビや新聞から同じ情報を仕入れているはずなのに、時代ギャップがいつまでも消えないのは本当に不思議です……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数200件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ