お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

あなたはどちら? 男性に「誘われる女」と「誘われない女」のちがい5つ

異性に誘われる機会が多ければ、その分恋のチャンスは広がることになります。またたとえ恋愛につながらなくても、友人関係の発展から、充実した毎日へとつながっていきそう! しかし世の中には……こんなに待っているのに、なぜか異性に誘われない! と思っている方もいるのでは? 男性に「誘われる女」と「誘われない女」のちがいについての、女性たちの考察結果を紹介します。

■反応のよさ

・「誘った先での反応のちがい。なんでも反応がいい女性は誘われると思うから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「誘ったら、文句言われそうって感じたら誘わないんじゃないかなぁ」(29歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

異性に誘われて、本当はうれしいのに……素直に表現できない人はいませんか? 勇気を出して誘ったとき、すぐに「うれしい! 行く行く!」と答えてくれる女性のほうが、「誘いたい」気持ちになりますよね。

■隙があるかどうか

・「誘いやすいかどうか、隙があるかどうか。ガードが高いと、何もできないので」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「ある程度のスキがあるか。まじめすぎる女性は、誘いにくくて誘われないと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

大人の女性としてしっかりしなければ!と、すべてを完璧にこなす女性は、どこかとっつきにくい印象があるもの。自然と「誘いにくい」オーラを出してしまうのでしょう。一度自分のほうから誘ってみて、本心をさらけ出すのがオススメですよ。

■一緒にいて楽しい人

・「お酒が飲めるかどうか。二人でも話題に困らないぐらいの関係性を作れるのが得意な人かどうか」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「一緒にいたいと思われる愛想のよさ。愛想がないともう会いたくもないと思うから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「聞き上手かどうか。男性の話を上手く相槌を打てる女性はまた誘われる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「誘われる」ということは、「あなたと一緒に過ごしたい」という意志表示でもあります。こんな風に思ってもらうためには、「楽しませてもらう」という意識だけではダメ。自分のほうからも、明るく相手を楽しませられるといいですね。

■面倒くさい女性はアウト

・「独占欲が強そうだったり、マウント行動を取り気味の女性は、後々面倒なことになりそうだと思われて誘われにくいかなって思う」(32歳/自動車関連/技術職)

日常生活の中でも、「面倒くさそうな女性」には独特の雰囲気があります。こんな評価は、女性の口から男性へと広まりやすいもの。自分としては無意識でも、自然と誘われにくくなってしまうのでしょう。

■最後はやっぱり……

・「結局かわいいかかわいくないかだと思います」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「かわいいかかわいくないか。単純にそれだと思います」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「かわいらしさがあるかどうかだと思う。むすっとしている人だと、キレイでも一緒に時間を過ごしたくないはずだから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

女性としては無視できないのが、こんな意見です。外見が魅力的な女性は、ただそれだけで男性の意識を刺激します。とはいえ、「顔立ち」よりも、実は「雰囲気」のほうが重要であることも多いはず。明るくかわいげのある態度を心掛けてみてください。

■まとめ

「誘われる女」と「誘われない女」の間には、明確なちがいが存在していると言えそうですね。恋のチャンスがほしいなら、まずは「誘われる女」を目指してみると、自然な出会いを楽しめるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月30日~9月6日
調査人数:103人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]